「離職率」とは?

関連ニュース

「社員は絶対、月8日休みましょう」――外食業界のホワイト企業、はなまるうどんの休み方改革とは? - 07月15日(日)14:00 

株式会社はなまるの門脇純孝社長『はなまるうどん』458店舗を展開する株式会社はなまる(東京・中央区)は、外食業界の中では数少ない"ホワイト企業"に挙げられることも少なくない。吉野家ホールディングスの子会社として、ここ数年は毎年50店ペースで出店し、昨年度の業績は増収増益。加えて、業界では低水準の離職率(直近3年間は約16%)や、売上目標よりスタッフの育成を優先する店舗運営、バイトにも店長を任せ、ボーナスも支給する待遇面など、"従業員を大切にする経営"を貫いている。(前編記事参照)他の外食チェーンと比べて休日日数が多いのも同社の特色だ。週休2日制で、年間休日日数は8日間のリフレッシュ休暇なども合わせて120日。飲食店ではシフト次第で直前にならないと休日が確定しないことが多いなか、社員が自分で休日を選べる仕組みも構築している。従業員が休みにくい外食業界にあって、はなまるはなぜ、休みやすい環境を構築できたか。それは一つに、歴代の"社長の人柄"によるところが大きい。06年に子会社化されて以降、創業者は退き、吉野家の幹部がはなまるトップに就く流れが3代続いている。3氏に共通するのはバイトからの叩き上げであること。そして、社員を休ませることにも寛容である。その傾向が顕著だったのが成瀨哲也・前社長だ。東日本営業部・統括スーパーバイザーの斎藤三千子さんがこう話す。「昨年(17年)春の社員総会で、約...more
カテゴリー:

離職率80%のブラック広告代理店を退職。元上司に放った「仕返し」の一言とは? - 07月09日(月)08:52 

 一時期に比べると労働環境改善に取り組む会社が増え、社員の残業や休日出勤といった時間外労働は減少傾向にある。だが、これはまだ一部に過ぎず、深夜残業も当たり前というブラックな職場はまだまだ存在する。  現在は両親と一緒に実家の温泉旅館を切り盛りする小塩圭太さん(仮名・44歳・既婚/旅館専務)だが、「3年前まで働いていた広告代理店は、1か月の残業が80時間を超すこともあるまごうことなきブラック企業だった」と明かす。 ◆社長は元敏腕営業マン。自分より仕事ができない社員を無能扱い 「社長は業界上位の代理店で常に成績上位だった元スーパー営業マン。何事も自分を基準に考えてしまうのですが、社員20名足らずの零細代理店に社長の求めるレベルに応えられる能力をもった社員はほとんどいません。そのうえ“仕事は見て覚えるもの”という時代錯誤も甚だしいポリシーを貫き、それでいて契約を取れない社員には『給料ドロボー』や『クズ』、『無能』などの言葉を浴びせるなど口も悪かった。プレイヤーとしては超優秀でもコーチとしては最低の“名選手、名監督にあらず”の典型みたいな人でしたね」  そんなワンマン社長は小塩さんよりも年下だったが、もちろん年齢は関係なかった。この会社に5年間勤めていたが、その間の社員の入社1年以内の離職率は80%。なかには出社初日、わずか1時間で「トイレに行ってきます」と言い残して消える者もいる...more
カテゴリー:

【導入企業増加中】メールでのアポ獲得、インサイドセールスをAIで半自動化するクラウドサービス「Smart Sales」が初月無料キャンペーンを開始! - 07月09日(月)08:45 

[株式会社ジーエルシー] ■「Smart Sales」提供の背景 「テレアポをしても、アポイントを取れるのは数%しかない・・・」 「顧客のポテンシャルが不明確で、提案しても受注に繋がらない・・・」 「テレアポ担当の営業マンの離職率が高い・...
カテゴリー:

米自発的離職率、5月は17年ぶり高水準 労働市場の底堅さ示す - 07月11日(水)01:59 

[ワシントン 10日 ロイター] - 米労働省が公表した5月の求人労働移動調査(JOLTS)によると、自発的な離職率が0.1%ポイント上昇して2.4%と、2001年4月以来約17年ぶりの高水準を記録した。早期の賃金押し上げが期待できるとみられ、労働市場の底堅さに自信が持てる兆候となった。
カテゴリー:

離職率80%のブラック広告代理店を退職。元上司に放った「仕返し」の一言とは? - 07月09日(月)08:52 

 一時期に比べると労働環境改善に取り組む会社が増え、社員の残業や休日出勤といった時間外労働は減少傾向にある。だが、これはまだ一部に過ぎず、深夜残業も当たり前というブラックな職場はまだまだ存在する。  現在は両親と一緒に実 […]
カテゴリー:

「離職率」の画像

もっと見る

「離職率」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる