「鈴木京香」とは?

関連ニュース

小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子らが男たちを味わいつくす!『食べる女』の写真11枚 - 07月08日(日)21:15 

小泉今日子、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香と、いまを時めく豪華女優陣の共演が大きな話題となっている『食べる女』(9月21日公開)から、作品の雰囲気が伝わる場面写真11枚が到着した。 【写真を見る】小泉今日子演じる敦子(通称・トン子)の飼い猫・シラタマがかわいい!/[c]2018「食べる女」倶楽部 「食と性」をテーマに“自分を味わいつくす”ことの大切さを、年齢・職業・価値観も様々な8人の女たちの日常を通して描く、筒井ともみの短編小説集「食べる女 決定版」を筒井自身が脚本化した本作。 小泉今日子演じる餅月敦子(通称トン子)は雑文筆家であり、東京の古びた古本屋、通称“モチの家”の女主人だ。そんな“モチの家”には様々な女性たちが集まってくる。トン子の担当で男を寄せつけない書籍編集者、小麦田圭子に沢尻エリカ。その飲み仲間で、ぬるい彼に物足りないドラマ制作会社AP、白子多実子を前田敦子、求められると断れない古着セレクトショップ店員、本津あかりを広瀬アリス、バーの手伝いをしながら愛を貫くタフな女、茄子田珠美を山田優。2児の母であり夫と別居中のパーツモデル、米坂ツヤコを壇蜜。料理ができないあまり夫に逃げられた主婦、豆乃・リサ・マチルダをシャーロット・ケイト・フォックスが、それぞれ演じる。さらに、トン子の旧友で妖艶な魅力を振りまくごはんやの...more
カテゴリー:

8人の豪華女優が集結 小泉今日子主演『食べる女』シーン写真初解禁 - 07月06日(金)17:00 

 女優の小泉今日子が主演を務める映画『食べる女』から場面写真が初解禁。公開された全11点の写真には、豪華女優陣の共演や注目の男性キャストの姿が収められている。【写真】映画『食べる女』場面写真 食と性をテーマに“自分を味わいつくす”ことの大切さを、年齢・職業・価値観もさまざまな8人の女たちの日常を通して描いた筒井ともみの短編集を、筒井自身が脚本化した本作。8人の女性たちには、小泉のほか、沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香が扮する。男性キャストには、ユースケ・サンタマリア、池内博之、勝地涼、小池徹平らが顔をそろえ、生野慈朗監督がメガホンを取る。 今回解禁となった場面写真は、雑文筆家であり、古書店でもある一軒家の女主人・トン子(小泉)の家に集う女性陣の姿や、茄子田珠美(山田)が務めるBARでドラマ制作会社APの多実子(前田)が飲んでいるシーンなど、本編の雰囲気を捉えたもの。さらにトン子の旧友・美冬(鈴木)に料理を教わるマチ(シャーロット)の姿や、BARでの様々な人々の交流シーン、そして台所で一人卵かけごはんを食べるトン子など、物語のキーとなるシーンも収めされている。 また、トン子の担当で男をよせつけない編集者・ドド(沢尻)と冴えないオヤジサラリーマンのタナベ(ユースケ・サンタマリア)が向かい合う写真や、勝地涼の姿を捉えたものなど、男...more
カテゴリー:

鈴木京香・北村有起哉らイイ大人の仁義なき口げんか! - 07月04日(水)15:44 

日本でも『ART』『大人は、かく戦えり』(ロマン・ポランスキー監督で「おとなのけんか」として映画化)などが上演されているフランスの女性劇作家ヤスミナ・レザの最新作『大人のけんかが終わるまで』が、6月30日・7月1日の東京・THEATRE1010でのプレビュー公演を皮切りにスタートした。キャストは、メインとなる不倫中のカップルに鈴木京香と北村有起哉、彼らが出くわす夫婦に板谷由夏と藤井隆、その姑に麻実れいという“大人の”充実した顔ぶれ。そんな5人の浅いような深いような会話で編み上げたレザ戯曲を、自身のセンスも交えて上演台本にしたのは岩松了。今春に文学座を退座し新たな一歩を踏み出した演出家・上村聡史が、それらを束ねて人間くさくも洒落た悲喜劇に仕上げた。チケット情報はコチラ(PC)ローリング・ストーンズ「サティスファクション」が流れる冒頭。シングルマザーのアンドレア(鈴木)と妻子持ちのボリス(北村)は粋なレストランでデート中だが、些細なことから口論が始まる。帰ろうと車を発進させたそのとき、ある奇妙な老女と接触。その女性・イヴォンヌ(麻実)は、ボリスの妻の親友・フランソワーズ(板谷)の夫(厳密には内縁関係)・エリック(藤井)の母であり、彼らもイヴォンヌの誕生日を祝いに、このレストランを訪れていた。「一杯だけでも」とアンドレアたちを誘ったエリックの一言で、2組のカップルと老女が織り成す嵐のよう...more
カテゴリー:

卵かけごはんにパクつく小泉今日子がチャーミング! 豪華キャスト共演の映画『食べる女』場面写解禁 - 07月06日(金)19:00 

筒井ともみさんの短編オムニバスを、自身が脚本を担当して映画化した『食べる女』。公開日が2018年9月21日とアナウンスされるのに合わせて場面写真が解禁。小泉今日子さんが演じるトン子こと餅月敦子が、卵かけごはんを食べるチャーミングな姿など、「自分を味わいつくす」というテーマに沿ったシーンが想像をかき立てられます。 トン子は雑文筆家で古書店お東京の古びた日本家屋の一軒家“モチの家”の女主人。そこに集まる女性は年齢も職業も価値観もさまざまです。 トン子の担当で男をよせつけない書籍編集者・小麦田圭子役は沢尻エリカさん、圭子の飲み仲間でぬるい彼が物足りないドラマ制作会社AP・白子多実子役は前田敦子さん、求められると断れない古着セレクトショップ店員・本津あかり役は広瀬アリスさん、BARの手伝いながらタフな愛を貫く茄子田珠美役に山田優さん、2児の母で夫と別居中のパーツモデル・米坂ツヤコ役に壇蜜さん、料理ができないあまり夫に逃げられた主婦の豆乃・リサ・マチルダ役にシャーロット・ケイト・フォックスさん、トン子の旧友でごはんやの女将・鴨舌美冬役に鈴木京香さんと、豪華なキャストが揃っています。 “モチの家”での交流するシーンや、美冬がマチに料理を教える場面、圭子と多実子が何やら話すシーンなど、女子の友情も感じさせます。そこにユースケ・サンタマリアさん、池内博之さん、勝地涼さん、小池徹平さん、眞木...more
カテゴリー:

自分を味わいつくす小泉今日子らを活写「食べる女」場面写真一挙公開! - 07月06日(金)17:00 

 小泉今日子主演で、筒井ともみ氏の小説を映画化する「食べる女」の場面写真が、このほど一挙にお披露目された。物語の中心となる古書店「モチの家」での光景や、恋や人生に迷う女性たちの交流を切りとっている。 ・【フォトギャラリー】「食べる女」場面写真  「失楽園」などの脚本で知られる筒井氏の「食べる女」「続・食べる女」(2冊の内容を収めた「食べる女 決定版」が8月末刊行予定)を基に、小泉のほか沢尻エリカ、前田敦子、広瀬アリス、山田優、壇蜜、シャーロット・ケイト・フォックス、鈴木京香が共演し映画化。年齢、職業、価値観もさまざまな8人の女性の日常を通して、“食”と“性”の本来のあり方、“自分を味わいつくす”ことの大切さを描く。  公開された場面写真では、猫を抱きかかえる古書店「モチの家」の女主人・餅月敦子(小泉)や、「モチの家」に集う女性たちの姿を活写。そのほか、仕事をバリバリとこなす編集者・小麦田圭子(沢尻)と冴えないサラリーマン・タナベ(ユースケ・サンタマリア)の2ショット、主婦の豆乃・リサ・マチルダ(ケイト・フォックス)が、ごはん屋「道草」の女将・鴨舌美冬(鈴木)が料理を習う光景に加え、敦子が美味しそうな卵かけごはんを台所でほお張っている様子など、物語のキーとなるカットばかりだ。  「食べる女」は、生野慈朗監督がメガホンをとり、池内博之、勝地涼、笠原秀幸、小池徹平、間宮祥太朗、遠...more
カテゴリー:

鈴木京香×北村有起哉ら不倫カップル 大人のコメディ - 07月03日(火)18:10 

『大人のけんかが終わるまで』のプレビュー公演が6月30日、7月1日にシアター1010で上演された。愛知、静岡、岩手ののち、7月14日(土)から29日(日)まで東京・日比谷・シアタークリエ、その後、大阪、広島、福岡、愛媛、兵庫と続く。【チケット情報はコチラ】(PC)フランス発の“滑稽な大人のコメディ”に挑戦するのは、気鋭の演出家、上村聡史。ある一夜に偶然出会った大人たちの、切実かつしょうもないけんかを描く。不倫中のアンドレア(鈴木京香)とボリス(北村有起哉)は、お洒落なレストランの駐車場で大げんか。奥さんの勧めたレストランに連れてきたことを「デリカシーがない!」と非難され、嫌気がさしたボリスは「もう帰ろう」と車を発進させる。しかしその時、誤って老女イヴォンヌ(麻実れい)を轢いてしまう!?しかも居合わせた老女の息子エリック(藤井隆)の嫁フランソワーズ(板谷由夏)は、ボリスの妻の親友だったので、大変!不倫関係を誤魔化そうとするボリス。蔑ろにされヒステリックになるアンドレア。認知症のイヴォンヌ。その母を甘やかすエリックと、母子に振り回されるフランソワーズ……5人の勝手な思いが混線し、それぞれ我慢していた感情が浮き彫りになっていく。大人たちの身勝手なやり取りを笑っているうち、ふとこちらも真顔になってしまう瞬間が恐ろしい。作品の魅力について、鈴木は「どのキャラクターにもイヤな人がいない、どこか...more
カテゴリー:

「鈴木京香」の画像

もっと見る

「鈴木京香」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる