「過去最多」とは?

関連ニュース

上半期の訪日:1589万人 過去最高、中国や韓国など増 - 07月18日(水)20:36 

 観光庁は18日、今年上半期(1~6月)に日本を訪れた外国人旅行者が推計で、前年同期に比べて15.6%増の1589万8900人になったと発表した。上半期としては過去最多で、年間3000万人を上回るペースを維持している。
カテゴリー:

猛暑:都内、1日の救急出動が過去最多の2900件 - 07月18日(水)13:11 

 東京消防庁は、17日の救急隊出動件数が2900件(速報値)に上り、1日の出動件数としては救急業務を開始した1936年以降で最多となったと、18日に発表した。熱中症の疑いで搬送された人が相次ぎ、件数が増加したとみられる。
カテゴリー:

都内の救急出動が過去最多 熱中症相次ぎ、2900件 - 07月18日(水)12:53 

 東京消防庁は、17日の救急隊出動件数が2900件(速報値)に上り、1日の出動件数としては救急業務を開始した昭和11年以降で最多となったと、18日に発表した。熱中症の疑いで搬送された人が相次ぎ、件数が増加したとみられる。
カテゴリー:

【関西の議論】「ラスカル」どころか害獣 近畿でエスカレートするアライグマ被害 - 07月18日(水)11:30 

特定外来種に指定されているアライグマが、関西で増殖している。兵庫県では平成28年度の捕獲数は約5300頭、大阪府でも約2千頭と、ともに過去最多となった。昭和50…
カテゴリー:

国際数学オリンピック、全参加生徒がメダル獲得…灘3年生は2年連続金 - 07月17日(火)13:15 

 ルーマニア(クルジュ・ナポカ)にて2018年7月3日~14日開催された「第59回国際数学オリンピック」。日本からは6名の高校生が参加し、金メダル1つのほか、銀メダル3つと銅メダル2つ獲得した。金メダルを獲得した灘高校の黒田さんは2年連続での受賞となった。 「国際数学オリンピック(IMO)」は、世界各国・地域の数学的才能に恵まれた若者を見出し、その才能を伸ばすチャンスを与えることなどを目的とする国際的な数学コンテスト。大会の参加資格は「コンテスト当日20歳未満で大学教育(または、それに類するもの)を受けていないこと」で、各国6名まで参加できる。参加者は1日4時間半、各3問の筆記試験を2日間にわたり取組み、その得点合計で競い、成績優秀者にメダルを授与。金メダルは参加者の約12分の1、銀メダルは約12分の2、銅メダルは約12分の3と定められている。 第59回国際数学オリンピックは、ルーマニアのクルジュ・ナポカにて2018年7月3日から14日まで開催された。107か国・地域から594名が参加し、日本からは6名が代表として参加。金メダル1つ・銀メダル3つ・銅メダル2つと全員がメダルを獲得し、国別順位13位の成績を収めた。 金メダルは、灘高等学校3年生の黒田直樹さん。銀メダルは、開成高等学校3年生の新居智将さん、筑波大学附属駒場高等学校3年生の清原大慈さん、洛南高等学校1年生の馬杉和貴さんの...more
カテゴリー:

気象庁「特別警報は最後通告」 自ら地域の状況確認を、長官会見 - 07月18日(水)16:44 

気象庁の橋田俊彦長官は18日の定例会見で、西日本豪雨で過去最多の11府県に大雨特別警報を出したことについて「特別警...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

東京消防庁、1日の救急出動が過去最多に 酷暑が影響 - 07月18日(水)12:57 

 東京消防庁は、17日の都内の救急出動件数(稲城市と島嶼〈とうしょ〉部を除く)が2900件(速報値)で、1日あたりの出動件数が救急業務を始めた1936年以降で最多だったと18日発表した。17日は熱中症…
カテゴリー:

都内の救急出動が過去最多 熱中症相次ぎ、2900件 - 07月18日(水)12:20 

東京消防庁は、17日の救急隊出動件数が2900件(速報値)に上り、1日の出動件数としては救急業務を開始した1936...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

『ミス・ワールド・ジャパン』ファイナリスト発表 代表候補に伊達政宗の子孫や高校生3人 - 07月17日(火)16:15 

 世界的なミスコンテスト『ミス・ワールド2018世界大会』に出場する日本代表のファイナリスト30人が17日、都内で発表された。タレントやモデル、会社員、高校生から3人、伊達政宗の子孫で慶應義塾大学生などが選ばれた。  ミス・ワールドは、世界3大ミスコンテストの一つで、1951年にイギリス・ロンドンで第1回大会が行われ、今年で68回目を迎える。本年のグランドファイナルは、11月から12月の間に中国で開催され、過去最多の131ヶ国が参加。日本代表として応募総数7210人(満17歳以上28歳以下の未婚の女性)の中から選ばれた30人のファイナリストが、グランドファイナルを経て世界の頂点を目指す。  伊達政宗の子孫であり政宗の時代から数えて伊達家21代目の慶應義塾大学4年生・伊達佳内子さん(21)は「高校時代から途上国支援の活動をしてきて、ミス・ワールドを通じて自分の中にあるプランを実現したい。負けず嫌いな性格なので、政宗公のお力を拝借して、これからの活動を頑張りたいと思います」と宣言。「小さいころから『眼帯はどこにやったの?』と言われて、その度に『ちょっとクリーニングに出してる』などと答えていました」と明かし、世界大会に出場したら「眼帯を付けるのか」と聞かれると「機会がございましたら」と笑わせた。  現役高校生で2年生の瀬名ののかさん(16)は「ミス・ワールドに応募した理由は女優を目...more
カテゴリー:

ICTテーマに国際農機展=北海道帯広市〔地域〕 - 07月17日(火)09:49 

 国内外の134社が最新機器を展示する第34回国際農業機械展(ホクレン農業共同組合連合会、北海道農業機械工業会、十勝農業機械協議会主催)が北海道帯広市で開催された。4年に1度開かれ、今回は「ICT(情報通信技術)とともに更なる未来へ」がテーマ。国内外から過去最多の134社が参加した。 農機メーカーやIT関連企業が、農地や作物のデータを集めて生産性を高める最新鋭機器や、人手不足に対応する無人ロボットトラクターなどを展示。ドローンからの撮影画像を基に人工知能(AI)を活用するシステムも注目を集めていた。 主催事務局の担当者は「ICTやAIを利用した技術は急速に進化しており、今後予想される人手不足や高齢化の手助けになる」と話している。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「過去最多」の画像

もっと見る

「過去最多」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる