「関西学院大学」とは?

関連ニュース

アメフト反則行為でけがした関学の選手 3週間ぶりに実戦復帰 - 05月27日(日)19:14 

日本大学アメリカンフットボール部の選手が試合中に重大な反則行為をした問題で、けがをした関西学院大学の選手が27日、試合に出場し、3週間ぶりに実戦に復帰しました。
カテゴリー:

相撲協会の池坊議長、アメフト問題で日大を猛批判も「お前が言うな!」の大合唱 - 05月27日(日)18:00 

公益財団法人日本相撲協会評議員会の池坊保子議長(76)が27日に『サンデー・ジャポン』(TBS系)にコメンテーターとして出演。 番組では、アメリカンフットボールの試合で日本大学の選手が関西学院大学の選手を故意に負傷させた問題が取り上げられたが、池坊氏は日本大学の姿勢を批判した。 自身も中京大学の理事を務めており、「(選手を守ろうとする姿勢が)全然伝わってこなかった」とバッサリ。 日大の指導方法については、「教育者は全面的に愛情がなければいけない。子育てと同じで、子どもを育てる、指導する。それは基本に愛情があってこそできるのであって、だからこそ信頼関係が生まれるんですよ」と疑問を投げかけた。 また、反則を犯した宮川選手に対しては、「まだ20歳ですよ。63歳の監督やコーチに言われたら、追い詰められますよ」と、反則に至った心境をおもんばかった。 さらに、自ら会見に臨んだ同選手の勇気を称えた上で、「カミングアウトされたから、こうやってみんなが知る事になった。それがなければ、もしかしたら自殺していたかもしれない」と推測した。 その一方で、「一点の曇りない自己弁護をしなかった宮川選手に比べ、翌日(内田前監督と井上前コーチによる会見)は自己弁護のみで曇りだらけ。反面教師だと思っていますし、これは許せない」と、大学側の釈明には怒りをあらわにしていた。 ◆アメフトだけでなく相撲も問題? 連日、日本大...more
カテゴリー:

日大「再回答」に関学会見 “タックル問題” - 05月27日(日)07:35 

 日本大学アメリカンフットボール部の選手が悪質なタックルによって、関西学院大学の選手にけがをさせた問題で、関学は十分な信頼関係を取り戻すまで、日大との定期戦は中止すると発表しました。
カテゴリー:

アメフト “反則行為指示の有無” 関東学連の判断焦点に - 05月27日(日)05:33 

日本大学アメリカンフットボール部の選手が、試合中に関西学院大学の選手に後ろからタックルする重大な反則行為をしてけがを負わせた問題で、日大がまとめた前監督らによる反則行為の指示を否定する内容の調査結果に対し、関西学院大は26日、「強い疑念がある」という見解を示しました。反則行為の指示はあったのか、近く処分を決める関東学生連盟が、どういう判断をするかが次の焦点となります。
カテゴリー:

【アメフト】日大広報部「厳しいご批判は甘んじてお受けいたします」 関学大会見受けコメント発表★2 - 05月27日(日)04:12  newsplus

 6日に行われた学生アメリカンフットボールの試合で日本大のディフェンスライン(DL)宮川泰介選手(20)が無防備な関西学院大の クオーターバック(QB)に後方から悪質な反則タックルをして負傷させた件に関して関学大アメリカンフットボール部は26日、 兵庫県西宮市内で3度目の記者会見を行い、「多くの矛盾があり、到底真実とは認定できない」と日大の再回答に反論。十分な信頼関係を 取り戻せるまでは日大との定期戦を中止すると発表した。  これを受け、日大広報部は報道各社にファクスを送り、以下の通りコメント...
»続きを読む
カテゴリー:

関学大の被害選手、3週間ぶり公式戦に復帰 - 05月27日(日)18:06 

 アメリカンフットボールの定期戦で日本大学の選手から悪質なタックルを受けてけがをした関西学院大学の選手が27日、大阪府内で行われた公式戦に出場し、3週間ぶりに復帰しました。
カテゴリー:

日大と関学、一体どこで明暗が分かれたのか 「危機管理」への備えと対応の差が目立った | 学校・受験 | 東洋経済オンライン - 05月27日(日)17:00 

5月6日に起こった日本大学(日大)アメフト部の選手による悪質なラフプレーによって関西学院大学(関学)…
カテゴリー:

【アメフト】厳戒会見で関西学院大学が日大の『とんでも回答書』に突きつけた10の不可解 ... 「信憑性があるのは宮川選手」 - 05月27日(日)06:30  mnewsplus

関学大が26日、西宮の同大学で小野宏ディレクター、鳥内秀晃監督が記者会見を開き、日大の「反則指示はなかった」とする、これまでの主張を繰り返す回答書を公表、悪質タックルを行った宮川泰介選手からの聞き取り調査も行っていない“とんでも回答書”に対して10箇所の不可解点をつきつけた。  その上で「発言に信憑性があるのは宮川選手」と内田正人前監督と井上奨コーチを断罪。51回の歴史ある関学ー日大の定期戦の中止を決定した。これで文書によるやりとりは終了させ断交、今後の真相究明は、日大が設立する第3者委員会、関東学生...
»続きを読む
カテゴリー:

【アメフト】日大 関学大会見受けてコメント発表「厳しいご批判は甘んじてお受けいたします」★4 - 05月27日(日)05:07  mnewsplus

 6日に行われた学生アメリカンフットボールの試合で日本大のディフェンスライン(DL)宮川泰介選手(20)が無防備な関西学院大の クオーターバック(QB)に後方から悪質な反則タックルをして負傷させた件に関して関学大アメリカンフットボール部は26日、 兵庫県西宮市内で3度目の記者会見を行い、「多くの矛盾があり、到底真実とは認定できない」と日大の再回答に反論。十分な信頼関係を 取り戻せるまでは日大との定期戦を中止すると発表した。  これを受け、日大広報部は報道各社にファクスを送り、以下の通りコメント...
»続きを読む
カテゴリー:

【アメフト】関東学生連盟規律委、内田前監督を最も重い処分である「除名」処分に。井上前コーチは2番目に重い「資格剥奪」★2 - 05月27日(日)03:43  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180526-00000046-nnn-soci 日本大学アメフト部の選手が悪質なタックルをした問題で、経緯を説明した日本大学の再回答を受けて、 関西学院大学が会見を開き、日大側への不信感をあらわにした。 今回の反則プレーについて調査を行っていた関東学生連盟の規律委員会が、日大の内田正人前監督を 除名処分にする方針を固めたことがわかった。 関係者によると、「関東学生アメリカンフットボール連盟」の規律委員会は、今回の反則プレー問題を受け、 日大の内田正人前監督と井上奨前...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「関西学院大学」の画像

もっと見る

「関西学院大学」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる