「霧島連山」とは?

関連ニュース

稲作断念農家に補助金上乗せ 硫黄山噴火で宮崎県、えびの市が独自支援へ - 06月14日(木)10:07 

250年ぶりに噴火した霧島連山・硫黄山周辺の長江川や川内川が白濁した問題で、宮崎県と地元のえびの市は13日までに、...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

2万8000本のアジサイが満開!宮崎・山之口あじさい公園 - 06月12日(火)06:15 

宮崎県都城市にある山之口あじさい公園では、まさに今アジサイの見頃を迎えている。 【写真を見る】山之口あじさい公園には現在、21種類・2万8000本ものアジサイが植えられている 山之口あじさい公園は、宮崎県の南西端に位置する都城市の高台にある6.9ヘクタールの広い公園。アジサイ日本一を目指す山之口町によりアジサイの植裁が続けられており、現在は21種類・2万8000本もの多種多様なアジサイが植えられている。 さらに、花菖蒲もちょうど見頃を迎え、その美しさが公園散策に訪れる人達を楽しませている。 公園内には、あじさいをかたどった遊具広場や、遺跡広場のほか、高台の頂上には旧島津藩の出城「松尾城」をイメージした高さ15メートルの展望台があり、眼前の霧島連山とともに都城盆地を一望できる。 また、休憩室を備えたあじさいハウスでは、あじさいが見頃となる6月25日(月)まで1売店を営業しており(10時~17時)、地場産品やソフトクリーム、飲み物、お弁当などの販売をしている。 じめじめしたこの時期、梅雨空に映えるアジサイを見てうっとうしい気分を晴らそう!(九州ウォーカー・ウォーカープラス編集部) 【関連記事】 ・世界三大花木「ジャガランダ」が見ごろを迎える ・宮崎県産日向夏が、九州銘菓に変身!季節限定「日向夏鶴乃子」発売 ・ビーチではなく「田んぼ」でバレー!宮崎・夏の風物詩が6月17日開催! ・思い...more
カテゴリー:

【鹿児島】霧島に大規模マグマだまり 気象庁など解析 最大で長さ15キロ、幅7キロ - 06月10日(日)08:00  newsplus

2018年06月10日 06時00分 https://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/national/article/423410/  2011年以降、断続的に噴火する新燃岳(しんもえだけ)や、今年4月に250年ぶりに噴火したえびの高原(硫黄山)など活発な火山活動を続ける宮崎、鹿児島県境の霧島連山の地下に、最大15キロに及ぶ大規模なマグマだまりがあることが、気象庁気象研究所(茨城県つくば市)などの研究グループの解析で明らかになった。 新燃岳の噴火を受けて国や大学、自治体などの観測網が強化され、豊富なデータが利用可能になったことが地下構...
»続きを読む
カテゴリー:

霧島連山の地下に巨大なマグマだまり 気象庁など調査 - 06月04日(月)11:10 

 4月に250年ぶりに噴火した硫黄山や活発な火山活動が続く新燃岳などでつくる霧島連山(宮崎・鹿児島県)の地下に、最大で幅15キロ、厚さが5キロ前後におよぶ巨大なマグマだまりがあることが、気象庁気象研究…
カテゴリー:

【宮崎】硫黄山火口に湯だまり出現 えびの高原 - 05月27日(日)04:23  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/lnews/miyazaki/20180525/5060000758.html 05月25日 19時03分 4月、250年ぶりに噴火したえびの高原の硫黄山の火口内に、直径20メートルから30メートルほどの湯だまりができていることが分かりました。 湯だまりが出現しているのが分かったのは、先月19日に噴火が発生した火口の南側のすぐそばの、これまで泥水の噴出が確認されていた場所です。 気象台が監視カメラの映像を分析した結果、湯だまりは直径が20メートルから30メートルほどあり、温度も50度ほどあるとみられるということです...
»続きを読む
カテゴリー:

行列バイキングから遊び場まで!宮崎&鹿児島のイチオシ道の駅 - 06月12日(火)17:00 

休日、ちょっと遠出して宮崎や鹿児島まで足を延ばしてみるのはいかが?その道中に、ぜひ立ち寄ってほしいのが道の駅。今回は、普段は食べられない地元グルメや九州南部ならではの自然に触れることができる、宮崎や鹿児島の魅力的な4つの道の駅をご紹介! 【写真を見る】「道の駅 えびの」の食堂「えびのっ娘」のバイキング。60分/大人1100円、 小学生以下700円、小学生未満500円(3歳以下無料) ■ 行列ができるバイキングが人気「道の駅 えびの」 えびのICからすぐの好立地で、えびの高原や白鳥温泉など、このエリアの観光スポットはもとより、鹿児島方面へ行く際の休憩場所にもうってつけの道の駅。 絶品地元料理を味わえる食堂「えびのっ娘」のバイキングは特に人気で、県外からのリピーターも多く、開店待ちの行列ができることもしばしば。大人1100円、小学生以下700円、小学生未満500円(3歳以下無料)で味わえる。霧島連山を望む景観も人気だ。 [道の駅 えびの]宮崎県えびの市大字永山1006-1 / 0984-35-3338 / 結いの市9:00~18:00、食堂えびのっ娘11:00~15:00(LO14:00)※夜は予約制 / 第3火曜休み(祝の場合は翌日休み) ■ みやこんじょの美味がずらり「道の駅 都城」 畜産王国ならではのグルメがそろう。中でも、旬の地元食材を使った料理や絶品の鶏料理が堪能できるレ...more
カテゴリー:

幅15km、厚さ5kmのマグマだまりを発見! 九州南部霧島連山に超巨大噴火の危機? - 06月12日(火)06:00 

活発な火山活動を続けている霧島連山の地下に巨大なマグマだまりがあることが確実になった! そして、もし、そのマグマが超巨大噴火を起こせば、九州どころか日本全土に莫大な被害を及ぼすことになるという。 * * * 3月6日、宮崎・鹿児島県境にある霧島連山の新燃岳(しんもえだけ)が爆発的噴火を起こし、4月5日には火口から約8000mの高さまで噴煙を上げた。 同じく霧島連山の硫黄山(いおうやま)も4月19日に約250年ぶりに噴火。現在もこのふたつの火山は、活発な活動を続けている。 そんななか、気象庁気象研究所・東京大学・京都大学の研究グループが、霧島連山の地下に幅最大約15km、厚さ約5kmにも及ぶマグマだまりがあると発表した。 鹿児島大学の井村隆介(いむら・りゅうすけ)准教授(火山地質学)が解説する。 「幅15km×10km×厚さ5kmだとすると、体積は750立法kmになり、かなり巨大なマグマだまりといえます。 マグマだまりというと、皆さんドロドロした液体だと想像されがちですが、現在の火山学では“マッシュ”といって、粥(かゆ)のような状態だと考えられている。米粒のような固体の部分とその周りに液体が少しある感じで...more
カテゴリー:

三反園知事「万全な対策講じる」 硫黄山噴火での稲作断念 鹿児島県議会6月定例会 - 06月04日(月)11:52 

鹿児島県議会の6月定例会が4日開会した。三反園訓(みたぞの・さとし)知事は提案理由説明で、霧島連山・えびの高原(硫...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【悲報】予言者「6月21日に日本の東海地方で史上最悪の地震勃発」 - 05月30日(水)22:30  news

■2043年、人類の80%が死滅!  そしてこの度、なんとジュセリーノは2018年6月21日に日本の東海地方でマグニチュード10.6の巨大地震を予言した。にわかには信じがたいこ とだが、過去にも彼が日本の地震を公に予知して的中させているという実績がある。 51hHxhirQPL._SX298_BO1,204,203,200_.jpg  たとえば、「2007年もしくは2008年7月13日に日本に巨大地震が起き、大きな被害が起きて大勢の命が奪われる」と予言したことがあった。こ れは2007年4月10日初版の『未来からの警告 (ジュセリーノ予言集 1)』(たま出版)に記載さ...
»続きを読む
カテゴリー:

「霧島連山」の画像

もっと見る

「霧島連山」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる