「選抜大会」とは?

関連ニュース

智弁和歌山、古豪・箕島を破る 龍谷大平安は8強進出 - 07月19日(木)11:30 

 全国高校野球選手権記念大会の地方大会は19日、和歌山大会で今春の選抜大会準優勝の智弁和歌山が箕島を大差で破った。昨夏の京都大会で準優勝だった龍谷大平安は、勝ってベスト8に進出した。…
カテゴリー:

沖縄尚学4強ならず 北山、満塁弾打たれた投手が決勝打 - 07月16日(月)16:39 

 16日の沖縄大会準々決勝で、選抜大会で2度の優勝を誇り、今大会では第4シードの沖縄尚学が敗れた。 北山に1点を先制されたが、三回に知念の満塁本塁打で逆転。六回に連打を浴びて再度逆転を許したが、七回に…
カテゴリー:

日本航空石川、ベンチでの慟哭 「選抜8強」後の苦しみ - 07月16日(月)09:04 

 15日は石川県立野球場と金沢市民野球場で1回戦1試合と2回戦5試合があり、選抜大会8強の優勝候補2チームの明暗が分かれた。連覇を目指した航空石川は強力打線が本領を発揮できないまま、初戦敗退。金沢市工…
カテゴリー:

選抜8強の日本航空石川、初戦敗退 星稜はコールド勝ち - 07月15日(日)16:40 

 第100回全国高校野球記念石川大会で15日、今春の選抜大会で8強入りした日本航空石川が初戦の2回戦で金沢市工に3―5で敗れた。日本航空石川は八回表に3―3と同点にしたが、その裏、2点を勝ち越された。…
カテゴリー:

池永さんの始球式、恩師がお膳立て「やっぱり良い投手」 - 07月14日(土)08:13 

 選抜大会で優勝、選手権大会で準優勝を果たした下関商(山口)の当時のエース、池永正明さん(71)が再び、高校野球のマウンドに登った始球式。バックネット裏には、かつての教え子を見守る恩師の姿があった。 …
カテゴリー:

【甲子園―100回目の夏(4)】監督最強列伝~最も優れた監督は誰か - 07月17日(火)10:19 

 高校野球における監督の存在は大きい。その采配が勝敗に直結することから、いい監督の下に好選手が集まるのも高校野球ならではのことである。 監督の通算勝利数が注目されるようになったのは、PL学園(大阪)の中村順司元監督の存在が大きい。1980年に母校の監督に就任し、翌81年春の選抜大会で「甲子園初采配優勝」。82年春にも勝って、史上2校目のセンバツ2連覇を果たした。そして桑田、清原両選手の「KKコンビ」が1年生だった83年夏に全国制覇。翌年の選抜大会決勝で敗れるまで、甲子園で20連勝をマークした。 85年の第67回大会で2度目の夏制覇を遂げた後、87年は春夏連覇の偉業を達成した。ここまで甲子園出場10回で6度の優勝のほか準優勝が2度、通算勝利は44勝(4敗)、夏は22勝(1敗)という圧倒的な数字を残した。「球道即人道、野球は人生の縮図」をモットーに素質のある選手を鍛え上げ、王国を築いた。98年春を最後に引退し、18年で通算58勝10敗の成績だった。 この中村さんの最多勝記録を破ったのが、智弁和歌山(和歌山)の高嶋仁監督である。72歳、ベンチ前の「仁王立ち」で知られる。今春の選抜大会準優勝で甲子園通算68勝(34敗)まで伸ばした。1972年に智弁学園(奈良)の監督に就任した後、80年に転勤で智弁和歌山に移った。奈良で春夏7勝をマークした高嶋監督は、はじめは選手も集まらなかった新しいチーム...more
カテゴリー:

東邦が9回に3ラン2発、劇的サヨナラ 殊勲の代打 - 07月16日(月)15:20 

 西愛知大会3回戦で、今春の選抜大会に出場した東邦が、九回裏に2本の3点本塁打を放ち、劇的な逆転サヨナラ勝ちで16強入りを決めた。 3点を追う九回1死一、二塁から、5番梅田昂季が右越えに起死回生の同点…
カテゴリー:

航空石川、攻撃的野球できず わずか6安打で逆転負け - 07月15日(日)19:21 

(15日、高校野球石川大会 金沢市工5―3日本航空石川) 犠打をしない「攻撃的野球」で今春の選抜大会8強の日本航空石川が石川大会初戦で金沢市工に逆転負けした。一回無死二塁から的場(3年)が犠打を試みて…
カテゴリー:

高2で投手転向「僕でいいの?」 元大洋「ひげの斉藤」 - 07月15日(日)13:51 

 プロ野球大洋(現DeNA)の元投手で、「ひげの斉藤」の愛称で知られる斉藤明雄さん(63)は、花園高校(右京区)の出身。3年になる1972年、外野手で選抜大会に出た。夏の京都大会ではエース。準々決勝で…
カテゴリー:

【高校野球】白いブラウス、制服スカート姿の女子記録部員がマウンドに上がり伝令 福島大会で珍事、高野連が注意★3 - 07月12日(木)22:19  mnewsplus

11日に福島県会津若松市のあいづ球場で行われた第100回全国高校野球選手権福島大会の2回戦で、制服姿の女子記録員が伝令としてマウンドに上がっていたことが分かった。  県高野連などによると、珍事があったのは、連合チームの大沼・西会津・坂下・猪苗代・湖南と長沼の対戦で、長沼が0-5でリードされた四回裏、2死一、三塁のピンチの場面。  長沼はベンチ入り選手が9人だったため、影山高見監督が女子記録員(3年)を伝令に出した。白いブラウス、チェックのスカートの制服に革靴姿でマウンドに向かい、ナインに監督...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「選抜大会」の画像

もっと見る

「選抜大会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる