「首脳会議」とは?

関連ニュース

【中国】習氏「強国」路線後退=対米悪化で不満拡散か - 07月22日(日)03:30  newsplus

https://www.jiji.com/sp/article?k=2018072100378&g=int 習氏「強国」路線後退=対米悪化で不満拡散か-中国 2018年07月21日14時56分  【北京時事】中国の習近平国家主席が進めてきた「強国」路線がトーンダウンしている。米国との貿易摩擦の激化が背景にあり、習氏に対する「個人崇拝」の動きも鳴りを潜めつつある。  習氏は「中華民族の偉大な復興」を掲げ、異論を許さない姿勢で政権運営に臨んできた。今年3月の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)では国家主席の任期制限を撤廃。中国の発展ぶりと技術力を宣伝す...
»続きを読む
カテゴリー:

ほくそ笑む習近平。トランプに「敵認定」されたEUが中国に急接近 - 07月20日(金)20:30 

7月16日に行われた中国とEUの首脳会議で、米国が仕掛ける貿易戦争に対し「反保護主義」で連携強化する方針で意見がまとまりました。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、中国の最新の外交の様子を解説。トランプ外交の保護主義主張に対する欧州の反発を、中国が上手く利用していると指摘しています。 トランプが、欧州と中国を急接近させる 先日のメルマガで、トランプさんが、 NATO加盟国の軍事費が低すぎること ドイツとロシアを結ぶガスパイプライン「ノルドストリーム2」計画が進んでいること に激怒しているという話をしました。それで私は、 トランプは、「最大最強の味方」を非難することで、欧米関係を破壊しています。結果、欧州は、中国の方にますます接近している。そういう意味で、トランプ外交で、アメリカは弱くなっています。 と結論しました。 ※ 記事全文はこちら→「ドイツに大声で激怒するトランプが『最大最強の味方』を失う日」 「早速」というか、トランプにいじめられている欧州が、さらに中国に急接近しています。 トランプ、「EUは 敵」 NATO首脳会議で、欧州、特にドイツを非難しつづけたトランプさん。その後も、彼の「口撃」は止まることがありません。15日放送のCBSとのインタビューで、「EUは敵」と発言。またEUの民の怒りを買っています。BBC...more
カテゴリー:

【論風】「安倍一強」の二面性 国民の評価は外交か内政か - 07月19日(木)05:50 

 「安倍一強」の名の下に行われている安倍晋三首相の政治姿勢は、外交と内政でその評価は大きく分かれている。最近の先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)や米朝首脳会談での首相の果たした役割は、各種の世論調査で、ある程度評価され、一時低迷していた内閣支持率も上昇している。
カテゴリー:

NATO首脳会談でのトランプによるメルケル批判。その背後にある「欧州液化天然ガス市場」の覇権争い - 07月18日(水)15:31 

 7月11日にベルギーの首都ブリュッセルで北大西洋条約機構(NATO)の首脳会議が開かれた。この会議の席でトランプ米大統領はいつもの通りドイツを痛烈に批判した。今回の批判の対象にしたのは、ドイツがロシアからの天然ガスへの […]
カテゴリー:

世界貿易4割の経済圏誕生へ 日本とEU、EPAに署名 - 07月17日(火)21:36 

 安倍晋三首相は17日、欧州連合(EU)のトゥスク首脳会議常任議長(大統領に相当)、ユンケル欧州委員長と首相官邸で会談し、昨年12月に大筋合意した経済連携協定(EPA)に署名した。発効すれば双方の関税…
カテゴリー:

中国・習近平さん、共産党の長老たちから「引くこと覚えろカス」と叱られる - 07月21日(土)22:02  poverty

【北京時事】中国の習近平国家主席が進めてきた「強国」路線がトーンダウンしている。 米国との貿易摩擦の激化が背景にあり、習氏に対する「個人崇拝」の動きも鳴りを潜めつつある。 習氏は「中華民族の偉大な復興」を掲げ、異論を許さない姿勢で政権運営に臨んできた。今年3月の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)では国家主席の任期制限を撤廃。 中国の発展ぶりと技術力を宣伝する映画が作られ、毛沢東政治の教訓から共産党が禁じているはずの個人崇拝に似たムードが広がった。 しかし、トランプ米政権が貿易問題で中国...
»続きを読む
カテゴリー:

【中国/アフリカ】中国主席、アフリカ外交再強化=BRICSで対米けん制-歴訪で新興・途上国結束 - 07月20日(金)02:32  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3183032?act=all 中国主席、アフリカ外交再強化=BRICSで対米けん制-歴訪で新興・途上国結束 2018年7月19日 23:54  発信地:アラブ首長国連邦 [ 例外 その他 ] 【7月19日 時事通信社】中国の習近平国家主席は19日、中東とアフリカの5カ国歴訪に出発し、最初の訪問国のアラブ首長国連邦(UAE)に到着した。アフリカ外交を再強化するほか、南アフリカでは新興5カ国(BRICS)首脳会議に出席。保護主義的な通商政策を掲げ、中国を筆頭に各国との貿易摩擦が激化しているトランプ米政権を強くけん制す...
»続きを読む
カテゴリー:

中国 習主席 中東とアフリカ歴訪 BRICS首脳会議にも出席へ - 07月19日(木)05:22 

中国の習近平国家主席は19日から中東とアフリカの5か国を訪問し、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」を通じた協力の強化を呼びかけるほか、BRICS=新興5か国の首脳会議にも出席して、アメリカのトランプ政権の保護主義的な動きを念頭に多国間の自由貿易の推進を訴えるものと見られます。
カテゴリー:

ロシアの選挙介入は事実=共同会見での発言訂正-米大統領 - 07月18日(水)06:43 

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は17日、与党議員団との会合で「2016年の米大統領選にロシアが介入したとする情報機関の結論を受け入れる」と述べ、介入が事実だったと認める考えを示した。16日にヘルシンキで行われた米ロ首脳会談後の共同記者会見での発言を訂正した。 トランプ氏は17日の会合で「『ロシアが介入しなかったと見なす理由がない』と言うつもりだった」と発言。「ロシアが干渉する理由が見当たらない」と述べた16日の発言は、否定詞が抜けた間違いだったとあっさり撤回した。 その上で、ロシア当局とトランプ陣営との「共謀はなかった」と改めて主張した。11月の中間選挙に対するロシアの介入阻止に全力を挙げる考えも示した。 トランプ氏はかねて、対ロシア関係改善を掲げ、ロシア疑惑でもプーチン政権の責任追及を避けてきた。16日の共同記者会見でも、疑惑を否定するプーチン大統領に同調した形になり、与野党から批判が噴出していた。 それでも17日の会合に先立ち、トランプ氏はツイッターで「北大西洋条約機構(NATO)首脳会議は素晴らしかったが、プーチン大統領との会談はさらに素晴らしかった」と自賛。首脳会談を批判的に報じるメディアを「偽ニュースはどうかしている」と糾弾した。 【時事通信社】
カテゴリー:

米ロ首脳が会談 - 07月17日(火)09:05 

トランプ米大統領(左)は16日、フィンランドの首都ヘルシンキで、プーチン・ロシア大統領と会談した。両首脳の直接会談は昨年7月の20カ国・地域(G20)首脳会議以来約1年ぶり。
カテゴリー:

もっと見る

「首脳会議」の画像

もっと見る

「首脳会議」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる