「関西エアポート」とは?

関連ニュース

伊丹空港発着の82便が欠航、多数の便で遅延 大阪北部地震 - 06月18日(月)18:06 

関西エアポートによると、きょう6月18日午前7時58分頃に発生した地震の影響で、伊丹空港を発着する82便が欠航した。 関西国際空港では国際線で出発便13便、国内線で出発便1便、到着便1便が最大3時間遅延した。伊丹空港では出発便41便、到着便41便の計82便が欠航し、多くの便で遅延した。神戸空港では滑走路点検の影響で出発便4便が最大26分遅延した。 伊丹空港の館内施設では水漏れ、天井剥がれ、ひび割れ、空調吹き出し口の器具落下などの被害があった。負傷者はいなかった。滑走路への異常はなかった。各空港の一部店舗では限定営業となっている。
カテゴリー:

関西3空港の地震の影響、伊丹空港の施設で被害 負傷者なし - 06月18日(月)13:18 

関西エアポートは、きょう6月18日午前7時58分頃に発生した地震による、関西3空港の影響を発表した。 関西国際空港と神戸空港の滑走路や館内施設には異常はなかった。伊丹空港は滑走路には異常はなかったものの、館内施設では水漏れ、天井剥がれ、ひび割れ、空調吹き出し口の器具落下などの被害が確認された。全ての空港で負傷者はいなかった。 伊丹空港を発着する58便が欠航した。関西国際空港では1便、神戸空港では4便、伊丹空港では多数の便で遅延が発生している。各空港の店舗は、一部で従業員の通勤ができないため限定営業する。
カテゴリー:

大阪空港 滑走路閉鎖で影響確認 - 06月18日(月)08:19 

大阪空港を運営する関西エアポートによりますと、大阪空港では空港に設置された震度計で震度5弱を観測し、現在、航空機の発着を止めて滑走路に地震の影響がないか確認しているということです。
カテゴリー:

関西国際空港にビジネスジェット専用施設 6月15日オープン - 06月12日(火)14:35 

関西エアポートは、関西国際空港第2ターミナル(国内線)に、ビジネスジェット専用施設「Premium Gate 玉響(プレミアムゲートたまゆら)」を6月15日にオープンする。 専用の保安検査場や税関・出入国管理・検疫を行うCIQ施設、車の乗降場所・駐車場、会議室、受付カウンター、待合ラウンジを備えている。広さは約300平方メートル。利用料金は1回200,000円(税別)。利用の際には希望日の前日正午までの申込みが必要となる。 これまでは、第1ターミナルの一般出入国動線を使用する必要があったものの、専用施設のオープン後は、よりスムーズな出入国手続きと、プライバシー性の高いサービスの提供が可能となるという。 2019年のG20、ラグビーワールドカップ、ワールドマスターズゲームズ2021の開催、誘致を目指す2025年の万博といったイベントによって、ビジネスジェットの需要増加が想定されているという。
カテゴリー:

【インバウンド】関西エアポート、前期純利益67%増 訪日客増で - 06月07日(木)18:59  newsplus

 関西エアポートが7日発表した2018年3月期の連結決算は、純利益が前の期比67%増の283億円だった。インバウンド(訪日外国人)の増加に支えられ、関西国際空港と大阪国際(伊丹)空港の総発着回数が過去最高となり、着陸料や空港施設利用料が増えた。免税店の売り上げも好調だった。  売上高に相当する営業収益は15%増の2064億円。関空の国際線旅客数は14%増の2190万人と過去最高となった。うち外国人旅客が約7割を占める。  免税店の直営事業など非航空部門が19%増と業績をけん引した。中国人観光客の1人当たりの購入額の...
»続きを読む
カテゴリー:

伊丹空港発着の82便が欠航、多数の便で遅延 大阪北部地震 - 06月18日(月)18:06 

関西エアポートによると、きょう6月18日午前7時58分頃に発生した地震の影響で、伊丹空港を発着する82便が欠航した。 関西国際空港では国際線で出発便13便、国内線で出発便1便、到着便1便が最大3時間遅延した。伊丹空港では出発便41便、到着便41便の計82便が欠航し、多くの便で遅延した。神戸空港では滑走路点検の影響で出発便4便が最大26分遅延した。 伊丹空港の館内施設では水漏れ、天井剥がれ、ひび割れ、空調吹き出し口の器具落下などの被害があった。負傷者はいなかった。滑走路への異常はなかった。各空港の一部店舗では限定営業となっている。 投稿 伊丹空港発着の82便が欠航、多数の便で遅延 大阪北部地震 は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

関西3空港の地震の影響、伊丹空港の施設で被害 負傷者なし - 06月18日(月)13:18 

関西エアポートは、きょう6月18日午前7時58分頃に発生した地震による、関西3空港の影響を発表した。 関西国際空港と神戸空港の滑走路や館内施設には異常はなかった。伊丹空港は滑走路には異常はなかったものの、館内施設では水漏れ、天井剥がれ、ひび割れ、空調吹き出し口の器具落下などの被害が確認された。全ての空港で負傷者はいなかった。 伊丹空港を発着する58便が欠航した。関西国際空港では1便、神戸空港では4便、伊丹空港では多数の便で遅延が発生している。各空港の店舗は、一部で従業員の通勤ができないため限定営業する。 投稿 関西3空港の地震の影響、伊丹空港の施設で被害 負傷者なし は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

関空にビジネスジェット専用施設 企業経営者や富裕層にアピール - 06月14日(木)21:15 

 関西エアポートは14日、関西国際空港に新設するビジネスジェット専用施設を報道陣らに公開した。一般の利用客とは別に、プライベートな空間で出入国手続きなどをスムーズに行うことができる施設で、ビジネスジェットの利用拡大を目指す。15日に開業する。
カテゴリー:

関西国際空港にビジネスジェット専用施設 6月15日オープン - 06月12日(火)14:35 

関西エアポートは、関西国際空港第2ターミナル(国内線)に、ビジネスジェット専用施設「Premium Gate 玉響(プレミアムゲートたまゆら)」を6月15日にオープンする。 専用の保安検査場や税関・出入国管理・検疫を行うCIQ施設、車の乗降場所・駐車場、会議室、受付カウンター、待合ラウンジを備えている。広さは約300平方メートル。利用料金は1回200,000円(税別)。利用の際には希望日の前日正午までの申込みが必要となる。 これまでは、第1ターミナルの一般出入国動線を使用する必要があったものの、専用施設のオープン後は、よりスムーズな出入国手続きと、プライバシー性の高いサービスの提供が可能となるという。 2019年のG20、ラグビーワールドカップ、ワールドマスターズゲームズ2021の開催、誘致を目指す2025年の万博といったイベントによって、ビジネスジェットの需要増加が想定されているという。 投稿 関西国際空港にビジネスジェット専用施設 6月15日オープン は トラベルメディア「Traicy(トライシー)」 に最初に表示されました。
カテゴリー:

「関西エアポート」の画像

もっと見る

「関西エアポート」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる