「金融政策」とは?

関連ニュース

日銀で飛び交う「消費の低下はネット通販のせい」というトンデモ論 もっと別のことを話した方が… - 07月22日(日)16:37  liveplus

そもそも的が外れている 「ネット通販の拡大が消費を押し下げている」 このような主旨の議論を繰り広げているのは、ほかならぬ日本銀行である。 日銀は6月18日、ネット通販の拡大が消費者物価(除く生鮮食品、エネルギー)の伸び率を0・1~0・2ポイント程度押し下げるとする試算結果を発表。ネットで過熱する価格競争が実店舗の売り上げにも影響を与えていることを指摘した。 「2%」のインフレ目標達成時期を未定としたものの、依然として物価上昇は日銀の金融政策の大きな柱だ。だが、消費者がより便利で安いものを求めるのは当...
»続きを読む
カテゴリー:

長期金利が上がるかもしれん - 07月22日(日)10:44  news

 日銀が、大規模な金融緩和策で「0%程度」としている長期金利の誘導目標の柔軟化を 検討することが20日、分かった。一定程度の金利上昇を容認する。物価の伸び悩みで日銀が 掲げる2%の物価上昇目標の実現が展望できない中、現在の緩和策は一段と長期化する見通し。 金融機関の収益悪化や国債取引の低迷など副作用を軽減しつつ、緩和長期化に備えるのが狙いだ。  7月末に開催する金融政策決定会合で検討する。ただ日銀内には長期金利目標の引き上げに 慎重な声もある。会合では具体策をめぐり突っ込んだ議論となりそうだ...
»続きを読む
カテゴリー:

【NY市場】円高進む トランプ氏のドル高不満ツイートで動揺広がったため - 07月21日(土)12:01  newsplus

2018年7月21日9時27分 朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/sp/articles/ASL7P2PNTL7PUHBI008.html?iref=sp_new_news_list_n  米国のトランプ大統領がドル高や米利上げを批判する異例の発言を繰り返したことを受け、20日のニューヨーク外国為替市場ではドル売りが優勢となり、円相場は円高ドル安が急速に進んだ。午後5時(日本時間21日午前6時)時点では1ドル=111円43~53銭で、前日の同時刻に比べ1円00銭の円高ドル安となっている。  トランプ氏は20日朝、「中国や欧州連合(EU)が金利を低くして為...
»続きを読む
カテゴリー:

日銀、次回会合で緩和政策の持続可能性を高める方策を議論=関係筋 - 07月20日(金)23:37 

[東京 20日 ロイター] - 日銀は30、31日の金融政策決定会合で、鈍い物価動向を踏まえ、物価2%目標の実現に向けて金融緩和策の持続可能性を高める方策の検討に入った。金融緩和政策の長期化が避けられない情勢の中、金融仲介機能や市場機能の低下など副作用の強まりに配慮し、現行の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール政策、YCC)付き量的・質的金融緩和における長期金利目標やETF(上場投資信託)など資産買い入れ手法の柔軟化などが選択肢になるもようだ。
カテゴリー:

6月消費者物価指数0・8%上昇、原油除けば縮小 日銀 物価見通し下方修正へ - 07月20日(金)21:58 

 総務省は20日、6月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)が前年同月比0・8%上昇の101・0だったと発表した。伸び率は5月の0・7%から拡大し4カ月ぶりに前月を上回った。ただ、原油高に伴うガソリンや灯油などの値上がりが主な要因で、エネルギー以外の伸びは引き続き弱い。日銀は30、31日に開く金融政策決定会合で、平成30年度以降の物価見通しを下方修正するとみられる。
カテゴリー:

【貿易摩擦】G20、貿易戦争に懸念相次ぐ 日本は人民元安説明要求 - 07月22日(日)10:51  bizplus

アルゼンチンのブエノスアイレスで21日開幕した20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は初日の討議を終えた。米国発の貿易戦争について、各国から懸念する声が相次いだ。日本政府は中国人民元の下落について問題を提起した。資金流出が続く新興国からは欧米の急激な利上げを警戒する声も上がった。 会議では6月の主要7カ国(G7)首脳会議に続き、米国発の貿易戦争が主要な争点となった。世界経済のリスクへの対応について議論する場では、ほぼすべての国から貿易戦争が経済に及ぼす影響について言及した。 会議では為替問題も...
»続きを読む
カテゴリー:

【トランプ政権】ドル高是正策、G20の争点に浮上 貿易に続く火種に - 07月21日(土)16:46  bizplus

アルゼンチンで21日開幕する20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で、ドル高是正策が争点として急浮上してきた。トランプ米大統領は20日に「ドル高が我々の競争力を奪っている」と主張。欧州連合(EU)などの低金利政策に批判の矛先を広げた。米国がドル高を嫌って各国の金融政策にまで口を出せば、貿易戦争に続く混乱を引き起こす。 トランプ氏の発言でドル相場は急落したが… 2018年7月21日 12:03 [有料会員限定]日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33252960R20C18A7EA2000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

タブー破り、金融政策に干渉 トランプ米大統領が利上げ批判、FRB独立性脅かす - 07月21日(土)05:59 

 トランプ米大統領は19日、米金融当局による利上げを批判した。ホワイトハウスは20年余りにわたり、金融当局の独立性を尊重する立場から金融政策に干渉するのを避けてきたが、トランプ氏はこの伝統を破った。
カテゴリー:

トランプ米大統領、FRBの利上げを再度批判 「米国の競争力奪う」 - 07月20日(金)23:26 

[ワシントン 20日 ロイター] - トランプ米大統領は20日、利上げが米国の競争力を奪い、米経済に打撃を与える可能性があるとして、連邦準備理事会(FRB)の金融政策をあらためて批判した。
カテゴリー:

トランプ氏 FRB利上げ「うれしくない」 7/20 9:33更新 - 07月20日(金)09:33 

アメリカのトランプ大統領は19日、FRB(=連邦準備制度理事会)の利上げについて「うれしくない」と述べた。独立性が問われる金融政策に大統領がコメントするのは異例のことで、批判も出そうだ。
カテゴリー:

もっと見る

「金融政策」の画像

もっと見る

「金融政策」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる