「金融市場」とは?

関連ニュース

コラム:市場に新たな不確実性、ノイズか脅威か=村上尚己氏 - 06月19日(火)15:59 

[東京 19日] - 2018年の金融市場は不安定なままだが、世界経済については、足元までの企業景況感の動きを踏まえれば、米国に支えられて2017年同様の高成長が続いていると判断できる。
カテゴリー:

ECBは緩和継続可能性も 金融・政治面で不透明感高まる - 06月13日(水)05:00 

 12、13両日の米連邦公開市場委員会(FOMC)と14日の欧州中央銀行(ECB)定例理事会では、世界的な金融危機後に導入した政策アプローチからゆっくりと離れる姿勢を確認すると同時に、そのスピードは一様ではなく、違いはさらに鮮明になる可能性がある。金融市場にとっては興味深い問題が浮上する。
カテゴリー:

来週の日本株は一進一退、重要イベントこなしつつ方向感を探る - 06月08日(金)15:44 

[東京 8日 ロイター] - 来週の東京株式市場は、一進一退の展開が見込まれる。米朝首脳会談や日米欧の中銀会合など重要イベントが目白押しで、市場はこれらの日程をこなしながら方向感を探ることになる。米中貿易戦争の懸念後退や堅調な米景気は支えだが、米政策金利見通しに変化があれば、週後半にかけて金融市場全般に値動きが荒くなる可能性もある。
カテゴリー:

コラム:凋落のドイツ銀が市場に生む「疑心暗鬼」 - 06月08日(金)10:18 

[ロンドン 6日 ロイター] - ドイツ銀行の評判は近年、劇的に失墜しているが、恐らく最も驚くべきは、それでも世界の金融市場において欧州最大のプレイヤーであり続けているということだろう。
カテゴリー:

6月12日に実施される米朝首脳会談、朝鮮半島「非核化」と金融市場の反応についてエコノミストが徹底調査 - 06月06日(水)12:00 

[株式会社マネースクエア]  4月27日、歴史的な南北首脳会談において、朝鮮半島の完全な「非核化」に向けた合意がなされました。これを受けて、6月12日の米朝首脳会談開催(シンガポール)が決定されましたが、その後、トランプ大統領によ...
カテゴリー:

コラム:ヘッジファンドがハットトリック、ユーロ安など的中 - 06月19日(火)12:07 

[ロンドン 18日 ロイター] - 先週の金融市場はユーロ安が進行して米利回り曲線がフラット化し、ボラティリティは低下した。ヘッジファンドはこの3つの動きをいずれも見事に的中させ、「ハットトリック」を達成した。
カテゴリー:

一進一退、重要イベントこなしつつ方向感を探る=今週の東京株式市場 - 06月11日(月)07:42 

[東京 11日 ロイター] - 今週の東京株式市場は、一進一退の展開が見込まれる。米朝首脳会談や日米欧の中銀会合など重要イベントが目白押しで、市場はこれらの日程をこなしながら方向感を探ることになる。米中貿易戦争の懸念後退や堅調な米景気は支えだが、米政策金利見通しに変化があれば、週後半にかけて金融市場全般に値動きが荒くなる可能性もある。
カテゴリー:

コラム:テクノロジーとETF、共鳴するブームの落とし穴=重見吉徳氏 - 06月08日(金)11:38 

[東京 8日] - 前回のコラムでは、現在の金融市場を支える「7つのブーム」を示した。改めてお伝えすれば、それらは、流動性、生産効率化、合併・買収(M&A)、自社株買い、レバレッジ、テクノロジー、上場投資信託(ETF)を巡るブームであり、前回は、そのうち前者5つに関して整理をした上で、それぞれが直面しつつある壁について検討した。
カテゴリー:

コラム:金融市場支える「7つのブーム」に迫る壁=重見吉徳氏 - 06月06日(水)16:46 

[東京 6日] - 金融市場は、「7つのブーム」で支えられていよう。それらは、流動性、生産効率化、合併・買収(M&A)、自社株買い、レバレッジ、テクノロジー、上場投資信託(ETF)を巡るブームだ。
カテゴリー:

焦点:イタリアは「ギリシャ化」するか、ユーロ巡る5つの疑問 - 06月06日(水)11:33 

Alastair Macdonald [ブリュッセル 1日 ロイター] - イタリアで新内閣が発足したことにより、ユーロ圏離脱の是非を問う事実上の国民投票となっていたかもしれない再選挙の可能性を恐れていた金融市場は安心感に包まれた。 以下は、イタリア政局を巡る5つの疑問への答えである。 ●イタリアはユーロ圏から離脱するのか。 それは絶対にない。 3月の総選挙後から政治的空白が続いていた
カテゴリー:

もっと見る

「金融市場」の画像

もっと見る

「金融市場」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる