「金融庁」とは?

関連ニュース

【仮想通貨】ビットコイン、ついに6000ドルを下回る マウントゴックスは民事再生手続き開始 - 06月25日(月)18:32  newsplus

 ビットコインは6月22日に6000ドルを下回った。ただ、米CNBCに出演した米投資機関Brian Kelly Capitalのブライアン・ケリーCEO(最高経営責任者)は、1年前の水準が2500ドル前後だったことを考えれば、今の弱気相場はビットコインの終わりを意味するものではないと語った。 ビットコインチャート=CoinDesk 確定申告に向けた売り圧力、仮想通貨取引所のハッキング事件、100億ドルに上るICO(Initial Coin Offering、仮想通貨の新規公開)などの複数の要因が、現在の弱気相場を形成したという。  ケリー氏は、日本の金融庁が6月...
»続きを読む
カテゴリー:

【注意喚起/東京】ニセ電話詐欺 警察官を装い「キャッシュカードを郵便受けにいれるよう指示」 都内で今年23件 - 06月25日(月)10:00  newsplus

警察官を装うニセ電話で、自宅の郵便受けにキャッシュカードや現金を入れるよう指示され、だまし取られる被害が今年に入り、都内で二十三件、計約二千七百万円分(六月二十一日現在)と相次いでいる。 (福岡範行) 詐欺グループが、受け取り役の不自然な言動を見抜かれないよう警戒し、顔を見られるのを避けていると、警視庁はみている。多摩地域の一戸建て住宅で被害が目立つという。 八王子市の八十代の女性宅には五月九日正午ごろ、警察官を名乗る男から「あなたのカードを外国人グループがスキミング(不正読み取り)し、買い...
»続きを読む
カテゴリー:

金融庁、bitFlyerなど仮想通貨交換6社に業務改善命令--テックビューロは2度目 - 06月23日(土)15:44 

金融庁は、bitFlyerなど仮想通貨交換業6社に対して業務改善命令を発出したと発表した。業務改善命令を受けたのは、bitFlyer、QUOINE、ビットバンク、BTCボックス、ビットポイントジャパン、テックビューロの6社。すべて仮想通貨交換業の登録業者であり、テックビューロは2回目の改善命令となる。
カテゴリー:

「優良地銀」の看板にチヤホヤされて...... スルガ銀行が凋落したワケ!?(大関暁夫) - 06月23日(土)09:00 

地方銀行のスルガ銀行で、サブリースローンと言われる不動産投資融資に端を発し、リスクの高い融資案件が内部不正により大量に審査を通していたなど、組織ぐるみの不正行為が明らかになり、問題化しています。 スルガ銀行といえば、マイナス金利に喘ぐ地方銀行界にあって、独自のビジネスモデルで高い収益を上げ監督官庁である金融庁からも「優良地銀」の手本のように持ち上げられてきた銀行です。貸出金利が比較的高い個人ローンの残高を伸ばすことで地銀ナンバーワンと言われる収益を稼ぎ、「優良地銀」の地位を築いてきたのです。常識では考えられない現象の裏にある「心理」 不正のメカニズムはじつに簡単です。順調に収益を積み上げることで、収益ナンバーワン地銀の地位を確固たるものにし金融庁の「おぼえ」もますますよくしたい。そんな思いから収益増強というトップの大号令が、無条件に部下たちを高収益融資実行に向かわせ、書類改ざんなどによるザル審査状態をつくり上げたと言えそうです。 この手の組織ぐるみ不正の問題、特に大手企業で業種を問わず続発しているように思えます。たとえば、東芝の不正会計やタカタのエアバック事故問題。どちらもスルガ銀行のケースと同じく、本来はやってはいけない対応をしていたり、やるべき対応を怠っていたりすることで、最終的に経営を揺るがすような大問題に発展すること至ってしまうのです。 これらの常識では考えられない現象の裏...more
カテゴリー:

仮想通貨健全化へ進む「淘汰」も 金融庁の改善命令、業界再建促す - 06月22日(金)22:27 

 金融庁が仮想通貨交換業者最大手の「bitFlyer」(ビットフライヤー)など登録業者6社に業務改善命令を出したのは、未熟な業界を抜本的に立て直す狙いがある。行政処分を通じて、巨額のシステム投資や人員増などを促し、業界の健全性を高めていきたい考え。財務基盤の強固な大手以外は生き残りが難しくなり、業者の「淘汰(とうた)」が進む可能性もある。
カテゴリー:

金融庁、仮想通貨交換業者6社に業務改善命令【フィスコ・ビットコインニュース】 - 06月25日(月)16:09 

*16:09JST 金融庁、仮想通貨交換業者6社に業務改善命令【フィスコ・ビットコインニュース】。
カテゴリー:

購入方法は? 口座は? 確定申告は?「仮想通貨」Q&A - 06月24日(日)17:00 

さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYOFMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。6月16日(土)放送のテーマは「仮想通貨」。パソコンやスマートフォンの中でデジタル情報として存在している新しい通貨「仮想通貨」は、円やドルといった法定通貨と違い、国による管理や保障はありません。それでも人々がお金として信用して使えるシステムを開発したことが画期的で、「金融革命」という声も上がるほど。現在はビットコインのほかにもさまざまな仮想通貨が流通し、若者を中心に注目が集まっています。今回はそんな「仮想通貨」について、TOKYO FMの番組の中で詳しい方に教えていただきました。 (TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」2018年6月16日(土)放送より) 購入方法は? 口座は? 確定申告は?「仮想通貨」Q&A ◆「仮想通貨を購入する方法」 株式会社DMM Bitcoin 代表取締役 田口仁さん ── どうやったら仮想通貨を買えるんですか? 日本人が仮想通貨を購入する場合、日本円で仮想通貨を購入するのが一般的だと思います。そうすると、日本で営業している仮想通貨の取引所や交換所で購入することになるでしょう。現在は16社が登録されていて、代表的と言われるのはビットフライヤー(bitFlyer)、ザイフ(Zaif)、コインチェック(Coincheck)、GMOコインなど。私どもD...more
カテゴリー:

【仮想通貨】ビットコイン、9%の急落 金融庁の業務改善命令後に[06/23] - 06月23日(土)12:13  bizplus

金融庁が22日に仮想通貨交換業者6社に対して業務改善命令を出したあと、 ビットコインの価格が約9%下落した。CNBCが報じた。 CoinDeskによると、ビットコインは2月6日以来初めて6400ドルを切り、6081ドルまで下がった。 対象となったのは大手ビットフライヤーを含む6社で、マネーロンダリング対策が不十分だとすることが理由。 米仮想通貨投資会社BKCMの創設者であるブライアン・ケリーCEOは、 「長期的にはこれはより良い生態系を構築し、これが正当な資産クラスであることを確かにする」と指摘した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

金融庁、仮想通貨6社に改善命令 資金洗浄対策など不十分 - 06月23日(土)05:00 

金融庁は22日、仮想通貨交換業者大手のbitFlyer(ビットフライヤー、東京)など計6社に対し、資金決済法に基づき業務改善命令を出したと発表した。立ち入り検査…
カテゴリー:

仮想通貨6社に改善命令 金融庁、資金洗浄対策が不十分 - 06月22日(金)21:57 

 金融庁は22日、仮想通貨交換業者最大手の「bitFlyer」(ビットフライヤー、東京)など交換業者計6社に対し、資金決済法に基づき業務改善命令を出したと発表した。立ち入り検査の結果、マネーロンダリング(資金洗浄)対策などの体制が不十分だと判断した。金融庁の審査を通過した登録業者は現在16社あるが約4割の業者が対象となる異例の行政処分で、来月23日までに改善計画を提出するよう求めている。
カテゴリー:

もっと見る

「金融庁」の画像

もっと見る

「金融庁」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる