「養鶏場」とは?

関連ニュース

伊勢の老舗食堂で社員一人あたりの売上を3倍にした若旦那の話 - 06月20日(水)19:01 

年間800万人を超える参拝客が訪れる『伊勢神宮』。その内宮前にある商店街『おはらい町』の食堂『ゑびや』とそのご主人が、今、注目を浴びています。「僕は、つねに『自分はこうあるべきだ』っていう思いをいちばん大事にしています」──。創業100年を超えるひなびたお店に最先端のIT技術と進化したAIを導入し、究極の効率化をはかることで、かつての3倍にまで売り上げを押し上げた手法と「望みを叶えるために必要なこと」をご主人・小田島春樹さんにお聞きしました。小田島春樹1985年、北海道生まれ。高校卒業後、日本大学商学部に入学し、マーケティングを専攻。大学卒業後、東京の大手IT企業に入社し、人事や新規事業開発を担当。2012年、妻の実家が営む『ゑびや』に入社し、店長、専務を経て、現在は『有限会社ゑびや』の代表取締役を務める。現在は、地域の課題解決を研究テーマに三重大学地域イノベーション学研究科の博士課程に在籍。“地元”をもたない少年の未来を照らしたインターネットという存在© 2018 TABI LABO──まず最初に、小田島さんのユニークな発想や高い実行力の基礎を築いたかもしれない、子どものころのお話から聞かせてもらえますか?小田島春樹さん(以下略)「出身は北海道で、公務員の家庭に育ちました。だから、親の仕事の都合で、小さい頃から転校が多かったんですね。だいたい、4年周期で...more
カテゴリー:

原材料までこだわり!洗練された店内&抹茶スイーツが並ぶ「Chocolaterie HISASHI」 - 06月12日(火)13:00 

2018年4月18日にオープンを果たした注目のショコラトリー「Chocolaterie HISASHI」。「たねや」で15年間活躍し、世界的な大会での優勝経験もあるシェフ渾身のお菓子に会える。茶畑や養鶏場など、材料の産地にも足を運び吟味するからこそのクオリティに感動。(※情報は「関西ウォーカー特別編集 一冊まるごと抹茶本」より) 【写真を見る】抹茶をレシピの限界までふんだんに配合/Chocolaterie HISASHI ■ 茶畑にも足を運び厳選した抹茶「京の緑」の甘味で魅せる マドレーヌ型ではなく、カカオポッド型なのがショコラトリーならでは。上質な抹茶を使い、たっぷりのバターでしっとり食感に。 抹茶の濃厚な旨味と香り、さらにしっとりとした食感もポイント。 質のいいスペイン産アーモンド、マルコナと抹茶がコラボ。 この6月からはカウンターでゆったりイートインができるように。 「今後、看板の生菓子『MK』の抹茶版や、抹茶のエクレアも登場予定です。甘味引き立つ抹茶をお楽しみください」と、オーナーシェフの小野林 範さん。 ■Chocolaterie HISASHI<住所:京都市東山区夷町166-16 電話:075-744-0310 時間:11:00~18:30 休み:水曜、第1・3火曜 座席:4席 タバコ:禁煙 駐車場:なし 交通:地下鉄東山駅より徒歩6分>【関西ウォーカー編集部】(関西ウ...more
カテゴリー:

種類豊富はもちろん、 交通の便のよさも!農産物と果物が年200種以上並ぶ、淡路島・東浦「フローラルアイランド」 - 06月07日(木)18:26 

「道の駅 東浦ターミナルパーク」内にある農産物直売所「フローラルアイランド」。タマネギやキャベツなど地元の農産物と果物などが年間で200種以上並ぶ。東浦仮屋漁港で捕れた魚介や、漬物・佃煮・ドレッシング・ハチミツといった加工品も充実している。 【写真を見る】東浦バスターミナルのすぐ横にある。花や種などの園芸用品もそろうので、ぜひチェックを 地元の北坂養鶏場で採れた、日本の養鶏でも6%ほどしかいない純国産鶏の卵。卵かけご飯など、生でぜひ! 10〜4月ごろに旬を迎える紫と白の色合いが特徴のカブ。甘味があり、浅漬けなどにオススメ。 みずみずしいタマネギと、香りがよく柔らかい葉の部分、両方楽しめる。旬は3月中旬〜4月中旬。 淡路島・東浦「フローラルアイランド」 住所:淡路市浦642-1 道の駅 東浦ターミナルパーク内 電話:0799-75-2387 営業時間:9:00〜18:00 定休日:なし 駐車場:130台(無料) 交通アクセス:神戸淡路鳴門自動車道東浦ICより車で2分(関西ウォーカー・薮伸太郎) 【関連記事】 ・‟あわじオレンジスティック”は島の王道手みやげ!レモンやイチジクなど季節限定ものも絶品「御菓子処 長手長栄堂 堀端本店」 ・オープン20周年を迎えた淡路島最大の観光拠点! 淡路島・淡路に4/7誕生「淡路ハイウェイオアシス」 ・フワフワした食感に、ホルモンの歯応えが絶...more
カテゴリー:

【有害獣】養鶏場をクマが襲い食い荒らし…10羽以上死ぬ - 06月04日(月)07:21  news

 宮城県警遠田署は2日、同県涌谷町小里の養鶏場の鶏がクマ1頭に襲われ、10羽以上が死んだと発表した。  同署や養鶏場の男性所有者によると、同日午前5時半頃、養鶏場の金網フェンスが剥がされ、鶏3羽が食い荒らされているのを男性が発見。 午前10時半頃には、養鶏場の外の草むらでクマが10羽前後の鶏を襲っているのを男性の妻が見つけた。  目撃されたクマは体長約1メートル。同署は同町と連携し、周辺住民にパトカーや防災無線で注意を呼びかけている。 http://www.yomiuri.co.jp/national/20180603-OYT1T50051.ht...
»続きを読む
カテゴリー:

連日予約で満席!元横浜DeNAベイスターズの下園選手によるヘルシーな馬肉料理専門店 - 06月15日(金)18:05 

2018年3月26日、横浜・元町に横浜DeNAベイスターズの外野手として活躍した下園辰哉さんプロデュースの馬肉料理専門店がオープンした。下園さんは引退後、元町などにある馬油や馬油シャンプーなどを販売する「Diara(ディアラ)」に勤務。馬肉はローカロリーながら栄養価が高いことで知られているが、そのすばらしさを広めたいと同店を開いた。 【写真を見る】「桜場コース」(1人前5,400円)。メインの鍋はすき焼き(写真4人前)かしゃぶしゃぶから選べ、肉は無料で追加可能。「馬刺し」「馬ステーキ」など日替り料理が5品付く/(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二 メニューは、鍋を基本に日替り料理約5品が付く桜馬コースのみ(1人前5,400円、写真4人前)。鍋はすき焼きかしゃぶしゃぶから選べ、肉は追加注文可能(無料)だ。これも「馬肉を存分に堪能してもらいたい」という下園さん流のおもてなしだ。 ■ ポイント1:会津産の新鮮な馬肉料理を使用 主役の肉は、日本で馬肉の名産である「会津産」のものを使用。鮮度にこだわり毎朝現地から仕入れ、注文が入ってからスライス。生でも食べられる上質の肉なので、鍋にサッとくぐらせるだけでOKだ。 ■ ポイント2:凝った作りの和モダンの内装 扉を開け、飛び石を進むと、広がるのは落ち着いた和モダンのシックな空間。カウンターのほか、テーブル席が2つあり、ゆっくりと食事が楽しめる。...more
カテゴリー:

800種以上の特産品がズラリ!淡路島南「道の駅 うずしお」 - 06月07日(木)18:36 

鳴門海峡を望む抜群のロケーションが魅力。「ショップうずのくに」では、島外でも評判のスイーツをはじめ800種以上の特産品などが並ぶ。たまねぎカツラをかぶって記念撮影できるなど、SNS映えするスポットも多数。 【写真を見る】1st PIZZA 淡路島サクラマスいただきマス。¥1,350(手前) 2nd PIZZA 淡路島塩麹オニオン。¥1,080(奥) 3rd PIZZA えびすもち豚のパンチェッタ。¥1,350(右) レコードのようなパッケージに入った冷凍ピザ。天然酵母で48時間低温熟成させたモチモチの生地に、淡路島サクラマスなど、島素材がたっぷり! 香ばしく炊き上げた淡路産ヒジキと紀州産梅を使ったふりかけ。しっとりしたヒジキの旨味と、カリカリの梅の酸味のバランスが絶妙! 淡路島産タマネギに数種のハーブと塩を加えた万能調味料。スパイシーな刺激とタマネギの風味が楽しめ、肉料理やサラダに相性抜群だ。 淡路島食材を乾燥させ、栄養分・旨味をそのまま凝縮しているからヘルシー。レモンや柑橘ミックス、トマト、野菜ミックスなど6種がそろう。 小麦粉も砂糖も一切使用せず、なると金時本来の甘さを楽しめる香り高いスイーツ。しっとりとなめらかな口当たりと、上品な甘さの虜(とりこ)になる。 カリッとしたポテトスナックを淡路牛の旨味が凝縮したパウダーと淡路島産タマネギの粉末で仕上げた。一度食べたらや...more
カテゴリー:

ハマの定番おやつ 地元の素材をふんだんに使ったシェフ渾身のパンが並ぶ「soil by HOUTOU BAKERY」 - 06月07日(木)15:47 

浦賀駅構内にある1924(大正13)年創業の「法塔ベーカリー」の新業態として2016年に県立大学駅にオープンした「soil by HOUTOU BAKERY」(ソイル バイ ホウトーベーカリー)。「ちょっと幸せになれるパン」をテーマに、国産小麦や地元食材を中心に使用したパンが常時60~70種店頭に並ぶ。地元の農家と直接やり取りし、旬の野菜や果物を合わせたパンを得意とし、店頭を覗けば横須賀の旬がわかるほど豊富な食材を使用している。 【写真を見る】「地元野菜のピゼッタ」(390円、2018年7月1日[日]から464円)は、シェフ一押し!/(C)KADOKAWA 撮影=奥西淳二 小森シェフは、「法塔ベーカリー」をはじめ、大阪で人気の「パンデュース」で修業を積み現在に至る。「パンデュース」では、野菜や果物を活かしたパン作りを学び、現在の「soil by HOUTOU BAKERY」のメニュー作りに活かしている。休日はスイーツショップをめぐり、新商品の開発のヒントに役立てるなど日々勉強中。 小森シェフのこだわりは、素材を一番活かせる調理法で調理すること。パンと素材の相性はもちろん、使用する野菜をゆでる、焼く、ボイルするなど、素材の味を一番引き出すことに手間暇かけて作る。また、シェフのひらめきで誕生する限定メニューも多く、特に土曜日はその日限りのメニューの登場もあるので要チェック! シェフ渾身...more
カテゴリー:

「養鶏場」の画像

もっと見る

「養鶏場」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる