「適正化」とは?

関連ニュース

【速報】 日立の実習生、通勤経路も分けられ光熱費も相場の倍徴収されていた  日立「不正は一切ない」 - 11月20日(火)22:34  poverty

https://www.msn.com/ja-jp/news/national/「まるで2級市民」通勤経路も別々…フィリピン人技能実習生の本音-来日を後悔?「とんでもない」/ar-BBPTTcF 「まるで2級市民」通勤経路も別々…フィリピン人技能実習生の本音 来日を後悔?「とんでもない」 この10月、全世界で30万人を雇う日本有数のグローバル企業、日立製作所から解雇通告を受けたフィリピン人技能実習生が、労働組合に入って団体交渉に打って出ました。 賃金補償の獲得が第一の目的でしたが、背景には実習内容への強い不満がありました。この数カ月、多くの実習生を取...
»続きを読む
カテゴリー:

【携帯】ソフトバンク「キャッシュバックを規制してほしい」 総務省研究会で逆提案 - 11月15日(木)13:15  newsplus

ソフトバンク  ソフトバンク渉外本部 本部長の松井敏彦氏からは、料金、端末購入補助、契約期間、4年の割賦(残債免除プログラム)について説明された。  松井氏は冒頭に、ワイモバイルを含んだマルチブランド戦略について説明し、ソフトバンクブランドで導入している分離プランを、2019年度にはワイモバイルでも導入する予定であることを明らかにしている。  菅官房長官などからも指摘された料金の水準については、海外との比較は精緻な分析が必要とした上で、「中位程度」としたほか、キャリアの利益率も「国際的には特別高い...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業】東芝、7千人削減へ 希望退職も、固定費を圧縮 - 11月08日(木)17:53  bizplus

東芝が経営再建の一環として、今後5年間にグループ従業員の約5%に当たる7千人規模の人員削減を計画していることが8日、分かった。中心となるのは定年退職による自然減だが、一部は希望退職制度を活用する。50歳以上の従業員が多い人員構成を事業規模に合わせ適正化し、固定費の圧縮を図る。  人員削減は、8日午後に公表する中期経営計画に盛り込む。東芝のグループ従業員数は今年6月末時点で約13万2千人。今後は、毎年1千人前後の退職者が出る見通しとなっている。  東芝は削減対象の分野として当初、再生可能エネル...
»続きを読む
カテゴリー:

東芝、7千人の人員削減へ 50歳以上の社員は辛いだろう - 11月08日(木)09:49  news

東芝が今後5年間にグループで7千人規模の人員削減を計画していることが8日分かった。定年退職による自然減が中心で、 一部は希望退職制度を活用する。固定費を圧縮し、50歳以上の従業員が多い人員構成を適正化するのが狙い。 8日に公表する中期経営計画に盛り込む。 東芝の海外も含めたグループ従業員は6月末現在、約13万2千人。過去の不正会計や業績不振に伴う事業売却により人員規模が縮小している。 一方で、今後は年間で千人程度の退職者が出る見通しとなっている。 東芝は火力発電事業の縮小を検討していたが、保守管理業...
»続きを読む
カテゴリー:

神戸で不動産ポータルサイト広告の勉強会 - 11月16日(金)09:00 

勉強会の様子  (一社)近畿地区不動産公正取引協議会とポータルサイト広告適正化部会(不動産ポータルサイト5社:アットホーム(株)、(株)CHINTAI、(株)マイナビ、(株)LIFULL、(株)リクルート住まいカンパニー)は15日、TKP神戸三宮カンファレンスセンター(神戸市中央区)で「不動産ポータルサイト広告に関する勉強会」を開催。
カテゴリー:

規制改革推進会議作業部会、携帯料金引き下げ提言へ 5G見据え - 11月13日(火)22:06 

 政府の規制改革推進会議の作業部会は13日、携帯電話料金の引き下げにつながる競争促進策の提言に向けて、通信料金の適正化やこれまでの政策の検証など答申の骨子を示した。高速大容量の第5世代(5G)移動通信方式の普及を見据え、基地局などの設備を携帯電話大手が共用できる環境を整備することなどが柱。総務省や公正取引委員会、消費者庁に対し、年度内に適切な措置を実施するよう求めた。同会議は、携帯事業者の競争促進策を重点事項に位置づけており、年内に答申をまとめる。
カテゴリー:

東芝、7千人の人員削減へ 一部希望退職制度活用 - 11月08日(木)10:56 

 東芝が今後5年間にグループで7000人規模の人員削減を計画していることが8日分かった。定年退職による自然減が中心で、一部は希望退職制度を活用する。固定費を圧縮し、50歳以上の従業員が多い人員構成を適正化するのが狙い。
カテゴリー:

東芝、7000人削減へ 希望退職も、固定費を圧縮 - 11月08日(木)09:44 

 東芝が経営再建の一環として、今後5年間にグループ従業員の約5%に当たる7千人規模の人員削減を計画していることが8日、分かった。中心となるのは定年退職による自然減だが、一部は希望退職制度を活用する。50歳以上の従業員が多い人員構成を事業規模に合わせ適正化し、固定費の圧縮を図る。
カテゴリー:

「適正化」の画像

もっと見る

「適正化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる