「長澤まさみ」とは?

関連ニュース

長澤まさみ 『キングダム』実写映画で魅せる体当たり艶技 - 07月22日(日)12:03 

我らが長澤まさみが、ついに世界に羽ばたく時が来たようだ。 「人気コミックが原作の『キングダム』が映画化され、キャストに長澤の名前があることが分かりました。大きな話題とな...
カテゴリー:

小栗旬、山田孝之、長澤まさみ、橋本環奈... 福田雄一監督の誕生会が「豪華すぎ」 - 07月20日(金)19:29 

実写映画「銀魂」などの作品で知られる映画監督の福田雄一さん(50)の誕生会に集まった著名人の顔触れに、インターネット上で「豪華すぎる」「すごい面子」などと驚きの声が相次いでいる。
カテゴリー:

ムーディ勝山 一発屋芸人から地方でレギュラーを6本抱える地方売れっ子になったワケ - 07月18日(水)08:40 

 「♪右から、右から、何かが来てる~」白のスーツ姿に蝶ネクタイ、ゴールドのマイクを持ち歌う「右から来たものを左へ受け流すの歌」でブレイクしたお笑いタレント・ムーディ勝山。2007年にはCM10本、紅白歌合戦にも出場するなど、一躍時の人となったが、その後は徐々に仕事が減少。いつしか世間からは“一発屋”と呼ばれるようになった。そしていま、ムーディは地方局にレギュラー番組を6本持つという好調ぶりを見せている。全国放送から消えた当時の心境、“一発屋”から現在の“地方売れっ子”になるまでの話を聞いた。 【写真】ミニトマトに「♪右から、右から」と歌い聞かせるムーディ ■「芸人人生の中で1番辛い時期」ブレイク後に続々と“ゾッとする”出来事が襲う  2008年から緩やかに仕事が減っていったというムーディ。全国テレビ放送からラジオ番組、地方の番組、最終的に営業と形を変えていき、とうとう仕事がパタリと途絶えた。 「正直、ブレイクしたときは、この状態が永遠に続くと思っていたんです。そのせいか、仕事がなくなったあとでも、“売れっ子”というプライドが自分の中に残っていて、状況を受け入れるのに苦労しました。当時は、これまでの芸人人生の中で1番辛く長い獣道にいましたね」  「芸人を辞める」という言葉が頭に浮かぶほど追い詰められていたムーディ。追い打ちをかけるように、芸能界にいる者にとってはゾッとしてし...more
カテゴリー:

『ミス・ワールド・ジャパン』ファイナリスト発表 代表候補に伊達政宗の子孫や高校生3人 - 07月17日(火)16:15 

 世界的なミスコンテスト『ミス・ワールド2018世界大会』に出場する日本代表のファイナリスト30人が17日、都内で発表された。タレントやモデル、会社員、高校生から3人、伊達政宗の子孫で慶應義塾大学生などが選ばれた。  ミス・ワールドは、世界3大ミスコンテストの一つで、1951年にイギリス・ロンドンで第1回大会が行われ、今年で68回目を迎える。本年のグランドファイナルは、11月から12月の間に中国で開催され、過去最多の131ヶ国が参加。日本代表として応募総数7210人(満17歳以上28歳以下の未婚の女性)の中から選ばれた30人のファイナリストが、グランドファイナルを経て世界の頂点を目指す。  伊達政宗の子孫であり政宗の時代から数えて伊達家21代目の慶應義塾大学4年生・伊達佳内子さん(21)は「高校時代から途上国支援の活動をしてきて、ミス・ワールドを通じて自分の中にあるプランを実現したい。負けず嫌いな性格なので、政宗公のお力を拝借して、これからの活動を頑張りたいと思います」と宣言。「小さいころから『眼帯はどこにやったの?』と言われて、その度に『ちょっとクリーニングに出してる』などと答えていました」と明かし、世界大会に出場したら「眼帯を付けるのか」と聞かれると「機会がございましたら」と笑わせた。  現役高校生で2年生の瀬名ののかさん(16)は「ミス・ワールドに応募した理由は女優を目...more
カテゴリー:

赤井英和、南美希子、橋本さとしらが「肩甲骨はがし」で肩こり解消!? - 07月16日(月)06:30 

7月16日(月・祝)放送の「名医のTHE太鼓判!SP」(夜7:00-8:57、TBS系)に、赤井英和、浅香唯、橋本さとし、藤本美貴、南美希子、宮崎美子ら肩こりに悩む芸能人が集結。肩こりの意外な原因や解消方法などを学ぶ。 【写真を見る】イケメンで肩こりのカギを握る「肩甲骨」の動きを確認!/(C)NHK 今回番組では、「肩甲骨はがしとモヤモヤ血管撃退で肩こり劇的改善! 血管若返りにんにくパワー2時間SP」と題し、日本人の多くが悩む「肩こり」について特集する。 まず、肩こりのカギを握る「肩甲骨」の可動域をチェック。赤井が10°、南、橋本が45°など“やや硬い”要注意レベルの人が続出する中、可動域を正常にするべく、肩がこりにくいという職業・お坊さんの動きをもとにした、肩こりをリセットする「肩甲骨はがし」に挑戦する。 また、スマホゲームに依存しているという浅香、長時間運転をしたり、同じ姿勢で台本を読むことが多い橋本の日常から今増えているという新型の肩こりも紹介。 整形外科・戸田佳孝先生が要因となる“一点を見詰める”を解消する体操を浅香らに指導したり、内科・森田豊先生が橋本に背骨を伸ばしておくためのアドバイスをする。 他にも、血がたまってしまう「うっ血」や長引く痛みの原因となる「モヤモヤ血管」の解消方法や重大な病気の可能性もある「肩こり」の注意点なども紹介していく。(ザテレビジョン) 【関連...more
カテゴリー:

アリス&すずの広瀬姉妹 (50歳=運送ドライバー) - 07月20日(金)21:43  news

最高のオカズの筆頭といえば、やはりアリス&すずの広瀬姉妹だろう。  すずも気がつけば20歳。アリスは23歳とまだ若く、キラキラと輝く2人には、“日本一美しい姉妹”の呼び声も高いだけに、妄想姉妹SEXの一番のネタとなっていることは間違いない。  「すずは発言も奔放で、男性関係も実はヤンチャとの噂もある。しかも、“隠れ巨乳”の持ち主であることも分かってきた。昨年公開された映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』でのユニホーム姿は、Eカップのまん丸巨乳が激しいダンスでバウンドしま...
»続きを読む
カテゴリー:

愛する人の素性が全て嘘だった… 長澤まさみ×高橋一生『嘘を愛する女』レンタル開始 - 07月18日(水)12:00 

 長澤まさみと高橋一生が共演し、「夫は誰だった?」というセンセーショナルな見出しで実在した新聞記事をベースに描かれた映画『嘘を愛する女』。今年1月の劇場公開初週には全国動員ランキング初登場2位(興行通信社調べ)を記録した本作のブルーレイ&DVDが、7月18日よりTSUTAYA先行にてレンタル開始される。【写真】長澤まさみ×高橋一生『嘘を愛する女』フォトギャラリー 『嘘を愛する女』は、新たな才能の発掘を目指し開催された映像作品の企画コンペ「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM」で、応募総数474本の中から見事初代グランプリを受賞し、映画化された作品。一流企業に勤める完璧なキャリアウーマンの川原由加利(長澤)は、5年間同棲中の恋人・小出桔平(高橋)と結婚を考えていたが、あることがきっかけで、由加利は桔平の“大きな嘘”に翻弄されていく。 共演は、長い髪とメガネがトレードマークでデジタル系に強い探偵の助手・木村役にDAIGO、桔平を一途に思いストーカーまがいの行動を繰り返す女子大生・心葉役に川栄李奈、そして最近では『おっさんずラブ』でコミカルな役どころを見せた吉田鋼太郎が一転、無愛想な元警察官の私立探偵・海原匠役を演じている。 メガホンを取ったのは『蒼い手』『single』の中江和仁監督。中江監督は本作を手掛ける前に、2008年にアジア最大規模の広告祭、ADFEST(アジア太平...more
カテゴリー:

山田孝之の姉・SAYUKIが第2子男児出産「広い世界を一緒に楽しもうね!」 - 07月17日(火)16:56 

 俳優の山田孝之(34)の姉で歌手・モデルのSAYUKI(38)が16日、第2子となる男児を出産した。17日に自身のブログやインスタグラムで報告した。 【写真】赤ちゃんの写真を添え出産報告したSAYUKI  SAYUKIは「2018年7月16日、元気な男の子が生まれました。とても安産で、感動の対面となりました。私も元気です!」と報告。「初産の時は死にものぐるいで出産して意識ももうろうとしていたので、出産は人それぞれ毎回違うと言うのは本当だなあ」と、しみじみと振り返った。  続けて、愛息の写真も添え「無事に生まれて来てくれてありがとう。これから広い世界を一緒に楽しもうね!」とつづると「今後とも親子ともどもよろしくお願いします」と結んだ。  SAYUKIは2014年に一般男性と結婚し、同年10月に第1子男児を出産した。 【関連記事】 【写真】美くびれにうっとり……山田孝之の姉・SAYUKIが抜群のスタイル披露 【アップショット】似てる?山田孝之の姉・SAYUKI 【画像】「山田孝之の1日受付」40分で2700万円超の大型落札 【写真】山田孝之の“極悪フェイス” 実写『ジョジョの奇妙な冒険』ビジュアル解禁 【写真】山田孝之&長澤まさみのキス寸前ショット
カテゴリー:

福士蒼汰・川上洋平 インタビュー 映画『BLEACH』が描く普遍的なヒーロー像  - 07月17日(火)11:00 

映画『BLEACH』主人公である黒崎一護を演じた福士蒼汰と主題歌・挿入歌を担当している[ALEXANDROS]の川上洋平に話を聞いた。ユウレイが見えること以外は普通の高校生がひょんなことから死神代行として活躍する漫画『BLEACH』。ストーリーこそ知らない人はいるかもしれないが、名前を耳にしたことがない人はいないのではないだろうか。それもそのはず、「週刊少年ジャンプ」で2001年から2016年まで連載され、単行本は全74巻にも及ぶ超人気コミックだ。これまでアニメ化はもちろん、ゲームや舞台にもその表現を広げてきた。そして、この夏、満を持して実写映画が公開される。原作でも人気が高い「死神代行編」を基軸に繰り広げられるストーリーは、ファンタジーな世界ながらも自分の呪縛と戦う主人公たちに共感せざるをえない。今回は、主人公である黒崎一護を演じた福士蒼汰と主題歌・挿入歌を担当している[ALEXANDROS]の川上洋平に映画の見どころや劇中歌に対する思いを語ってもらった。―お二人とも映画をご覧になったそうですが、特に印象に残っているのはどのシーンでしょうか。川上:僕が一番好きなのは最後のシーンなんですけど、それを話すとネタバレになっちゃうので(笑)。そのほかだと、家族のシーンが好きでしたね。食卓の場面で一護がお父さんの作ったご飯を食べないで自分の部屋に行っちゃうんですよ。すごく美味しそうだったか...more
カテゴリー:

【芸能】広末涼子がインスタをやらない理由 女優たちのSNSは諸刃の剣? - 07月14日(土)16:31  mnewsplus

 1995年に中学3年生で芸能界デビューすると、瞬く間にトップアイドルの座を獲得した伝説のアイドル・広末涼子(37)。今はしっとりした大人の女優となった彼女だが、1997~1998年頃の広末涼子を写した写真集『No Make』(集英社)のデジタル配信が、7月9日に始まった。「週刊プレイボーイ」No.30(集英社)では、「ヒロスエの頃。」と題して、広末涼子と『No Make』の撮影を行った熊谷貫氏の対談が掲載されている。  当時を振り返りながら今の気持ちを聞かれた広末は、今も昔も<悔しさをバネに前に進むことで、悲しかったりつらかっ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「長澤まさみ」の画像

もっと見る

「長澤まさみ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる