「関連リンク」とは?

関連ニュース

有村架純、女教師役で生徒と禁断の恋…『中学聖日記』 - 07月16日(月)04:00 

女優の有村架純が、10月期のTBS系火曜ドラマ『中学聖日記』で、婚約者がいながらも、10歳年下の中学生の教え子に惹かれていく主人公の女教師・末永聖(すえながひじり)を演じることが発表された。『中学聖日記』は、女性向け漫画誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中のかわかみじゅんこの同名漫画を実写ドラマ化。片田舎の中学校を舞台に、自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・晶(あきら)に心惹かれていく女教師・聖の“禁断の恋”を描いたヒューマンラブストーリー。有村は、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』以来、約1年ぶりのドラマ出演で、民放連続ドラマは単独初主演となる。プロデューサーは、湊かなえ原作ドラマ『夜行観覧車』(2013年)、『Nのために』(2014年)、『リバース』(2017年)や、『アンナチュラル』(2018年)の新井順子、演出は有村主演の映画『コーヒーが冷めないうちに』で映画監督デビューを果たした塚原あゆ子らが手がける。有村は、キラキラした青春時代、初めての恋、許されない想い……2人の男性の間で揺れ動き、己の恋心を必死で抑える切ない想いを描いた作品に「一言で表すと、新感覚。言葉にしようとすると難しいです」と率直な胸の内を明かすと「ガラスを扱うような、そんな感覚。『中学聖日記』は、青春の1 ページでは終わらない、...more
カテゴリー:

有村智恵を一番身近で支える姉・美佳さんも号泣「こんなに頑張っているのに、どうして勝てないの…」 - 07月15日(日)20:06 

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 最終日◇15日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,588ヤード・パー72)> 有村智恵を近くで支えた人々も、今回の復活優勝を喜んだ。ツアーに帯同し、有村の身の回りを支える姉の美佳さんもその一人だ。 【写真】原江里菜からの祝福電話を受ける有村智恵 有村が米国ツアーに参戦時にはオフや試合の前後にサポートを行い、2016年の日本復帰後は妹とともに試合を転戦し、運転や食事の準備などを行う美佳さんは、「こんなに頑張っているのに、どうして勝てないのかなとずっと思っていて…。今シーズンもどうなるのかと思っていたけど、早く結果が出てよかった」と涙を流した。 一番身近でその苦しみを見てきた人物。「家族が見ているときもストイック。どうやったら休んでくれるのか。もうちょっと楽にしてもいいのにと周囲が心配するほど」と有村のゴルフに対する姿勢も話した。 16年には2人が生まれ育った熊本を震災が襲った。有村が日本復帰を決意するきっかけになった出来事だが、「熊本の人に恩返しするためにも、結果を出したかったと思う。やっと優勝を届けられました」。さらに「震災のときに(有村がツアー優勝した)13勝分のトロフィーが、ほとんど割れてしまって。やっと新しく飾ることができました」といい、ひときわ感極まった。 また有村のラウンドを支える小田亨キャディも、ラ...more
カテゴリー:

りょう演じる、女性も惚れる女部長が「まっすぐで可愛い」と話題!『部長風花凜子の恋』 - 07月15日(日)18:39 

りょうが主演を務める島耕作シリーズ35周年企画ドラマ『部長風花凜子の恋』(読売テレビ・日本テレビ系、木曜23:59〜)の後編が7月12日に放送され、りょう演じる風花凜子のキャリアウーマンとしての強さと、恋する女性としての弱さのギャップがTwitterで、「まっすぐで可愛い!!」「りょうさんがこんなに女出す役初めて見たかも、かわいい」「惚れる…」などと話題になった。凜子は、島耕作が会長を務める大手電機メーカー・株式会社テコットで働く女部長。モットーは「仕事とプライベートは50/50」。プライベートでは彼氏の高澤光太郎(平山浩行)が経営するジャズ喫茶でサックス奏者としてライブを行うなど、管理職として自らがフレッシュな働き方を体現している。入社当初から夢見ていた女性初の執行役員候補としてもその名があがり、充実した毎日を送っている。順調に見えた凜子だったが、がんが発覚した光太郎から突然の別れを告げられ、仕事中に思わずため息をついてしまう。そんな姿にいち早く気がついたのは入社2年目の吉田俊也(竜星涼)。得意の手作り弁当で励まそうとするが、いまいち凜子の心に刺さらない。光太郎の存在を知っている俊也は、「僕じゃ凜子さんを本当に笑顔にはできないんです」と悔しがる。そんな中、凜子の知らないところで部下の箕輪ゆりか(黒川芽以)はパワハラに苦しめられていた。執行役員候補で凜子のライバルである速見貴文(丸...more
カテゴリー:

野澤真央は自己最高5位Tも…「もう少し伸ばせた、悔しい」 - 07月15日(日)18:12 

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 最終日◇15日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,588ヤード・パー72)> 国内女子「サマンサタバサレディース」最終日、プロ4年目の野澤真央が「66」をマークし、トータル9アンダーで自己最高の5位タイに入った。 【写真】サマンサ会場には水着美女がいっぱい ショートアイアンでチャンスを多く演出し、6バーディ・ノーボギー。3アンダー・24位から上位に迫ったが、「もう少し伸ばせたという気持ちがあり、悔しいですが、次に頑張れたらいいなと思います」と反省を口にした。 2017年は下部ツアーのステップ・アップ・ツアーで年間3勝を挙げるなど腕を磨き、今季はQTランク20位で初のレギュラーツアー本格参戦。「アース・モンダミンカップ」後の第1回リランキングでも22位となり、後半戦の出場権を確保している。 「リゾートトラスト レディス」以来、2度目のトップ10フィニッシュとなったが、「レギュラーツアーは伸ばしあいがすごい。ステップでは自分が伸ばせば勝てる印象はありましたが、レギュラーでは周りも伸ばしているなかで、優勝するのは難しいですね」と、まだまだ壁を感じつつ、成長の道を模索する。それでも今大会で250万円を加算し、今季の獲得賞金は約1,000万。トータルドライビング(※)5位と、自慢のドライバーショットを武器に、初のシード入りを目指して...more
カテゴリー:

「長く苦しい日々がやっと終わった」6季ぶりVの有村智恵が語った苦悩、そして現在 - 07月15日(日)17:28 

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 最終日◇15日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,588ヤード・パー72)> 涙と笑顔にあふれた優勝となった。首位と2打差の8位タイから最終日をスタートした有村智恵が、6バーディ・ノーボギーの「66」をマーク。終盤までもつれ込んだ争いを制し、2012年「日本女子プロゴルフ選手権 コニカミノルタ杯」以来、6季ぶりとなるツアー優勝。通算14勝目を手にした。 【写真】表彰式で涙をぬぐう有村智恵 トータル12アンダーで迎えた18番。優勝を決定的にする2.5mのバーディパットを沈めると、右手で何度もガッツポーズを繰り返す。ホールアウト後は、後続の選手たちの戦況を凛とした表情で眺める。そして、優勝が確定した瞬間、それまで厳しさすら浮かべていた目からは大粒の涙がこぼれた。久しぶりに味わう優勝の瞬間は、歓喜と同時に苦悩から解放された瞬間でもあった。 「最終ホールでパットを入れたとき、一瞬ですが色々と思い返すことがあった。長く苦しい日々がやっと終わると思いました」 08年に「プロミスレディス」を制してツアー初優勝を挙げると、そこから12年までは毎年勝利を重ねた。11、12年には3勝ずつを挙げ、押しも押されもせぬ日本ツアー屈指の選手の一人となった。12年には米国女子ツアーの予選会を通り翌年から本格参戦。しかし、そこからは結果を残せない...more
カテゴリー:

有村智恵に負けない!「32歳もがんばりまーす」 明日誕生日の諸見里しのぶが好フィニッシュ - 07月15日(日)20:42 

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 最終日◇15日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,588ヤード・パー72)> 30歳の有村智恵が優勝した大会では、明日7月16日に32歳の誕生日を迎える諸見里しのぶも活躍。5バーディ・1ボギーの「68」をマークし、トータル5アンダーの23位タイでのフィニッシュに、「31歳最後の日にいいプレーができて良かった!」と喜んだ。 【写真】サマンサ会場には水着美女がいっぱい 前半を1バーディ・1ボギーで終えた諸見里は、後半ラッシュを見せる。12番で3mのパットを決めバーディを奪うと、そこから4連続バーディ。自らの誕生日を祝うこのプレーに「心地よく攻めて、守れる、メリハリあるプレーができた」と満足気な様子を浮かべた。 2009年には6勝を挙げ、将来を嘱望された諸見里もすでに31歳で中堅プレーヤーの一人。ここ6シーズンは賞金シード権なしでの戦いが続くが、出場23試合中3試合しか決勝ラウンドに進めなかった昨シーズンなどと比べ、今季は13試合中7試合で予選を通過するなど復調の兆しもうかがわせる。 明日は「女子プロ仲間などが集まってくれてお祝いをしてくれます。大人数のパーティです」とご満悦。心機一転、再び上位をにぎわしツアーを盛り上げる存在になりたい。この日優勝した有村がインタビューで「30代も勝てるところを見せたい」といえば、諸見里も「32...more
カテゴリー:

「心が死んでいた…」 有村智恵が語った低迷時の心境 - 07月15日(日)19:05 

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 最終日◇15日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,588ヤード・パー72)> 6季ぶりの優勝を果たした有村智恵。ツアー14勝目をその手につかんだが、2012年の「日本女子プロゴルフ選手権 コニカミノルタ杯」で13勝目を挙げて以降は、長く、そして苦しい日々の連続だった。そのときの心境を本人はこう語る。 【写真】インタビュー中に大粒の涙を流す有村智恵 12年に行われた予選会を通過し、翌年から米国女子ツアーに参戦した有村。しかし、本人が「低迷の1番の原因」と話した11年の左手首負傷の影響もあり、思うような結果を残すことはできなかった。特にこの年の10月は、「一番苦しかったとき」と有村は明かす。 「忘れもしないです。この年の10月に韓国で行われた試合(LPGA KEBハナバンク選手権)は本当に苦しかった。何をやっても球が思い通りに飛ばず、完全に心が折れていました。試合会場に行くのもつらかった。練習場に行くときにも体が動かないし、外にも出られなかった」 トータル19オーバーで、下から4番目となる75位に終わったこの大会では、「ラウンド中に、あんなに涙が出るのは初めてでした」とさまざまな感情があふれ、押しつぶされそうになった。このころの心境を有村はこう表現する。 「信じても、期待してもがっかりすることばかり。そのうちがっかりな気持ち...more
カテゴリー:

りょう演じる、女性も惚れる女部長が「まっすぐで可愛い」と話題!『部長風花凜子の恋』 - 07月15日(日)18:30 

りょうが主演を務める島耕作シリーズ35周年企画ドラマ『部長風花凜子の恋』(読売テレビ・日本テレビ系、木曜23:59〜)の後編が7月12日に放送され、りょう演じる風花凜子のキャリアウーマンとしての強さと、恋する女性としての弱さのギャップがTwitterで、「まっすぐで可愛い!!」「りょうさんがこんなに女出す役初めて見たかも、かわいい」「惚れる…」などと話題になった。凜子は、島耕作が会長を務める大手電機メーカー・株式会社テコットで働く女部長。モットーは「仕事とプライベートは50/50」。プライベートでは彼氏の高澤光太郎(平山浩行)が経営するジャズ喫茶でサックス奏者としてライブを行うなど、管理職として自らがフレッシュな働き方を体現している。入社当初から夢見ていた女性初の執行役員候補としてもその名があがり、充実した毎日を送っている。順調に見えた凜子だったが、がんが発覚した光太郎から突然の別れを告げられ、仕事中に思わずため息をついてしまう。そんな姿にいち早く気がついたのは入社2年目の吉田俊也(竜星涼)。得意の手作り弁当で励まそうとするが、いまいち凜子の心に刺さらない。光太郎の存在を知っている俊也は、「僕じゃ凜子さんを本当に笑顔にはできないんです」と悔しがる。そんな中、凜子の知らないところで部下の箕輪ゆりか(黒川芽以)はパワハラに苦しめられていた。執行役員候補で凜子のライバルである速見貴文(丸...more
カテゴリー:

葵わかな、真冬にバケツの水をかけられた裏話を披露 - 07月15日(日)18:00 

女優の葵わかなが、7月16日(月)に放送される『痛快TV スカッとジャパン 2時間SP』に出演する。葵は、芸能界を目指すきっかけや、かつて「スカッとドラマ」に出演した際のエピソードなどを披露。この他、王理恵、デヴィ夫人、バカリズムがスタジオに初登場する。葵は、「スカッとドラマ」への出演経験はあるものの、スタジオゲストとしては初登場。NHK連続テレビ小説『わろてんか』でヒロインを演じ、一躍注目を集めた彼女が芸能界を目指したのは、なんと小学校5年生のとき。「クイズ番組のピンポンが押してみたかった」のがきっかけで芸能人を志したのだとか。そして、今回、スカッとボタンが押せるということで満面の笑顔を見せる葵。「当時クイズ番組にハマっていて。なので、今日すごいうれしいです!」と、喜びを爆発させた。また、これまで10作品に出演している「スカッとドラマ」について、MCの内村光良から「一番思い出に残っているエピソードは?」と尋ねられると、「私、いじめられる役が多かったんですけど……。特に、水をかけられる役は思い出に残っています」と振り返る。その役とは、2015年に放送された「胸キュンスカッと 嫌いだったアイツ」内で、真冬にバケツの水をかけられるという壮絶なものだった。葵は番組収録後に、「内村さんにはこれまで何度かお会いしていますが、とても優しい方です。初めてのスタジオはうれし恥ずかしといいますか、ど...more
カテゴリー:

ホステス大会で悔しい後退 勝みなみは「来年リベンジしたい」 - 07月15日(日)17:16 

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 最終日◇15日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,588ヤード・パー72)> サマンサタバサのホステスプロとして今大会に挑んだのは6人。そのうち、香妻琴乃、山村彩恵、原江里菜、堀奈津佳は予選ラウンドで姿を消した。決勝ラウンドを戦ったのはともにルーキーの吉本ひかる、そして初日に首位タイ発進を決めた勝みなみだった。 【写真】サマンサ会場に水着美女が登場!? 30度を超える連日の炎天下。うだるような暑さのなかでも、初日のパフォーマンスは圧巻だった。7バーディ・1ボギーの「66」。今大会から投入したスリクソンの新ドライバー『Z785』が冴え、「(ショットのできは)良かったですね」と、笑顔を見せていた。 ところが、2日目からは一転。「73」と1つ落として11位タイに後退すると、最終日も4バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの「72」と伸ばしきれず、トータル5アンダー・23位タイでホステス大会を終えた。 「今日は前半にドライバーが暴れてて、ダブルボギーやボギーが出た。後半は修正できて3アンダーで回れたので、よかったかな」と一定の評価を与えた一方で、「ホステスプロとしては、もうちょっと上にいきたかった。悔しい気持ちもあります」と唇をかんだ。 昨日は今大会の恒例となっているお笑いライブなどを鑑賞。「お笑いライブも面白かったし、ギャラリーの...more
カテゴリー:

もっと見る

「関連リンク」の画像

もっと見る

「関連リンク」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる