「顧客サービス」とは?

関連ニュース

EY、過去最高の売上高348億米ドル(全世界)を記録、前年比7.4%増加 - 09月20日(木)17:15 

2018/09/20 EY Japan EY、過去最高の売上高348億米ドル(全世界)を記録、前年比7.4%増加 ・8年連続の高い成長率を記録・新興市場での前年比成長率は最大で10%を記録するなど続伸傾向・21件の買収および4件の新たな提携により、戦略、人工知能(AI)、ブロックチェーン、サイバー、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、デジタルにおけるリソースとケイパビリティを拡大・新しいイノベーションサービスの成長支援のため、今後2年間にテクノロジー関連のケイパビリティに10億米ドルを投資予定・年間5億ドル以上をEY構成メンバーのスキルアップに投資、2019年度は65,000人を新たに採用予定・EYの決算報告における指標を拡張し、財務情報以外の重要な情報を発信、それにより長期的な価値創造を目指すEYは9月13日、2018年度(以下、FY18)の業績を発表しました。全世界の業務収入は348億米ドル、売上は前年比7.4%(現地通貨ベース)増加、11%(米国ドル建て)の成長率を記録しました。EYのすべての事業分野における売上は堅調で、前年比の成長率は、現地通貨ベースでアシュアランス(監査・保証)が4.4%、アドバイザリーが10.1%、税務(以下、TAX)が6.4%、トランザクション・アドバイザリー(以下、TAS)が13.9%となりました。2013年に長期ビジネス計画となる...more
カテゴリー:

日本人 「1回でもサービス悪かったらもう利用しない」 ここまで傲慢でわがままな国民になった原因はなんだ? - 09月16日(日)12:20  poverty

世界一サービスにシビアな国ニッポン 1回でもサービス悪いと「もう利用しない」 世界的に見ても高水準のサービスが至るところで受けられる「サービス先進国」、日本。そのホスピタリティは「おもてなし」として、いまや世界から注目されています。 それゆえか、日本人のサービスに対する目は他国と比較してかなり厳しくなっているよう。 アメリカン・エキスプレス・インターナショナルが日本、アメリカ、カナダ、メキシコ、イタリア、イギリス、インド、香港、シンガポールの9市場を調査した結果、 日本人のサービスに対するシ...
»続きを読む
カテゴリー:

ZendeskがBaseを買収してCRMに拡大 - 09月11日(火)12:37 

これまでZendeskは、ほとんど顧客サービスのシナリオだけに専念してきたが、どうやら最早それだけでは十分ではないようだ。インタラクションの背後にいる顧客を本当に知りたいのならば、顧客サービスコンポーネントと一緒に働く顧客記録システムを必要とする。その必要性を満たすためにZendeskはBaseの買収を発表した。Baseは既に5000万ドル以上を調達してきたスタートアップである。 両社は購入価格を公表しなかったが、Zendeskはこの買収は収益に大きな影響を与えない筈だと公表している。 CRMの世界でBaseは、Salesforce、Microsoft、またはOracleのようには知られた存在ではないだろう。同社は、独自の人工知能基盤を備えた、洗練された営業自動化プラトッフォームを構築した。CEOのUzi Shmiloviciは、営業パーソンに対して成功に向けての意味のある助言を行うためのAIを2016年にリリースした際に、同社のAIはより余裕のある競合相手たちに十分対抗できると主張した。 Zendesk CEOのMikkel Svane(冒頭の写真)は、もちろん彼のプラットフォームにBaseのような会社を追加することに価値を見出している。「Zendeskが既に顧客サービスのために行ってきたことを、営業活動のために提供したいと思っています。つまり営業パーソンと彼らが相手にしている人...more
カテゴリー:

【ローソン銀行】「冬の時代」の銀行に7年ぶり参入 小売り系銀行最後発の勝算は? スマホ決済など注力 - 09月18日(火)00:40  newsplus

なぜ小売り系銀行が増えているのか  コンビニエンスストア大手ローソン子会社のローソン銀行が10月15日にサービスを始める。地方銀行からATM(現金自動預払機)を受託して手数料収入を伸ばし、将来的には現金を使わない「キャッシュレス決済」に商機を見いだす考えだが、長引く超低金利で銀行は利ざや(貸出金利と預金金利の差)を稼げず、「冬の時代」と揶揄される。しかも小売り系銀行としては最後発だ。果たして勝算は-。(林修太郎)  「なぜ、ローソンがこのタイミングで銀行なのか、疑問を抱く人もいるでしょう」 ...
»続きを読む
カテゴリー:

桃園国際空港、国際空港評価で3位 - 09月14日(金)00:00 

桃園国際空港(台湾北部・桃園市)を運営する桃園機場公司の洪玉芬副総経理(=副社長)はカナダ時間12日夜、国際空港評議会(Airports Council International、ACI)が実施するエアポート・サービス・クオリティ・アワードの授賞式に出席した。桃園国際空港には、「旅客数規模別部門」のうち年間旅客数延べ4000万人以上の部門で世界3位の評価が与えられた。   国際空港評議会(ACI)はこのほか、今年の「エクセレントエアポート(Director General's Roll of Excellence)」の入選リストを発表した。これは、国際空港評議会(ACI)が顧客サービスに関して実施する国際空港評価において、過去10年間の入賞回数などを認定基準とするもの。桃園国際空港は過去10年間のうち8年間、上位3位以内に入賞した実績を持つ。また、2008年と2016年は、それぞれ部門1位に輝いている。こうした優れた評価により、桃園国際空港は今年も「エクセレントエアポート」の入選リストに名前が挙げられることになった。   桃園国際空港は2014年に初めて「エクセレントエアポート」の入選リストに入った。今年は北京、ムンバイ、デリー、金浦(キンポ)、香港、名古屋セントレアなど13の空港と共にリスト入りした。    
カテゴリー:

「顧客サービス」の画像

もっと見る

「顧客サービス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる