「遠藤憲一」とは?

関連ニュース

遠藤憲一「アウト&アウト」に白鳥玉季&要潤&竹中直人ら参戦! ビジュアルも披露 - 07月18日(水)12:00 

 遠藤憲一の主演で、木内一裕氏の小説を実写映画化する「アウト&アウト」に、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」「永い言い訳」の出演で注目を集めた人気子役・白鳥玉季ちゃん、要潤、岩井拳士朗、高畑淳子、竹中直人の出演が決まった。あわせて、各キャストが演じる登場人物にフォーカスを当てた場面写真、ティザービジュアルがお披露目された。 ・【フォトギャラリー】「アウト&アウト」場面写真  原作小説は、「藁の盾」などで知られる木内氏が手がけたクライムエンタテインメント。小学2年生の少女・栞と2人で探偵事務所を営んでいる元ヤクザの矢能(遠藤)のもとに、一本の依頼の電話が入り、指定された場所に向かう。しかし、依頼人は既に死体となっており、そのすぐ近くには覆面姿の男。完璧な殺人計画に巻き込まれた矢能だったが、犯人の誤算を見抜き、反撃を開始する。「きうちかずひろ」名義で映画監督の顔も持つ木内氏が自らメガホンをとった。  出演が発表されたキャストの役どころは、玉季ちゃんが矢能の相棒となる少女・栞役、要が事件の鍵を握る与党議員・鶴丸清彦役を熱演。実写「心が叫びたがってるんだ。」にも出演した新人俳優・岩井が覆面姿の男を演じるほか、矢能が世話になっている婆さん役に高畑、矢能と栞を密かにサポートしている情報屋役として竹中が参加している。  「七歳の少女の相棒(パートナー)は、元ヤクザの男」「職業、探偵。」...more
カテゴリー:

田中圭、デキる上司役に「安定のカッコ良さ」『健康で文化的な‐』初回 - 07月18日(水)10:55 

 女優の吉岡里帆が主演するドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜22時)の第1話が17日に放送された。『おっさんずラブ』で大ブレイク中の俳優・田中圭がヒロインえみるの上司・京極大輝役で登場し、「圭くんは安定のカッコ良さ」「田中圭やばい。はるたんだ~と思ったら 全然ちがった!俳優さんだな~」と評判を呼んでいる。【写真】田中圭の貴重写真 安定と平凡を求めて公務員になった義経えみる(吉岡)。栗山千奈(川栄李奈)や七条竜一(山田裕貴)ら4人の同期と共に配属されたのは、生活保護受給者を支援する区役所の生活課だった。配属されて早々に、えみるも先輩ケースワーカーの半田明伸(井浦新)から110世帯もの担当を任される。福祉の知識も人生経験もないえみるは、受給者たちのさまざまな人生模様に触れ、大きな不安と戸惑いの中、ケースワーカーとしてのキャリアをスタートさせる。 そんなある日、えみるの元に、一本の電話がかかってくる。それは、えみるの担当受給者からの「これから死にます」とだけ告げる電話だった。大慌てのえみるだったが、前任者も親族もいつものことだからとまともに取り合おうとしない。しかしこれが、新人のえみるにとってあまりにショックな事件へと発展してしまうのだった。 主演の吉岡をはじめ、井浦新、川栄李奈、山田裕貴、田中圭、遠藤憲一といった豪華俳優陣の共演も話題の本作。SNS...more
カテゴリー:

滝沢秀明、WOWOWドラマ初主演『孤高のメス』で初の外科医役 - 07月18日(水)04:00 

 俳優でタレントの滝沢秀明が、2019年にWOWOWにて放送される『連続ドラマW 孤高のメス』で主演を務めることが決定した。初めての医師役に挑む滝沢は「新たな挑戦を前に気を引き締める思いと同時に、喜びも感じております」とコメントを寄せている。【写真】山下智久、有岡大貴登壇、映画『コード・ブルー』完成披露試写会の様子 本作は、現役の医師・大鐘稔彦氏による『孤高のメス』シリーズをドラマ化。6000以上の手術を手掛け、現在は淡路島の診療所で地域医療と向き合っている大鐘氏の実体験を元に描かれた原作は、シリーズ累計160万部を突破し、2010年には映画化されている。 臓器移植がタブー視されていた1980年代後半、医療先進国アメリカで研鑽(けんさん)を積んだ外科医・当麻鉄彦が、地方の民間病院に赴任してくる。「地方でも大学病院と同じレベルの治療が受けられるべき」という信念のもと、当麻はあらゆる難手術に挑み、目の前の患者たちの命を救っていくが、日本初の臓器移植手術を前に、権力絶対主義と古い慣習に塗り固められた医療体制がその行く手を阻もうとする。 旧態依然とした医療体制の中で、患者を救うという信念と向き合い続けた主人公の当麻鉄彦として、自身初となる外科医役に挑む滝沢は「しっかりと外科医としての手さばきを身につけて撮影に臨み、骨太の作品に華を添えられたらと思います」と意気込みを語っている。 脚本は『連...more
カテゴリー:

今夜スタート、『健康で文化的な最低限度の生活』吉岡里帆がキュート! - 07月17日(火)17:20 

 本日17日からスタートする女優の吉岡里帆主演の新ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(カンテレ・フジテレビ系/毎週火曜21時)。番組の公式インスタグラムでは吉岡をはじめ、井浦新、田中圭らのオフショットが多数投稿されている。今回はその中から、ヒロインの義経えみるを演じる吉岡のかわいいオフショットを紹介!【写真】吉岡里帆のかわいいオフショット<全9枚> 『健康で文化的な最低限度の生活』は柏木ハルコの原作を基に、吉岡演じる新人ケースワーカー・えみるが、生活保護現場を舞台に奮闘する姿を描くヒューマンドラマ。 公式インスタグラムでは、ドラマの撮影現場やバラエティー番組に出演した際の出演者たちのオフショットを多数アップ。例えば大学生時代のえみるとして投稿されたちょんまげヘアのラフなショットや、吉岡が会議室の倉庫で“ひょっこりはん”するキュートな姿、放送前日の16日に番組PRを行った際には、えみるの指導係である半田明伸役の井浦と共に、『おそ松くん』のキャラクター、イヤミの「シェー」のポーズを決めているお茶目な姿を見せた。 インスタグラムでは、ほかにも井浦や田中、遠藤憲一、川栄李奈、山田裕貴らキャストのオフショットを投稿中だ。『健康で文化的な最低限度の生活』(=ケンカツ)ワールドを堪能したい人はチェックしてみよう。引用:https://www.instagram.com/kenkatsu_kt...more
カテゴリー:

鈴木亮平、“西郷どんクイズ”を出題「もう分かりましたかね?」 - 07月17日(火)15:17 

俳優の鈴木亮平が15日に更新したアメブロで、主演を務めるNHK大河ドラマ『西郷どん』の第26話を振り返るとともに、“西郷どんクイズ”を出題した。 NHK大河ドラマ『西郷どん』は、明治維新の中心人物として活躍した西郷隆盛の半生を描いた作品。第26回「西郷、京へ」では、約5年にわたる島暮らしを終えた西郷吉之助(鈴木)が、大久保一蔵(瑛太)の求めに応じて京へ向かう。そんな西郷のうわさ話に勝海舟(遠藤憲一)と坂本龍馬(小栗旬)、岩倉具視(笑福亭鶴瓶)たちは花を咲かせる。京では朝廷と幕府、有力諸藩が合議で政を行う「参与会議」が開かれるが、将軍後見職の一橋慶喜(松田翔太)が薩摩の国父・島津久光(青木崇高)を愚弄し、会議は決裂。吉之助は久光と慶喜の関係修復のため奔走し、慶喜との再会を果たす……という展開だった。 この日の内容を踏まえて鈴木は、「島にいるうちにさらに噂が一人歩きしてしまった吉之助ですが、いよいよこの遅咲きの苦労人が幕末動乱の中心へ飛び込みます」とコメント。「糸どんとも、久しぶりの再会を果たしましたね」と、ヒロイン・岩山糸子役を演じる黒木華らとの集合ショットを公開した。 続けて、鈴木は、「「吉之助が京に戻ってきた記念」としまして、一つ西郷どんに関するクイズを出してみたいと思います」と述べ、吉之助が腰に着けている小袋について「2話から、ずーっと大切にお腰に付けているものなのですが...more
カテゴリー:

遠藤憲一「アウト&アウト」に白鳥玉季&要潤&竹中直人ら参戦! ビジュアルも披露 - 07月18日(水)12:00 

遠藤憲一の主演で、木内一裕氏の小説を実写映画化する「アウト&アウト」に、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」「永い言い訳」の出演で注目を集めた人気子役・白鳥玉季ちゃん、要潤、岩井拳士朗、高畑淳子...
カテゴリー:

井浦新、田中圭、山田裕貴「ケンカツ」イケメンたちの演技にギャップ萌えするファン続出! - 07月18日(水)07:15 

吉岡里帆主演のドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)の第1話が7月17日に放送され、吉岡を取り巻く三者三様のイケメンたちの演技が話題になった。 【写真を見る】田中圭のふとした時に見せるかわいい笑顔が…もう! 本作は柏木ハルコの同名漫画が原作のヒューマンドラマ。吉岡演じる新人公務員の義経えみるが、生活保護受給者を支援するケースワーカーとして奮闘していく。 第1話では、映画監督の夢を諦め、安定した生活を求めて公務員となったえみる(吉岡)だったが、生活課に配属され生活保護を受ける人々を支援するケースワーカーとして働くことに。 指導係の半田(井浦新)や、お金に厳しい係長・京極(田中圭)から新人ケースワーカーとしての仕事を学びながら、生活保護を受ける人々の困難な事情に向き合う。早速110世帯もの受給家庭のあるエリアを任され、その件数の多さに驚く。 そして、受給者たちに自立の道筋を見つけ出すことをミッションに課せられたえみるは、生活保護現場の壮絶な現実に直面する…という内容だ。 1月期の「アンナチュラル」(TBS系)では態度が悪く口も悪い腕利きの法医解剖医役でヒロインや周囲に毒を吐きまくった井浦だったが、本作では真逆の常に冷静で物腰柔らかいケースワーカー。ヒロイン・えみるを不思議な空気で包み込む指導係だ。 井浦演じる半田が新人のえみるを優しく諭しながら指導する姿には「こんな先輩...more
カテゴリー:

加藤シゲアキ主演「ゼロ」が個性的キャラぞろいで注目度UP【視聴熱TOP3】 - 07月17日(火)18:00 

webサイト「ザテレビジョン」では、7月16日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。 【写真を見る】NEWS・加藤シゲアキ主演の新ドラマが1位に。増田貴久によるスピンオフもHuluで配信中 1位「ゼロ 一獲千金ゲーム」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)19321pt 7月15日に放送スタートしたNEWS・加藤シゲアキ主演ドラマ。福本伸行の人気コミック「賭博覇王伝 零」を原作に、若者たちが賞金1000憶円という命懸けのゲームに挑む。 世間で話題になっている“義賊”に振り込め詐欺で得た金を奪われたヤクザの末崎(ケンドーコバヤシ)は激怒。義賊のチカラ(加藤諒)、ヒロシ(岡山天音)、スナオ(杉野遥亮)を拉致する。首謀者であるゼロ(加藤シゲアキ)は助けにやって来るが、そこに実業家・在全(梅沢富美男)と幹部の峰子(小池栄子)が現れ、在全の後継者を決めるゲームに参加するように命じる。 ゼロをはじめ、個性的なキャラクターの集結に今後を期待する声が高まっている。また、動画配信サービス・Huluでは本編に友情出演するNEWSの小山慶一郎、増田貴久、手越祐也が同じ役柄で出演するオリジナルストーリー「ゼロ エピソードZERO」を配信。15日の第1話終了後は、増田が演じる「山口カズヤ編」が配信され、こちらも話題に。 2位「健康で文化的な最低限度の生活」(7月17日[火]スタ...more
カテゴリー:

【芸能コラム】いよいよ幕末の動乱へ!豪華キャスト総出演の第26回から探る革命編の見どころ 「西郷どん」 - 07月17日(火)16:25 

 二度の島流しを経験した西郷吉之助(鈴木亮平)が薩摩に呼び戻され、通称“革命編”と呼ばれる新章に突入した大河ドラマ「西郷どん」。次回「禁門の変」の予告には、軍装をした吉之助や、これまでなかった大規模な合戦シーンが登場。美しい風景の中で苦境に耐える吉之助の姿を描いた“島編”とはムードが一変し、いよいよ動乱の時代が幕を開ける。  7月15日放送の第26回「西郷、京へ」では、今後の物語を彩る登場人物たちが一挙に登場し、“革命編”の幕開けを華やかに飾った。そこでここでは、その顔ぶれから今後の見どころを探ってみた。  まずは、動乱の幕末で活躍する新たな登場人物たち。既に発表されている通り、坂本龍馬、勝海舟、岩倉具視、桂小五郎という幕末の英雄たちを、それぞれ小栗旬、遠藤憲一、笑福亭鶴瓶、玉山鉄二が演じる。  第26回の冒頭では、龍馬、勝、岩倉の3人が顔を見せ、それぞれの魅力の一端を垣間見ることができた。今後、彼らがいかに吉之助と出会い、幕末のドラマを盛り上げていくのか。その活躍が楽しみだ。  その一方、久しぶりに姿を見せた糸(黒木華)や、ふき(高梨臨)たちの元気な姿に、懐かしさを覚えた視聴者も少なくないはず。  その中で、“革命編”最大のキーパーソンと言えるのが、松田翔太演じる一橋慶喜だろう。かつて吉之助が島津斉彬(渡辺謙)に仕えていた頃は、共に幕政改革を目指す同志だったが、幕末の動乱の...more
カテゴリー:

CMギャラ1億円超えリストに千鳥がランクインした意外な理由 - 07月17日(火)12:00 

7月4日、「2018年上半期TV―CMタレントランキング」(エム・データ調べ)が発表された。CM契約社数の男性1位は10社の高橋一生(37)。2位の9社には、出川哲朗(54)、遠藤憲一(57)、嵐の二宮和也(35)、櫻井翔(36)、相葉雅紀(35)が並んだ。 「CM契約社数が多い有名人は旬で“コスパが良い”といえます。...
カテゴリー:

もっと見る

「遠藤憲一」の画像

もっと見る

「遠藤憲一」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる