「離島」とは?

関連ニュース

スカイスキャナー、「人気急上昇の離島トップ8」を発表 - 05月24日(木)13:33 

[スカイスキャナー] 人気急上昇の離島トップ8 [表: https://prtimes.jp/data/corp/13429/table/44_1.jpg ] 調査方法: 国内の離島の空港を目的地とする往復便について、出発日が2017年5月1日~2018年4月30日のスカイスキャナー経...
カテゴリー:

【ガソリン高騰】九州沖縄ガソリン価格全国最高 153.1円 - 05月24日(木)07:44  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20180523/0000898.html 05月23日 18時57分 九州・沖縄の今週のレギュラーガソリンの平均小売価格は、中東情勢への懸念から先週より2円あまりも上昇して153.1円と、地域別では全国でもっとも高くなっています。 石油情報センターによりますと、今月21日時点の九州・沖縄のレギュラーガソリンの平均小売価格は、先週より2.2円も上昇し、1リットルあたり153.1円でした。 全国平均の149点1円を上回り、地域別では全国で最も高くなっています。 県別に見てみますと、長崎県が...
»続きを読む
カテゴリー:

沖縄県、沖縄/那覇〜石垣線での離島住民への運賃助成を保留 バニラエア参入で - 05月23日(水)11:35 

沖縄県は7月1日から、沖縄/那覇〜石垣線で沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業の適用を保留とする。 沖縄/那覇〜石垣線では、2012年から沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業を適用し、離島住民の運賃を助成している。実施にあたっては、航空会社間の公正かつ自由な競争が制限され、阻害されることのないよう、離島住民が当日利用できる運賃が競争状態にないことが適用条件とされていることから、適用を保留することを決めた。 同日にはバニラエアが新規参入する。20キロまでの受託手荷物などが付いた「コミコミバニラ」は、通常期は片道4,080円から12,680円、多客期は片道5,480円から14,380円となり、支払手数料を含めた場合でも空席状況によっては離島住民が利用できる運賃より安くなる。 全日本空輸(ANA)の「沖縄アイきっぷ」、日本トランスオーシャン航空(JTA)と琉球エアーコミューターの「離島割引」、ソラシドエアの「ソラ島割」はそれぞれ、通常期は片道10,500円、多客期は同11,050円で設定する予定だったものの、7月1日以降は、通常期は同16,850円、多客期は同17,400円に運賃を引き上げる。 投稿 沖縄県、沖縄/那覇〜石垣線での離島住民への運賃助成を保留 バニラエア参入で は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

書の心伝え30年 波照間島 教え子200人、島出ても自信に - 05月22日(火)05:00 

 【波照間島=竹富】日本最南端の有人離島・竹富町波照間島で30年以上続く習字教室がある。大泊君子さん(60)の開く教室は、島で唯一の習いごと教室だ。「自分が上達したかったから」と軽い気持ちで始めた習字教室だが、これまでに指導した児童生徒は200人を超える。高校のない波照間島。島外に出る子どもたちに自...
カテゴリー:

「離島の雇用」新法効果 長崎新たに358人創出 施行2年目 交付金活用、人口減を抑制 - 05月21日(月)06:00 

国境に近い離島を支援する「国境離島新法」の施行から1年が過ぎた。新法は人口が激減している離島の雇用拡充を重点政策の...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

長崎県議 宿泊費など不適切請求 160万円余を返還 - 05月24日(木)12:26 

長崎県の離島選出の県議会議員が、議会に出席する際は近くに借りたマンションから通うと申告して費用を支給されながら、実際は長崎市近郊の持ち家からマイカーで通っていたことがわかりました。議員はNHKの指摘を受け、1年余りにわたって支給された費用160万円余りを議会に返還しました。
カテゴリー:

沖縄県、沖縄/那覇〜石垣線での離島住民への運賃助成を保留 バニラエア参入で - 05月23日(水)11:35 

沖縄県は7月1日から、沖縄/那覇〜石垣線で沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業の適用を保留とする。 沖縄/那覇〜石垣線では、2012年から沖縄離島住民等交通コスト負担軽減事業を適用し、離島住民の運賃を助成している。実施にあたっては、航空会社間の公正かつ自由な競争が制限され、阻害されることのないよう、離島住民が当日利用できる運賃が競争状態にないことが適用条件とされていることから、適用を保留することを決めた。 同日にはバニラエアが新規参入する。20キロまでの受託手荷物などが付いた「コミコミバニラ」は、通常期は片道4,080円から12,680円、多客期は片道5,480円から14,380円となり、支払手数料を含めた場合でも空席状況によっては離島住民が利用できる運賃より安くなる。 全日本空輸(ANA)の「沖縄アイきっぷ」、日本トランスオーシャン航空(JTA)と琉球エアーコミューターの「離島割引」、ソラシドエアの「ソラ島割」はそれぞれ、通常期は片道10,500円、多客期は同11,050円で設定する予定だったものの、7月1日以降は、通常期は同16,850円、多客期は同17,400円に運賃を引き上げる。
カテゴリー:

五島列島の郷土料理 かんころ餅を加工、製造、PR、販売する「施設内6次産業施設」がオープン - 05月22日(火)17:50 

[五島市] この施設は、地場産品の利用拡大、流通の効率化及び雇用の場の創出を目的とした施設で、国の離島活性化交付金を活用して整備されました。 有限責任事業組合による、離島活性化交付金を活用した農産加工施設の建設...
カテゴリー:

種子島で陸自「水陸機動団」訓練 救助、搬送手順を確認 - 05月21日(月)13:00 

 防衛省は20日、種子島で実施している陸上自衛隊の離島防衛専門部隊「水陸機動団」(長崎県相浦駐屯地所属)の訓練を報道陣に公開した。海上自衛隊と合同で、3月の発足後、初となる大規模訓練で、水陸両用作戦能力の向上を図った。
カテゴリー:

陸自水陸機動団が搬送訓練 「負傷者」搬送、種子島 - 05月20日(日)21:45 

離島防衛強化のために3月に新設された陸上自衛隊相浦駐屯地(長崎県佐世保市)所属の専門部隊「水陸機動団」は20日、鹿...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

もっと見る

「離島」の画像

もっと見る

「離島」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる