「関学大」とは?

関連ニュース

「技のデパート」宇良、三段目からの再出発 すぐ白星 - 09月10日(月)13:43 

 多彩な技が魅力の人気小兵力士・宇良(26)=本名宇良和輝、大阪府出身、木瀬部屋=が秋場所2日目の10日、土俵に帰ってきた。 関学大出身初の力士で、アクロバティックな反り技を得意とすることで話題になっ…
カテゴリー:

女子100メートル・久保山(佐賀北高出身、福岡大)V - 09月09日(日)08:15 

陸上の日本学生対校選手権第3日は8日、川崎市の等々力陸上競技場で行われ、女子100メートル決勝は向かい風2・1メートルで久保山晴菜(福岡大、佐賀北高出身)が11秒86で初の頂点に立った。男子同は永田駿斗(慶大)が10秒34をマークし初優勝した。多田修平(関学大)は10秒36で3位だった。 久保山は8人中2番目の好スタートを見せ、前半からトップに立った。佐賀県関係ではこのほか、男子5000メートルの北村宙夢(日本文理大、白石高出身)が14分44秒19で14位だった。
カテゴリー:

陸上:永田10秒34、初V 日本学生対校 - 09月08日(土)23:30 

 陸上の日本学生対校選手権は第3日の8日、川崎市等々力陸上競技場で行われ、男子100メートルは永田駿斗(慶大)が10秒34(向かい風1.4メートル)で初優勝した。今夏のジャカルタ・アジア大会男子400メートルリレー金メダルの多田修平(関学大)は10秒36で3位だった。
カテゴリー:

多田3位「これが現状」1位永田と100分の2秒差 - 09月08日(土)19:59 

自己記録10秒07を持つ17年世界選手権男子400メートルリレー銅メダリストの多田修平(22=関学大)は3位だった。 向かい風1・4メートルの条件下、10秒36。1位永田駿斗(22=慶大)に100分の2秒差で敗れた。多田は「これが現状。…
カテゴリー:

多田修平10秒551組1着で準決へ 日本学生対校 - 09月07日(金)13:44 

男子100メートル予選で17年世界選手権男子400メートルリレー銅メダリストの多田修平(22=関学大)は向かい風2・4メートルの条件下、10秒55の1組1着で準決勝に進出した。 足の回転が好調時に近づいてきたとし、「いい流れをつかめるき…
カテゴリー:

多田3位「鍛え直したい」昨季の飛躍と対照的 - 09月09日(日)09:17 

陸上の日本学生対校選手権の男子100メートル決勝が8日、川崎市内で行われ、自己記録10秒07を持つ多田修平(22=関学大)は10秒36(向かい風1・4メートル)の3位だった。 「これが現状。鍛え直したい」と唇をかんだ。昨季の飛躍とは対照…
カテゴリー:

関西学生アメフット:関学大と関大、開幕2連勝 - 09月09日(日)00:39 

 アメリカンフットボールの関西学生リーグは8日、兵庫・王子スタジアムで第2節の2試合があり、3年連続の甲子園ボウル出場を狙う関学大と関大が開幕2連勝。 関大「接戦嫌がらずにボールを動かす」
カテゴリー:

関学大4年生QB西野が奥野の不調をカバーする活躍 - 09月08日(土)21:53 

2年ぶりの優勝と学生日本一を目指す関学大が、神戸大を完封して開幕2連勝を飾った。雨中の戦いで先発したQB奥野耕世(2年)が本来の力を発揮できず。それでも後半からQB西野航輝(4年)が登場し、巧みなランとパスで試合を落ち着かせた。 奥野に…
カテゴリー:

慶大長田駿斗が多田にリベンジ 10秒34で初V - 09月08日(土)18:26 

男子100メートルは、慶大4年の長田駿斗(22)が向かい風1・4メートルの条件下、10秒34で初優勝を飾った。 17年世界選手権男子400メートルリレー銅メダリストの多田修平(22=関学大)は10秒36の3位、関東学生対校選手権を制した…
カテゴリー:

日本、アジア「金」は通過点 陸上男子400メートルリレー - 08月31日(金)11:12 

 もはやアジアの頂点は当然だ。ジャカルタ・アジア大会の陸上男子400メートルリレー決勝(30日)は、山県亮太(セイコー)、多田修平(関学大)、桐生祥秀(日本生命)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)で臨んだ日本が38秒16で快勝し、1998年大会以来20年ぶりの金メダルを獲得した。
カテゴリー:

もっと見る

「関学大」の画像

もっと見る

「関学大」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる