「高度経済成長」とは?

関連ニュース

地球の資源を救う新ブランド「PELP!」デビュー! - 05月24日(木)13:10 

[株式会社エイトブランディングデザイン] [画像1: https://prtimes.jp/i/19158/14/resize/d19158-14-764931-0.jpg ] 紙の使用量は文化のバロメーターと言われ、大量生産・大量消費がもてはやされていた高度経済成長の時代から古紙の再生に取り組んできた...
カテゴリー:

真木よう子、母役イ・ジョンウンは「すごく優しい」 - 05月22日(火)20:08 

 真木よう子(35)井上真央(31)桜庭ななみ(25)が22日、都内で、3姉妹を演じた映画「焼肉ドラゴン」(鄭義信監督、6月22日公開)の舞台あいさつを行った。  高度経済成長期の関西の地方都市を舞台に、時代の波に翻弄(ほんろう)されな…
カテゴリー:

真木よう子&井上真央「焼肉ドラゴン」末っ子大江晋平に愛の叱責! - 05月22日(火)16:30 

 劇作家・演出家の鄭義信が長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲を映画化した「焼肉ドラゴン」のタイアップ店オープニング記念イベントが5月22日、東京・渋谷肉横丁で行われ、真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大江晋平が出席した。 ・【フォトギャラリー】この日のイベント、その他の写真はこちら  物語の舞台は、高度経済成長期真っただ中の日本。関西の地方都市の一角にある小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」で、故郷を奪われた家族6人が時代の波に翻ろうされながらも力強く生きる姿を描く。末っ子・時生を演じた大江は、本作が劇映画デビュー。三姉妹を演じた真木らは「とにかくダンスがすごく上手い。その感覚があるのか、セリフの間合いも慣れていました。とても初めてとは思えない」(真木)、「人懐っこくて、皆から可愛がられていましたよ。撮影のない日でも、朝から夜までいたり」(井上)、「緊張している感じがしなかった。お姉さんたちっていい匂いがすると言われたことも(笑)」(桜庭)と共演を振り返っていた。  タイアップ店となる渋谷肉横丁の「極肉亭まつざか&肉 CHIKA」では、5月23日~7月22日の期間限定でコラボメニュー5品を提供する。料理はそれぞれが演じるキャラクターをモチーフにしており、真木らは試食しながら「どのメニューが誰をイメージしているのか」を当てることになった。「長女・静香(真木)はひとりでいることが多...more
カテゴリー:

神戸電鉄、営業運転開始90周年を記念し「メモリアルトレイン」運行 - 05月19日(土)15:29 

神戸電鉄は、1928年11月28日に湊川~有馬温泉駅間で営業運転を開始して90周年を迎えることを記念した「鉄道開業90周年事業」の一環として、「メモリアルトレイン」を運行する。 「レッドとアイボリー」の塗装で運行している1000系車両に、戦後復興後の「スプリンググリーンとシルバーグレー」の塗装と、高度経済成長期以降の「オレンジとシルバーグレー」の塗装を行う。車内では神戸電鉄の旧駅舎や車両を紹介する「90年の歴史展」を実施する。 1151編成には「スプリンググリーンとシルバーグレー」の塗装を施し、5月20日より運行を開始する。5月19日にはデビューイベントを行う。1357編成には「オレンジとシルバーグレー」を施し、7月下旬頃より運行を開始する。
カテゴリー:

あの名盤のジャケットは現場での発想から生まれた―― 写真家・鋤田正義氏の偉業に迫る - 05月18日(金)15:00 

 デビッド・ボウイをはじめ、イギー・ポップ、ジム・ジャームッシュ、寺山修司、YMOら時代の寵児たちのポートレートやアルバムジャケットを数多く手掛けてきた日本人写真家・鋤田正義氏の軌跡と、世界的アーティストが写真家の横顔を語る姿を映したドキュメンタリー「SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬」が5月19日公開される。鋤田氏がジャケット写真を手掛けたレコードを多数所有し、「僕の原体験だった」と話す、現代美術家で写真家の松蔭浩之氏が、鋤田氏の偉業に迫った。 松蔭「'80年代、僕が中高校時代に、なけなしの小遣いで買ったレコードのほとんどが、気がつけば鋤田さんのお仕事でした。今回の映画でも、展覧会でも大きく取り上げられる、デビッド・ボウイの『HEROES』より僕は先に、一風堂のデビューアルバム『NORMAL』を見て、こういう仕事をしたいって思ったんです。アートディレクターや、カメラマンという仕事がわかってなかった時期に、どうやったらこのように人が撮れるんだろうと」 鋤田「土屋さんのジャケット『NORMAL』は、アイディアは白紙の状態で行って、現場で出てきた発想です。ホリゾント幕を切り抜いて、位置を調整したんです」 松蔭「鋤田さんのレコードジャケットや篠山紀信さんのグラビアを見て、どうやったらこういう仕事に就けるんだろうって夢想しまくってる中高生でした。その頃に父が使ってい...more
カテゴリー:

「焼肉ドラゴン」の親子キム・サンホ&真木、井上、桜庭3姉妹が1年ぶり再会! - 05月23日(水)15:00 

 劇作家・演出家の鄭義信が長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲を映画化した「焼肉ドラゴン」の出演者キム・サンホが、5月22日に来日。TOHOシネマズ新宿で行われたイベントに、鄭監督と共に出席した。会場には、娘役を演じた真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、末っ子役の大江晋平も駆けつけた。 ・「焼肉ドラゴン」舞台挨拶の模様はこちら!  高度経済成長にわく1970年代、関西の地方都市を舞台に、小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む家族の絆を描く。映画では店主夫婦を「隻眼の虎」のキムと「母なる証明」のイ・ジョンウン、静花、梨花、美花の3姉妹を真木、井上、桜庭、末っ子の時生を大江、静花の幼なじみで常連客の哲男を大泉洋がそれぞれ演じる。韓国・第19回全州国際映画祭で5月3日(現地時間)にワールドプレミアが行われ、同日行われた会見には鄭監督、出演者のキム・サンホ、イ・ジョンウン、イム・ヒチョルが出席した。  観客の前に現れたキムは、「はじめまして。私はキム・サンホです。よろしくお願いします」と日本語で挨拶し、会場を沸かせる。真木は、キムについて「アボジ(お父さん)は撮影中も盛り上げ役でした」、井上は「1年ぶりの再会ですが、会えて本当にうれしいです。アボジはお酒が大好きで、『おはよう』の挨拶のときから今日飲めるか、お酒の話をしていました」、桜庭は「アボジは私たち家族への愛が強くて、私たちも同じ...more
カテゴリー:

真木よう子、母からの手紙に感激「さみしくなったら抱きしめてもらった」 - 05月22日(火)19:50 

 女優の真木よう子が22日、都内で行われた映画『焼肉ドラゴン』一家大集合舞台あいさつに登壇。オモニ(お母さん)役のイ・ジョンウンから、サプライズで手紙が届いていることが知らされると感激した表情を浮かべた。 【イベント写真】真木よう子らがエプロン姿で試食  手紙の中で、ジョンウンは「私のもうひとつの家族であるみなさんに会いたい思いでいっぱいです。映画の公開に合わせて(日本に)行けないことは大変残念ですが、どこにいても私たちは家族であることを忘れません。この映画でオモニを演じられた日々はこれからも幸せな思い出として残っていきます」とつづった。  MCからの代読を聞き終えた真木は「私はほんとに大好きで、順撮りといって台本の通りに撮影が進んでいったので、終盤とかはだんだんと悲しくなっていって、そこに撮影が終わってしまうという気持ちもあって、そういう時にイ・ジョンウンさんはお芝居に対しても、人に対してもすごくやさしい方でした」としみじみ。「私は自分のお母さんのように思っていて、さみしくなったらイ・ジョンウンさんのところにいって、ギュッと抱きしめてもらって、ナデナデしてもらっていました。私も会いたいです」と呼びかけていた。  2008年に、日本の新国立劇場と韓国の芸術の殿堂(ソウル・アート・センター)のコラボレーションで製作された同名舞台を映画化。高度経済成長期の真っ只中、万国博覧会が...more
カテゴリー:

高度経済成長を支えた80代以上の父、76.7%が子育てに不参加~自分史「親の雑誌」100人分のインタビュー記事による調査第二弾【高齢男性の子育て参加に関する意識調査】 - 05月22日(火)15:08 

[こころみ] 2018年5月22日 報道関係 各位 株式会社こころみ 株式会社こころみ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:神山晃男)は、2018年6月17日(日)の父の日を前に、【高齢男性の子育て参加に関する意識調査】を実施い...
カテゴリー:

神戸電鉄、営業運転開始90周年を記念し「メモリアルトレイン」運行 - 05月19日(土)15:29 

神戸電鉄は、1928年11月28日に湊川~有馬温泉駅間で営業運転を開始して90周年を迎えることを記念した「鉄道開業90周年事業」の一環として、「メモリアルトレイン」を運行する。 「レッドとアイボリー」の塗装で運行している1000系車両に、戦後復興後の「スプリンググリーンとシルバーグレー」の塗装と、高度経済成長期以降の「オレンジとシルバーグレー」の塗装を行う。車内では神戸電鉄の旧駅舎や車両を紹介する「90年の歴史展」を実施する。 1151編成には「スプリンググリーンとシルバーグレー」の塗装を施し、5月20日より運行を開始する。5月19日にはデビューイベントを行う。1357編成には「オレンジとシルバーグレー」を施し、7月下旬頃より運行を開始する。 投稿 神戸電鉄、営業運転開始90周年を記念し「メモリアルトレイン」運行 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

【Nコレ。】イベントにも出張します、みんな大好きミニSL - 05月15日(火)10:15 

 “機関車が走る幼稚園”を紹介します。  「機関車を作っているときが一番ワクワクして、仕事のことは全部忘れちゃって」(学校法人大塚学園 葵幼稚園 石川進一理事長)  この機関車は幼稚園の理事長の石川さんが個人で所有している物です。  「これ全部作りました」(石川進一理事長) 「組み立てたってことですか?」(Nコレ) 「一から全部作りました。組み立てたり鉄板切ったりして、アレンジして作った機関車です」(石川進一理事長)  実はこの機関車、石川さんが図鑑を参考にして金属を加工して作ったもの。  「正面にレバーみたいなものあるんですけど・・・」(Nコレ) 「ここ開くんです。本物もこうやって開きますけどね。中は温度が140~150度になっているんじゃないですか」(石川進一理事長)  本物と同じように燃料の石炭を燃やし、その熱で水を蒸発させて蒸気の力で走ります。  「現物の12分の1サイズ。(重さは)100kg近く」(石川進一理事長)  自宅の庭にあるのは、いつでも機関車を走らせることが出来る石川さん専用の線路。  「これは重連運転といって、2両でやると1両以上にけん引力が上がるんです」(石川進一理事長)  石川さんが機関車を作り始めたのはおよそ30年前。これまで製作したのは10両以上。  「昔、房総東線といってSLが走っていたんですね。そこを(SLが)走っているのを見ながら『大きくなったら...more
カテゴリー:

もっと見る

「高度経済成長」の画像

もっと見る

「高度経済成長」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる