「高校時代」とは?

関連ニュース

「ペコジャニ∞!」にラスト出演の渋谷すばるにX JAPAN Toshlが名曲を贈る! - 06月25日(月)04:00 

TBS系で7月2日(月)夜10時から放送される「ペコジャニ∞!」では最後の出演となる関ジャニ∞・渋谷すばるに、X JAPAN Toshl が長渕剛の名曲「乾杯」を生歌&弾き語りで披露する。 【写真を見る】森昌子が石塚英彦に勝利なるか?/(C)TBS Toshlが気になるゲストをスイーツで癒やし、本音で語り合うコーナー「Toshl Cafe」。そこに来店したのは、渋谷。関ジャニ∞のメインボーカリスト・渋谷とX JAPANのボーカル・Toshlのボーカル同士の本音トークが繰り広げられる。Toshlからは、苦労した下積み時代のエピソードとして、高校時代にスタジオ代を稼ぐため新聞配達のバイトをしていた話やX JAPAN結成後、いろいろな○○に出入り禁止になっていた話など驚きのエピソードが次々と飛び出す。 一方、渋谷からは、同じ年に事務所に入った横山裕と村上信五とのエピソードが。渋谷と村上は地元が隣町で同郷といえる間柄。そんな2人ならではの秘話や横山とのプライベート2人旅行での秘話などが語られる。そんな2人の本音トークを別室では横山と村上が見守っていた。そこで、Toshlがどうしても聞きたかったという “渋谷が今一番感謝したい人は誰か”という質問を。21年間苦楽を共にした横山と村上が別室にいる中、この状況を知らない渋谷は何を語るのか? スタジオプレゼン対決は、「絶品フワトロたまご料理」。プレ...more
カテゴリー:

【サッカー】「本田△」同点弾で投稿多数…「大迫半端ない」に続きネット用語再評価 - 06月25日(月)02:52  mnewsplus

6/25(月) 2:45配信  「ロシアW杯・H組、日本2-2セネガル」(24日、エカテリンブルク)  日本が本田圭佑の同点ゴールでドローに持ち込む死闘を演じ、ツイッター上では、「本田△」というネットスラングが多く投稿されている。  この単語の読み方は「ほんださんかっけー」。つまり「本田さん、格好いい」という意味になる。新しい言葉ではなく、以前から用いられてはいたが、最近では頻繁には見られなくなっていた。  しかし、起死回生の同点ゴールを途中出場で決め、W杯3大会連続となるゴールをマークするなど、“持っ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】同点ゴールで「ケイスケホンダさん、ごめんなさい」ツイートあふれかえる - 06月25日(月)02:10  mnewsplus

 日本は1点を追う後半33分、ゴール前の混戦から途中出場のMF本田が同点ゴールを決めた。本田はW杯開始前から言動やコロンビア戦でのボールロストなどで、ネット上で非難を浴びていただけに、ツイッターでは「ごめんなさい」ツイートがあふれかえった。  日本人初の3大会連続ゴールが決まると、再び列島が沸き返った。決めたのは本田だった。すると本田に批判的なツイートや書き込みが多かったネットでは「ケイスケホンダさんごめんなさい」「謝らないと」「バカにしててごめんなさい」などの発信が相次いだ。  ◆過去の本田...
»続きを読む
カテゴリー:

ハイスペ彼氏が突然田舎でバイト生活に。別れと結婚…彼女の決断は? - 06月24日(日)15:47 

「正直、初めは彼のスペックに惹かれていました」。そう語る佐竹ひかるさん(仮名・24歳)は、山梨県出身。高校卒業後は上京して不動産会社に勤めていました。 「同業同士のコンパで10歳年上の彼と知り合ったのは20歳の時でした。有名大卒で大手不動産会社の営業。このまま結婚できたらいいなと思い、彼の家で半同棲をしていたんです。 ◆このまま結婚すれば安心と思っていたのに! 「転機が来たのは交際から1年後。彼には元々父親がいなかったのですが、お義母さまが突然脳こうそくで倒れて、仕事ができない状態になったんです。  実家のローンもあるので、彼が出した答えは『実家に帰って母親の世話をしながら、残りの住宅ローンも払う』ということでした。私には『もし良ければ、しばらく遠距離恋愛を続けて結婚してほしい。でも無理なら別れてほしい』と言ってきました。  突然のことなので答えがすぐに出せなかった私は、とりあえず遠距離恋愛として続けることにしたのです」  こうして遠距離恋愛になったひかるさん。しかし……。 「彼の田舎は関西にある離島だったんです。さすがに東京まで通うわけには行かず、彼は会社をやめて地元で仕事を探すことになりました。とはいえ、離島ですぐにできる仕事なんて飲食店のホールスタッフぐらいしかないらしく、700万円近くあった年収は200万円ほどまで下がったそうです。  周りの友人や私の両親に...more
カテゴリー:

二階堂ふみ、写真家デビューした理由語る「理想の写真集を求めて」 - 06月24日(日)08:40 

 『月刊 井川遥』『月刊 真木よう子』など、かつて一世を風靡した伝説の写真集『月刊シリーズ』が2018年4月から小学館で復活。その第1弾は、女優の二階堂ふみが写真家として人気ファッションモデルを撮影した『月刊モトーラ世理奈』であった。そして復活第2弾でも二階堂ふみが、水曜日のカンパネラのコムアイの一糸まとわぬ姿を撮り下ろした衝撃的な内容となっている。二階堂ふみがなぜ写真家デビューに至ったのか? 雑誌『スピリッツ』の企画で撮影中の二階堂ふみを直撃。現在の出版界は空前のアイドル写真集ブームだが、自身が撮られる側だからこそ気づいた、異なるベクトルでの“理想の写真集”を目指していた。 【写真】二階堂ふみが撮影したコムアイ写真集表紙カット ■伝説の写真集『月刊シリーズ』への想い 「コムアイという作品を作る女の子を撮りたかった」 ――「月刊」シリーズ復活の第1弾のモトーラさんに続き第2弾『月刊コムアイ』も二階堂さん撮影になります。もともと「月刊」シリーズに対して二階堂さんは思い入れがあったのでしょうか? 【二階堂ふみ】やっぱりありましたね。私自身、19から20歳になるときに熊谷直子さんに『月刊二階堂ふみ』を撮っていただきました。女性の知られざる一面であったり、裏の顔であったり、逆に裏だと思ったのが表だったみたいな、そんな風に被写体の一面を見られるシリーズだと思っていました。 ――復活第...more
カテゴリー:

渋谷すばる『ペコジャニ∞!』ラスト出演でToshlと本音トーク 横山&村上も乱入? - 06月25日(月)04:00 

 年内でジャニーズ事務所を退所する人気グループ・関ジャニ∞の渋谷すばるがTBS系バラエティー『ペコジャニ∞!』(毎週月曜 後10:00)に出演する最後の放送回が7月2日に決定した。X JAPAN Toshlがゲストをスイーツで癒やすトークコーナー「Toshl Cafe」に登場。渋谷は、Toshlとボーカリスト同士、本音で語り合うほか、同期であり同級生、関ジャニの“上三人”である横山裕と村上信五とのエピソードを紹介。横山と村上は、渋谷に内緒で別室からその様子を見守る。そして、Toshlから渋谷へ長渕剛の名曲「乾杯」の生歌&弾き語りというプレゼントが贈られる。 【動画】横山&村上&錦戸、国歌斉唱に緊張の面持ち  Toshlからは、苦労した下積み時代のエピソードとして、高校時代にスタジオ代を稼ぐため新聞配達のバイトをしていた話や、X JAPAN結成後、ある場所に“出入り禁止”になっていた話などが飛び出す。渋谷は地元が隣同士である村上とのマル秘話や、横山とのプライベート2人旅行での裏話を明かす。そしてToshlがどうしても聞きたかったというのが、「渋谷が今、一番感謝したい人は誰か」。21年間苦楽を共にした横山と村上が別室にいるなか、この状況を知らない渋谷は何を語るのか。  このほかスタジオプレゼン対決は、以前の放送で敗戦した森昌子がプレゼンターとなって「絶品フワトロたまご料理」で勝負...more
カテゴリー:

【サッカー】日本-セネガルは引き分け! 同点ゴールで「ケイスケホンダさん、ごめんなさい」ツイートあふれかえる - 06月25日(月)02:14  mnewsplus

 ◆W杯ロシア大会▽1次リーグH組 日本―セネガル(24日、エカテリンブルク・アリーナ)  日本は1点を追う後半33分、ゴール前の混戦から途中出場のMF本田が同点ゴールを決めた。本田はW杯開始前から言動やコロンビア戦でのボールロストなどで、ネット上で非難を浴びていただけに、ツイッターでは「ごめんなさい」ツイートがあふれかえった。  日本人初の3大会連続ゴールが決まると、再び列島が沸き返った。決めたのは本田だった。すると本田に批判的なツイートや書き込みが多かったネットでは「ケイスケホンダさんご...
»続きを読む
カテゴリー:

【アナ】久米宏「西野さんは親戚」コロンビア戦勝利で公言 - 06月24日(日)20:46  mnewsplus

フリーアナウンサーの久米宏(73)が西野監督の遠い親戚を告白した。23日生放送のTBSラジオ「久米宏ラジオなんですけど」(土曜日午後1時~)の オープニングトークで「コロンビアに負けたらひた隠しにしようと。これ冗談じゃないんですよ、西野朗さんは、実は僕の親戚なんです。遠い親戚なんですけどね。 でも親戚であることは間違いなくて、向こうもそれは知っている」と告白した。久米アナも浦和出身で、西野監督の高校時代のエピソードも披露。 バレンタインデーになると西野家に続く通りには、女性が恥ずかしくて手渡せ...
»続きを読む
カテゴリー:

雑誌『ムー』 創刊直後の廃刊危機を免れた大胆な「方向転換」 - 06月24日(日)09:11 

1979年の創刊以来、数々の謎と向き合ってきた雑誌『ムー』は、もともと中高生向けに発売されていた「コース」という雑誌から生まれたもの。すでに39年も続いている同誌ですが、発売当初にいきなり廃刊の危機に晒されています。 学年誌がルーツにあることから、UFOや超能力についてわかりやすく解説する記事のほか、『デビルマン』などの人気マンガ家・永井豪さんのアクション漫画やSFアニメに関する記事も掲載していた同誌。当初はあくまでも中高生向けの「総合エンターテインメント雑誌」という位置づけだったのです。 しかし、事前の期待と違い部数は低迷。出版業界には創刊後すぐに潰れる「3号雑誌」という言葉がありますが、『ムー』も同じ運命をたどるのではないかと心配されたほどだったそうです。創刊からちょうど1年が経過した1980年10月、『ムー』編集部は大幅な路線変更を決断します。 このまま同じことを続けても、10代の読者も、大人の読者も獲得できそうにない。そもそもUFOや超能力に興味を持つ中高生は、ちょっと背伸びして大人の世界を垣間見たいという思いもあるから、中高生向けという括りを捨てたほうがいいのではないか―。 そうした考えのもと、芸能やアニメの記事をやめ、「読ませる特集」を新機軸としたリニューアルを実行。超常現象をわかりやすく解説するよりも、大胆な仮説を立て、徹底的に謎を追求する「ノンフィクション・ミステリ...more
カテゴリー:

大迫だけじゃない「半端なかった」日本代表エース候補 悲運の天才たちが歩んだ波乱万丈 - 06月24日(日)08:40 

 大迫勇也選手がロシアワールドカップ初戦のコロンビア戦で大活躍し、「大迫半端ないって」のフレーズが本年度の流行語大賞のノミネート入りか、と話題となっている。大迫選手は高校選手権出場当時から将来の代表入りを期待され、今回見事に世界の大舞台で大輪の花を咲かせた「怪物」。だが、未来を嘱望された選手の中でも、大迫選手のようにワールドカップ出場の夢を叶えられるのはほんのひと握り。かつて「天才」「神童」と呼ばれつつ、夢に届かなかった“悲運の名選手たち”の人生ドラマを紐解いてみよう。 【貴重写真】その後のサッカー―人生は対照的?“早熟の天才”前園真聖と中田英寿 ■磯貝、石塚、小倉…高校時代から“怪物”と評された逸材 世界での活躍も期待された  10代や20代には信じられないかもしれないが、Jリーグ創設以前の日本サッカーは、当時JSL(現JFL)と呼ばれた社会人による日本リーグよりも、高校選手権こそ花形であり、そこでは多くの将来を嘱望される逸材が生み出された。また、J創設以降はクラブチームの強化や整備も進み、ここでも才能豊かな選手たちが活躍した。  「例えば礒貝洋光氏」と語るのは元週刊サッカーダイジェスト編集長・山内雄司氏。「小学生時代から天才の名を欲しいままにし、東京・帝京高校では10番を背負った。ワールドユースにも出場し、G大阪加入後もキャプテンを務めるなど創成期のJを大いに盛り上げて...more
カテゴリー:

もっと見る

「高校時代」の画像

もっと見る

「高校時代」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる