「青山剛昌」とは?

関連ニュース

【安室透通信】売り切れ必至!? 5月25日発売「少年サンデーS」7月号は安室透が満載 - 05月23日(水)13:15 

先日、シリーズ最高の興行収入を達成したと発表された「名探偵コナン ゼロの執行人」。 参考記事:劇場版コナン公式「安室さんが、怖いです・・・」 『ゼロの執行人』がシリーズ最高興収72億円を突破 http://getnews.jp/archives/2046183 映画のメインキャラクター安室透(降谷零)の人気はとどまるところを知らず、スピンオフ作品が掲載された「少年サンデー」24号は売り切れ続出、「降谷」のハンコが異常な売れゆきになるといった事態となっている。 日に日に「安室の女」とも呼ばれている安室透ファンが増える中、5月25日発売の「少年サンデーS」7月号の表紙と内容・付録などが発表された。23日、少年サンデー編集部(@shonen_sunday)は 少年サンデーS7月号は明後日5月25日発売です! ●青山剛昌先生描き下ろし表紙第2弾 ●応募者全員サービス コナン&安室ポストカード ●巻頭カラー!![名探偵コナン から紅の恋歌] 5月25日発売のサンデーS7月号ふろくは、ギガヒット上映中の劇場版[名探偵コナン ゼロの執行人]フィルム風しおり!! 是非手に入れてください! と、「#名探偵コナン」「#少年サンデー」のハッシュタグをつけて表紙とフィルム風しおりのサンプル画像をアップし公式サイトにリンクを貼っていた。 WEBサンデー|サンデーS増刊 http://websunday...more
カテゴリー:

【国内映画ランキング】「名探偵コナン」V6で興収80億視野! - 05月22日(火)14:00 

 5月19~20日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。4本の新作がランクインしたが、「名探偵コナン ゼロの執行人」が6週連続で首位を獲得。週末2日間で観客動員16万1000人、興行収入2億1800万円を稼ぎ、公開38日間の累計動員は552万人、興収は72億円を突破した。これによりシリーズ6作連続で最高興収記録を更新。幅広い層の女性を中心に動員しており、興収80億円突破も視野に入ってきた。  新作では、「ピーターラビット」が2位に初登場。同作は、全世界で2億5000万部を超える発行部数を誇るイギリスの名作絵本をハリウッドで初めて実写映画化したエンタテインメント作品。5月18日より公開され、土日2日間で動員14万5000人、興収1億8600万円をあげた。20代から50代、60代まで幅広い層の女性を動員しており、平日やレディースデイの高稼働が期待される。興収10億円超えが見込めるスタートを切った。  3位には「のみとり侍」がランクイン。鶴橋康夫監督と阿部寛がタッグを組んだ時代劇コメディ。18日から全国327スクリーンで公開され、土日2日間で動員10万1000人、興収1億2200万円をあげた。これは2016年に公開され、最終興収15.2億円を記録した鶴橋監督の前作「後妻業の女」の興収比56.7%の成績。まずは興収10億円が当面の目標となりそうな出足とな...more
カテゴリー:

名探偵コナン:劇場版「ゼロの執行人」がシリーズ最高興収 72億円突破… - 05月21日(月)14:23 

 青山剛昌さんの人気マンガが原作の「名探偵コナン」の劇場版アニメ22作目「名探偵コナン ゼロの執行人」(立川譲監督)が累計興行収入で72億円を突破し、劇場版シリーズ最高の興行収入を記録したことが、分…
カテゴリー:

【安室透バブル】名探偵コナン おそるべし安室透効果...「降谷」ハンコ注文殺到 降谷専用シャチハタサイトまで登場 - 05月16日(水)13:16  mnewsplus

安室透(降谷零)(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会 降谷零専用ハンコ(画像提供:吉本三星堂) まさに「安室透」バブルと言えよう。公開中の映画「名探偵コナン ゼロの執行人」が人気を博している中、メインキャラクターの安室透(本名:降谷零)に関連するグッズが異常に売れている。 安室を主人公とする漫画の新連載を始めた「週刊少年サンデー」が書店から姿を消したのは、J-CAST既報のとおり。加えて、創業90余年の印章店で「降谷」のハンコが売れまくっているという。一体、何があったのか!? 「降谷零を上...
»続きを読む
カテゴリー:

【映画】興行成績:「名探偵コナン」劇場版新作がV5、興収67億突破 「孤狼の血」は3位発進 12、13日の映画観客動員 - 05月16日(水)00:05  mnewsplus

映画興行成績:「名探偵コナン」劇場版新作がV5 「孤狼の血」は3位発進 5/15(火) 20:30配信 まんたんウェブ MANTANWEB(まんたんウェブ) https://mantan-web.jp/article/20180515dog00m200018000c.html https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180515-00000017-mantan-ent 劇場版アニメ「名探偵コナン ゼロの執行人」のビジュアル 14日に発表された12、13日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、青山剛昌さんの人気マンガが原作の「名探偵コナン」の劇場版アニメ22作目「名探偵コナン ゼロの執行人」(立川譲...
»続きを読む
カテゴリー:

映画興行成績:「名探偵コナン」劇場版新作がV6&シリーズ最高興収 2… - 05月22日(火)20:30 

 21日に発表された19、20日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、青山剛昌さんの人気マンガが原作の「名探偵コナン」の劇場版アニメ22作目「名探偵コナン ゼロの執行人」(立川譲監督)…
カテゴリー:

劇場版『名探偵コナン』6年連続興収記録更新 高山みなみ&古谷徹がコメント - 05月21日(月)14:47 

 劇場公開中のアニメーション映画『名探偵コナン ゼロの執行人』が、4月13日から5月20日までの38日間の興行収入が72億円を突破し、これまでのシリーズ最高記録であった、前作『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』(2017年4月15日公開)の最終興収約68億9000万円(同年邦画1位)を上回り、6年連続で記録を更新したことが明らかになった(数字はすべて東宝調べ)。メインキャストの江戸川コナン役・高山みなみ、安室透役・古谷徹からコメントも到着している。 【画像】『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』カラー画  『ゼロの執行人』の5月20日時点での成績は、動員552万6858人、興収72億176万3500円。動員ランキングでも6週連続で1位を記録中(※興行通信社調べ)で、公開から1ヶ月以上経った今でも驚異的な動員力(昨年の約117.5%で推移中)で、80億円突破も目指せる状況だ。  青山剛昌氏による原作漫画の連載開始(小学館『週刊少年サンデー』)から23年を迎えた『名探偵コナン』。その後、テレビアニメ化(読売テレビ・日本テレビ系)、さらに劇場アニメが年1本ペースで制作され、『ゼロの執行人』は映画版22作目。13年公開の『名探偵コナン 絶海の探偵(プライベート・アイ)』から6年連続で最高興収記録を更新し、年々、勢いを増している。  『ゼロの執行人』では、東京サミットの...more
カテゴリー:

漫画『トニカクカワイイ』の本当に使える婚姻届公開 青山剛昌氏らの祝福コメントも - 05月18日(金)00:00 

 『週刊少年サンデー』で連載中の漫画『トニカクカワイイ』の作者・畑健二郎氏が描き下ろした“本当に使える婚姻届”が、18日よりWEBサンデーで無料ダウンロード可能となった。 【画像】ウェディングドレス姿を披露した司  今回の「婚姻届」企画は、同作のコミックス第1巻が16日に発売され、作者の畑氏も2月に声優の浅野真澄と結婚したことから、「ダブルでおめでたい」ということで実現した。  また、WEBサンデーでは『名探偵コナン』で知られる青山剛昌氏らが同作のコミックス第1巻発売と畑氏の結婚を祝福するコメントも多数掲載されている。  同作は、少年・ナサと、とにかくかわいい少女・司の結婚生活を描く夫婦コメディー。ナサは、高校受験を目前にしたある日、司に出会うが、その瞬間交通事故に遭ってしまう。助けてくれた司にとっさに告白したナサだが、彼女は「結婚してくれたら付き合う」と答えて去る。ナサが18歳になったある日、突然司と再会し二人は約束通り結婚することになる。 【関連記事】 『ハヤテのごとく!』漫画家・畑健二郎氏と声優・浅野真澄が結婚 (18年02月13日) 公式安室透スピンオフ漫画『名探偵コナン ゼロの日常』連載開始 (18年05月09日) 青山剛昌氏『名探偵コナン』休載の4ヶ月「描きたくてしょうがなかった」 (18年04月12日) 『名探偵コナン』連載再開 公式安室透スピンオフ漫画も...more
カテゴリー:

【漫画】サンデー24号が3日間限定で無料公開、18日23時59分まで 売り切れ店続出のため 安室透主人公の「コナン」スピンオフが掲載 - 05月16日(水)00:17  mnewsplus

サンデー24号が期間限定で無料公開、安室透主人公の「コナン」スピンオフも掲載 2018年5月16日 0:00 コミックナタリー https://natalie.mu/comic/news/282298 青山剛昌による赤字入りの「ゼロの日常(ティータイム)」下絵。 「ゼロの日常(ティータイム)」扉ページ 週刊少年サンデー24号 去る5月9日に発売された週刊少年サンデー24号(小学館)が、本日5月16日から18日23時59分までの3日間限定で、マンガアプリ・サンデーうぇぶりにて1冊まるごと無料公開される。 週刊少年サンデー24号には、青山剛昌「名探偵コナン...
»続きを読む
カテゴリー:

『名探偵コナン ゼロの日常』第1話掲載号をWEBで無料公開 - 05月16日(水)00:02 

 9日に発売された『週刊少年サンデー』24号(小学館)より連載開始された、『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』(作者:新井隆広、原案協力:青山剛昌)。『名探偵コナン』屈指の人気キャラクター・安室透が主役の公式スピンオフ漫画ということで、SNSでも大きな反響があり、全国的に売り切れ店が続出する事態となった。これを受けて、25号が発売になったタイミングで16日より18日午後11時59分までの3日間、漫画アプリ「サンデーうぇぶり」上で24号をまるごと1冊、期間限定無料公開を実施する(※一部PRの入り方などが異なるが、掲載している漫画は同じ)。 【画像】『名探偵コナン ゼロの日常(ティータイム)』カラー画  ある時は毛利小五郎に弟子入りする私立探偵の安室透、またある時は黒ずくめの組織のバーボン、さらには公安警察の降谷零として、3つの顔を持つ彼の、本編では明かされない、謎だらけの日常を描く。  24号の無料配信に合わせ、青山氏が監修した証ともいえる、赤字入りの『ゼロの日常』の下絵もアプリ限定で公開。「サンデーうぇぶり」でしか読むことができない貴重なコンテンツとなっている。なお、『ゼロの日常』の第2話は16日発売の『週刊少年サンデー」25号に掲載される。  安室がメインキャラクターとして登場する長編アニメーション『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』(公開中)も13日ま...more
カテゴリー:

もっと見る

「青山剛昌」の画像

もっと見る

「青山剛昌」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる