「酸素不足」とは?

関連ニュース

副操縦士タバコを吸い誤って客室の空調を止め酸素不足になり8000m急降下 中国旅客機 - 07月13日(金)16:32  news

中国の旅客機が、飛行中、客室内の酸素不足になるトラブルがあり、機体が 約8000メートル急降下する事態になった。 中国の上空を飛ぶ飛行機内の映像では、上から酸素マスクが下りている様子が確認できる。 今月10日、香港から大連へ飛行中の中国国際航空の旅客機が、突然、高度1万1000メートルから、 約8000メートル急降下し、乗客が一時、酸素マスクをつける事態になった。 中国の航空当局によると、副操縦士が、飛行中に機内で電子タバコを吸い、煙が客室まで広がるのを 防ぐため空気の循環を止めようとした...
»続きを読む
カテゴリー:

【タイ洞窟】タイ洞窟から少年とコーチ、全員無事救出 今までのまとめ どうやって助けたか、今後のことなど詳細(地図や図解付き) - 07月11日(水)21:33  newsplus

https://www.bbc.com/japanese/44789754 タイ洞窟から少年とコーチ、全員無事救出 2018年07月11日 タイ北部のタムルアン洞窟で10日夜、中に閉じ込められていた少年12人とサッカー・コーチの計13人のうち、最後の少年4人とコーチが水路を潜り無事脱出した。その約3時間後には、洞窟内で少年たちと留まっていた海軍ダイバー3人と医師も生還した。17日間も洞窟内にいた13人の救出に、タイ国内外で多くの人が安心し、喜んでいる。 タイ海軍特殊部隊はフェイスブックで、「これは奇跡なのか科学なのか、一体何なのかよくわからない。『...
»続きを読む
カテゴリー:

残る9人の早期救出に全力=洞窟に空気ボンベ補充-タイ - 07月09日(月)17:20 

 【チェンライ(タイ北部)時事】タイ北部チェンライ郊外の洞窟に閉じ込められた少年ら13人の救出で、救助隊は9日、洞窟内に残る9人を連れ出すため、空気ボンベを洞窟に補充する作業を行った。救助隊は8日、4人を救出後、空気ボンベなど機材が不足したため、活動を中断していた。 現場は8日夜から9日朝にかけ、雨が降り続いた。海軍特殊部隊は救出活動に影響はないとみており、9人の早期救出に全力で取り組んでいる。 アヌポン内相は記者団に対し、「最も重要なのは多くの空気ボンベを運び込み、少年らが避難している場所までの経路に備えることだ」と強調した。避難場所から入り口までは片道6時間程度かかるため、予備の空気ボンベが必要となっている。 救出では少年1人に潜水士2人が付き添う。内相は「4人を連れ出した潜水士は洞窟内の地形や救出手順が分かっており、残る9人の救出も担当する」と説明した。また、8日の救出でミスがあったことを明らかにし、「繰り返してはならない。同じ潜水士が活動に当たれば改善できる」と語った。 洞窟内の水位上昇や酸素不足が懸念される中、救助隊は8日午前10時(日本時間同日正午)、救出を開始。午後8時(同10時)前までに最初の4人が助け出された。6月23日に消息を絶ってから16日ぶりに救出された4人は、チェンライ市内の病院に搬送され、検査を受けている。 【時事通信社】
カテゴリー:

【タイ洞窟】すぐには救出試みず 天候と酸素に懸念も 地上では100以上の穴を掘削も有望とは言えず - 07月08日(日)03:03  newsplus

https://www.cnn.co.jp/world/35122087.html タイ洞窟閉じ込め、すぐには救出試みず 天候と酸素に懸念も 2018.07.07 Sat posted at 10:36 JST タイ・チェンライ(CNN) タイ北部チェンライ県の洞窟にサッカーチームの少年ら13人が閉じ込められている件で、タイ当局は7日、直ちに救出を試みることはないと述べた。ただ、洞窟内は酸素レベルが低く、今後の悪天候も予想されることから、懸念の声が上がっている。 チェンライ県知事は7日未明、記者団から救出作戦について問われ、「今日ではない」と述べた。 救助作戦に詳し...
»続きを読む
カテゴリー:

中国旅客機が急降下 副操縦士タバコ吸い? 7/13 16:05更新 - 07月13日(金)16:05 

中国の旅客機が飛行中、客室内の酸素不足になるトラブルがあり、機体が約8千M急降下した。中国の航空当局によると、副操縦士が機内で電子タバコを吸い、煙が広がるのを防ぐため空気の循環を止めようとしたが誤って空調を停止、客室が酸素不足になった。
カテゴリー:

タイ洞窟閉じ込め 救出作業続く、焦点は少年らの健康状態へ - 07月09日(月)17:40 

タイ北部のタムルアン洞窟に先月下旬からサッカーチームの少年12人とコーチが閉じ込められていた問題で、8日に少年4人が無事に洞窟を脱出した。救出活動が続く中、今後の焦点は少年らの健康状態に移りそうだ。 健康問題の専門家は、タイ当局は最初に、少年らが洞窟の中にいた際にどのくらい酸素不足にさらされたのか確認を行うだろうとの見方を示す。タイ当局は6日、洞窟の中の酸素レベルが危険な水準である15%に落ち...
カテゴリー:

洞窟から2人救出=残る11人に全力-タイ - 07月08日(日)21:14 

 【チェンライ(タイ北部)時事】タイ北部チェンライ県の洞窟に閉じ込められたサッカーチームの少年12人と男性コーチを脱出させる作業が8日始まり、当局筋によると、2人が遭難から15日ぶりに救出された。当局は残る11人の救出に全力を挙げる。 当局者によると、7日時点で洞窟入り口付近の水位が下がっていたのに加え、荒天が近づいていて再び水が流れ込む事態が懸念されたため、脱出作業開始に踏み切った。当局者は「少年たちは出たがっており、あらゆる状況に対応する準備はできている」と述べ、家族の同意も得ていることを明らかにした。 少年らには潜水士が付き添い、入り口まで1人ずつ連れ出す。当局者は「歩ける場所も多く、きょうが最適の日だ」と強調した。 洞窟内は大雨による水位の上昇や酸素不足が懸念され、救出を急ぐ必要に迫られていた。救助隊は洞窟につながる穴からの救出も検討したが、少年らが避難していた場所に届く穴は見つからなかったという。 少年ら13人は6月23日、洞窟に入り、大雨に伴う増水で出られなくなった。今月2日に救助隊が洞窟内で発見したが、救出作業は難航していた。 【時事通信社】
カテゴリー:

【ポーランド】「かくれんぼ」をしていた3歳男児、洗濯機に閉じ込められ死亡 - 06月30日(土)10:39  newsplus

2018.06.30 01:00 http://japan.techinsight.jp/2018/06/ellis15180627.html 幼い子の“かくれんぼ”による事故をたびたびお伝えしているが、このほどポーランドからかくれんぼの最中に不幸にも命を落としてしまった男児のニュースが届いた。『Metro』などが報じている。 ポーランド北部に位置するスウプスクで6月18日、悲劇が起こった。 自宅で5歳姉とかくれんぼをして遊んでいたマーセル君(3歳)が、浴室に設置された洗濯機の中に入り込むと扉が閉まって出られなくなってしまった。我が子2人が一緒にいる姿を見なくなった両親が...
»続きを読む
カテゴリー:

「酸素不足」の画像

もっと見る

「酸素不足」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる