「郷土愛」とは?

関連ニュース

<西郷どん>鈴木亮平、黒木華ら「はい!ひょっこりどーん!」キュートなオフショットに「癒やされる〜」 - 07月17日(火)22:54 

鈴木亮平が西郷吉之助(のちの隆盛)の生涯を演じる大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の公式Instagramが7月17日に更新され、鈴木、吉之助の三人目の妻となる糸を演じる黒木華、薩摩藩士・村田新八役の堀井新太が“ひょっこりはん”ならぬ“ひょっこりどーん!”姿を公開。ファンから「可愛い!」「糸どんレアひょっこり!」と話題を呼んでいる。 【写真を見る】鈴木亮平、黒木華らが三度笠からキュートに“ひょっこり”♪/※画像は「西郷どん」公式Instagram( nhk_segodon )のスクリーンショットです 7月1日放送の第25回「生かされた命」のラストで、ついに吉之助が2度の島流しから本格的に帰還。信吾(錦戸亮)の迎えで沖永良部島を出た吉之助は、帰途で喜界島に流されていた新八も連れ帰り、ふたりは薩摩へと舞い戻った。 そして15日放送の第26回「西郷、京へ」冒頭では、島から戻ってわずか5日で吉之助と新八は京へ向けて出発。その道中でばったり出会ったのが、かつて吉之助に思いを寄せていた糸だった。 長く江戸務めをし、その間に通算5年間の島流しも経験した吉之助にとって、糸との再会は久しぶりのこと。「変わらず走っちょるか!」(吉之助)、「おふたりともお変わりなく…」(糸)と再会を喜ぶ吉之助と糸。「吉之助さま、お達者で」「糸どんも、達者でな」と言葉を交わして別れ...more
カテゴリー:

<西郷どん>小栗旬の龍馬登場に女子騒然!「男くささがたまらない!!」 - 07月16日(月)19:18 

鈴木亮平が主演を務める大河ドラマ「西郷どん」(毎週日夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)が7月15日放送の第26回「西郷、京へ」で新章に突入。主人公・吉之助(鈴木)が島流しから戻り、本格的に時代が明治維新へと動き始める中、ドラマに小栗旬演じる坂本龍馬が初登場した。 【写真】“男くささ”がたまらない!小栗旬の“龍馬”姿/※画像は番組公式Instagram(nhk_segodon)のスクリーンショットです ■ 「海上がりのサーファー」ビジュアルも好評! 第26回で、藩主・茂久(長田成哉)の許可を得て京へと上った吉之助。都では、大久保一蔵(瑛太)やお虎(近藤春菜)、ふき(高梨臨)とも再会を喜び合う。その頃、「参与会議」はころころと意見を変える一橋慶喜(松田翔太)と、開国を迫る島津久光(青木崇高)との亀裂がますます深まっていた。事態を打開するため、吉之助は“ヒー様”こと慶喜と面会。慶喜と久光の会談を取り付ける。 幕府の屋台骨が大きく揺らぐ中、龍馬(小栗)と勝海舟(遠藤憲一)が初登場。ひょっとこ踊りを披露する龍馬に勝が「下手くそで見ちゃいられねえ」と軽快な江戸言葉で“ダメ出し”。龍馬が土佐弁で「また叱られたぜよ」と返す…という一連に、明治維新きっての人気者の登場を待ち望んだ視聴者は大喜び! 小栗らのキャスト発表会見では、主演の鈴木が龍馬の風貌を「ちょっと海上がりのサーファーみたい」とイ...more
カテゴリー:

【サッカー】柴崎に青森・野辺地町民栄誉賞 町長が意向…凱旋帰郷でファン200人集結 - 07月14日(土)08:12  mnewsplus

日本代表MF柴崎岳(26)=ヘタフェ=は故郷の青森・野辺地(のへじ)町を表敬訪問。ロシアW杯で16強入りした地元のスターに対し、同町は史上初の町民栄誉賞を授与する意向を示した。 【写真】写真集ではセクシーな姿を披露している真野恵里菜  普段は必要以上の言葉を発しない柴崎が、この日は郷土愛をあふれさせた。「こういった性格だし、メディアの前で話すことは少なくていいと思っている」と自虐気味に語りつつ「育ててくれた町への感謝の気持ちは表現したかった」と自ら初の表敬訪問を希望した。  会場の外には地元...
»続きを読む
カテゴリー:

郷土愛生んだ祖父の手作りマウンド 直球勝負を挑むも涙 - 07月17日(火)19:23 

 (17日、高校野球石川大会、鵬学園10―0輪島) 痛み止めを飲んで上がった先発マウンド、輪島の左腕小力雄太(3年)がピリッとしない。二回1死二塁、変化球が抜けて四球を出した。「直球勝負しかない」。そ…
カテゴリー:

青木崇高、「西郷どん」で慶喜演じる松田翔太との演技は『冷静さをかいたバチバチのやりとり』 - 07月15日(日)11:00 

鈴木亮平が主演を務める大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)が7月15日(日)の放送から新たな局面を迎える。2度の島流しから帰ってきた主人公・吉之助(鈴木)が、ついに革命の表舞台へと上がっていくのだ。 【写真を見る】7月15日(日)放送回で、吉之助(鈴木亮平)と向き合う慶喜(松田翔太)/(C)NHK そんな吉之助に島流しの刑を下した張本人でありながら、呼び戻した人物でもあるのが国父の島津久光(青木崇高)である。 久光は、吉之助の“生涯の敵”と言われており、常に反発しあう間柄。クセの強いキャラクター・久光を演じる青木にインタビューを行い、久光の吉之助への思いや、撮影現場の雰囲気などを聞いた。 ■ 人間的なエピソードがたくさん残っている人 ――今回が3度目の大河ドラマ出演ですが、学ぶことは今でも多いんでしょうか? そうですね。スタッフさんたちが持っていらっしゃる技術や知識がとんでもない量なので、聞けば聞くほど勉強になります。 始めて参加した時は、あまり質問できずに「あ、そうなんだ!」と気付くことが多かったんです。でも今はスタッフさんに積極的にいろんなことを聞くようにしています。 衣装さんや美術さんなどに小物の色や身に着けるものについて相談して、そこからキャラクターを探っていくんです。 ずっと勉強し続けることができるので、他の作品に出る時でもこの現場に...more
カテゴリー:

瑞々しくて甘~い!射手矢農園プレミアム泉州たまねぎの新たまねぎをつかった、郷土愛あふれる地産地消のお菓子「泉州たまねぎサブレ」。まもなく販売開始! - 07月09日(月)09:00 

地元泉州を愛する射手矢農園とむか新がタッグを組んだ泉佐野だからこそ実現した「泉州たまねぎサブレ」
カテゴリー:

「郷土愛」の画像

もっと見る

「郷土愛」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる