「野球少年」とは?

関連ニュース

大谷翔平に受け継がれる「イチロー魂」 - 05月21日(月)19:30 

 孤高の天才から驚異の二刀流へ。伝説となることが宿命づけられた2人。劇的な一瞬の交錯を経て、そのバトンは確かにつながった!  ゴールデンウィークの真っ最中、5月4日から行われたメジャーリーグ・マリナーズ対エンゼルスの3連戦は、開幕前から全米の、いや日米の全野球ファンの熱い注目を集めていた。メジャーの歴史を変えようとしている二刀流・大谷翔平と殿堂入り確実といわれるレジェンド・イチローの直接対決が行われる可能性があったからだ。「日本からツアーも企画され、チケットは飛ぶように売れましたが、結局、対戦することはありませんでした」(スポーツ紙デスク)  エンゼルス戦の直前、マリナーズが重大発表を行ったからだ。それは、イチローが今季は選手として試合に出場せず、新たに会長付特別補佐に就任するというもの。事実上の引退のようにも見えるが、「そうではない」というのは、スポーツジャーナリストの福島良一氏だ。「選手としては戦力外でも、イチローは以前から公言しているように50歳まで現役を続けたいわけですから、その意を汲んだ決定だったと思います」  このような特別な契約が結べるのは、イチローの数々の業績があってこそ。01年シーズン、海を渡った初年度にア・リーグ新人王とMVPをダブルで獲得。MLB単独の記録だけでも、10年連続200安打、8年連続3割30盗塁、10年連続ゴールドグラブ賞受賞、年間安打...more
カテゴリー:

被災地復興支援に高齢者再雇用etc. あまり表には見えていない「ネスレ日本」の取り組み - 05月15日(火)09:00 

「キットカット」や「ネスカフェ」でおなじみのネスレ日本。扱っている商品は有名だが、実は同社、被災地復興支援や新しい就活制度・高齢者再雇用、ホスピタリティにこだわった特別なコールセンターなど、様々な取り組みを行っていることをご存じだろうか。こうした企業による社会貢献的な側面の強い活動は、あまり知られていないので、ちょっとご紹介していこう。■東北復興に向けた取り組みネスレ日本は東日本大震災から立ち上がろうとする三陸鉄道を、世界の人たちと一緒に応援するために「キット・ずっとプロジェクト」というプロジェクトを2012年3月から行っている。まず2011年東日本大震災が発生した直後、水、チョコレート、ペットボトルコーヒー、栄養補助即品、ペットフードなどを救援物資として緊急送付したネスレ日本。そんな中、復旧作業の目処も立たず、関係者の安否確認などで混乱が続く中、被災地に一つの段ボールが届いた。「きっと、復旧かなう」と書かれた段ボールの中には、ぎっしりと詰まった「キットカット」が入っていたという。その話をネスレが聞きつけ、三陸鉄道の応援を即決したのだという。そしてプロジェクト立ち上げ以降、岩手県沿岸部の地域住民にとっての重要な移動手段であった三陸鉄道とともに、駅舎や車両のラッピング、日本一を目指す地域密着型草野球チームの設立や、市民野球場の復旧支援及び街ぐるみのこけら落としイベントを通じて、大人か...more
カテゴリー:

VRが夢を叶える?!大阪梅田でメジャーリーグのバッターボックスを体感 - 05月20日(日)07:24 

[ちちんぷいぷい―毎日放送] 2018年5月11日放送の「今日の☆印」のコーナーで、VR(バーチャル リアリティ)で体感できる大谷投手の球速について紹介していました。500円で楽しめる大谷選手級の速球大阪梅田にある、スポーツショップ「ミズノオオサカ茶屋町」の6階には野球とソフトボールの用品を扱うフロアがあり、バットやグラブが各300点以上並んでいます。その中に、本格的な野球VRの体験ブース「ヴァーチャルボールパーク」があります。VRとは、仮想現実を体感できる技術です。ここではゴーグルから流れる映像に合わせ、捕球やバッティングを体験できます。映像は、実際のメジャーリーグの球場で、ナイターリーグをイメージして作られています。1プレイ500円(税込み)でキャッチング5球、バッティング10球をそれぞれ体験できます。現実世界のグラブが仮想空間の映像とリンクしていて、グラブに取り付けられたセンサーが映像と連動して振動し、実際にボールをキャッチした感覚が伝わるようになっています。変化球や球速など10種類以上ある球の中から選んで、受けたり打ったりすることができます。ヴァーチャルボールパークで、大谷選手と同じ時速165キロメートルの速球や、人類最速の球速171キロメートル、200キロメートルなど様々なスピードを体感できるのです。VRなので安全に体感でき、7歳以上であれば体験可能です。大谷投手レベルの...more
カテゴリー:

【音楽】<離婚した“宇多田ヒカル”>惚れ込んだ8歳下の“若手アーティスト” - 05月14日(月)05:57  mnewsplus

“天才少女”もすっかり大人の女性に  15歳のとき「Automatic」で鮮烈なデビューを果たした宇多田。02年には19歳の若さで写真家・映画監督の紀里谷和明氏(49)と一度目の結婚をしたものの4年半で離婚。 「10年の夏、『来年からしばらくアーティスト活動をやめ人間活動に専念する』と無期限の活動休止を発表し、仕事はスローペースに。13年8月には母の藤圭子さんが突然の死を遂げ、大きなショックを受けた宇多田を周囲は心配していた」(芸能記者)  そんな宇多田を支えたのが、今回離婚した8歳年下のイタリア人・F氏だった。 「...
»続きを読む
カテゴリー:

「野球少年」の画像

もっと見る

「野球少年」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる