「週刊文春」とは?

関連ニュース

小泉今日子に斉藤由貴…まだ増加する!? 30代、40代、50代の「不倫美女」たち - 07月17日(火)21:00 

 2018年3月、女優で歌手の高橋由美子が妻子ある実業家と不倫関係にあることが報じられた。高橋は最終的に「理性を欠いた時間を過ごしてしまったのは確かです」というコメントを発表している。しかし、ラブホテルに入る様子が撮られたスクープ写真について直撃された際には「それってつきあってることになります?」など、逆ギレともとれる応対をした。  高橋は、17歳から22歳まで14歳年上の既婚男性と5年間不倫していた過去を公表している他、約10年前も、大物俳優と不倫関係にあったという話も聞こえてくるため、今回の報道と合わせると3回は不倫を繰り返していることになる。“20世紀最後の正当派アイドル”とまで評された高橋が、実は根っからの不倫体質の持ち主だったとは思いたくないが、芸能界には、他にもまだまだ注目すべき30代、40代、50代の不倫美女たちが存在する。  先日、女優業をしばらく休養すると発表した小泉今日子もその1人だ。18年2月、事務所からの独立発表と同時に、前代未聞の“不倫宣言”を行った。”不倫宣言”の中で、小泉は交際相手の豊原功補について「同じ夢を追う同士」であり「一部の週刊誌などで報道されている通り恋愛関係」にあると、はっきり述べている。小泉は04年に俳優の永瀬正敏と離婚が成立しているが、相手の豊原は妻子ある既婚者だ。二人の交際が発覚したのは15年3月のことだった。小泉の“不倫宣言...more
カテゴリー:

華原朋美 インスタで意味深発言…本誌に明かしていた結婚の夢 - 07月16日(月)14:09 

華原朋美(43)が7月15日、自身のInstagramを更新。ファンへの感謝の言葉とともに、意味深なメッセージを綴っている。   華原は「ありがとうって思うの……今まで歌が大好きで華原朋美を支えてくださる沢山のスタッフの皆さまやファンの皆様に支えていただいてもらい応援してもらって……」と感謝の気持ちを表現。いっぽうで「でも……そろそろ……私は私の幸せを考えたいな……華原朋美の幸せではなく……」と吐露している。   “華原朋美”という名は華原の元プロデューサーであり恋人でもあった、小室哲哉(59)のイニシャル・TKにちなんだ芸名だという。13年12月のFNS歌謡祭で、15年ぶりに小室と共演した華原。小室との破局以降は紆余曲折あったものの、本誌14年1月21日号でインタビューに応じていた。   「吹っ切れた気がしたんです」と、小室との共演により心境が変化したと告白。さらに小室に楽曲制作をお願いしているとも明かしており、その願いは15年5月の楽曲「はじまりのうたが聴こえる」で成就。以降、地道な活動を続けていた。   ところが小室は週刊文春によって不倫疑惑が報道され、今年1月に引退を表明。そして今月6日には華原が、FRIDAYにより飯田GHD(グループホールディングス)の代表取締役会長・森和彦氏との“不倫密会”が報じられている。 &...more
カテゴリー:

【NGT48】中井りか 腰痛で15日の握手会を途中で中止 痛み止めも「つらくなって」ファンに謝罪 8日の握手会も体調不良で中止 - 07月15日(日)21:25  mnewsplus

NGT中井りか 腰痛で握手会一部中止…ダンス影響か 痛み止めも「つらくなって」ファンに謝罪 2018年7月15日 19:35 スポニチ Sponichi Annex 芸能 https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/07/15/kiji/20180715s00041000302000c.html NGT48の中井りか NGT48の中井りか(20)が15日、京セラドームで行われた「52ndシングル『Teacher Teacher』劇場盤発売記念 大握手会」第7部(午後6時半)を腰痛のため中止した。グループの公式ブログで発表された。 中井は自身のツイッター...
»続きを読む
カテゴリー:

【知らぬ間に】あまり報道されない「水道民営化」可決。外国では水道料金が突然5倍に★4 - 07月14日(土)14:31  newsplus

7月5日、水道民営化を含む水道法改正案が衆議院で可決された。海外では水道料金が5倍に急騰するなどの問題が起きているが、日本国民には十分に周知されていない。(『らぽーる・マガジン』) 問題化した「水道の老朽化」が後押し。民営化で解決するのか? あっという間に可決された「水道民営化法案」 7月5日、水道法改正法が衆議院本会議で可決されました。これについて、週刊文春は以下のように言及しています。 W杯での日本代表の活躍に湧き、オウム真理教の松本智津夫被告ら7名の死刑執行に驚かされた7月第1週だったが、7月...
»続きを読む
カテゴリー:

【知らぬ間に】あまり報道されない「水道民営化」可決。外国では水道料金が突然5倍に★3 - 07月14日(土)11:54  newsplus

7月5日、水道民営化を含む水道法改正案が衆議院で可決された。海外では水道料金が5倍に急騰するなどの問題が起きているが、日本国民には十分に周知されていない。(『らぽーる・マガジン』) 問題化した「水道の老朽化」が後押し。民営化で解決するのか? あっという間に可決された「水道民営化法案」 7月5日、水道法改正法が衆議院本会議で可決されました。これについて、週刊文春は以下のように言及しています。 W杯での日本代表の活躍に湧き、オウム真理教の松本智津夫被告ら7名の死刑執行に驚かされた7月第1週だったが、7月...
»続きを読む
カテゴリー:

W不倫は関係が長期化しやすい…不倫経験女性1000人に聞いた等身大不倫ライフ - 07月17日(火)15:52 

’16年1月、『週刊文春』が報じたベッキーと川谷絵音の不倫を皮切りに、瞬く間に巻き起こった“ゲス不倫”ブーム。あれから2年半、市井の男女たちの間ではいまだに不倫は静かに、そして深く蠢いていたのだった――。では、不倫に走る女性像とはいかなるものか。今回、不倫経験女性1000人にアンケートを実施。ビッグデータから彼女たちの“等身大の不倫ライフ”を暴いていく!  不倫とひとくちに言っても、きっかけや逢瀬の頻度などは人それぞれ。まず不倫経験女性1000人に尋ねたのは不倫相手の数。ここでは人妻、独身ともに「1人」が半数以上を占めた(Q1参照)。 「1人目で懲りた人もなかにはいると思いますが、むしろ1人の男性と今もずっと不倫を継続している、という女性のほうが多いと思います。人妻・独身ともに、女性はキチンと不倫すると長いんですよ」とは恋愛ジャーナリスト・おおしまりえ氏。  カリスマナンパ師のSai氏によれば、鍵を握るのは2人目の存在だという。 「僕の経験上、2人目以降に進んでしまう人は依存傾向にあり、不倫常習者になりやすい。独身女性なら結婚後も不倫をやらかす恐れがあります」  不倫相手と会う頻度では、人妻と独身に差が(Q2参照)。 「独身は週1、人妻は月2から月3がスタンダード。独身女性の場合、不倫も普通の恋愛もそんなに変わらないスタンスなのが特徴。略奪なんて考えてないけど、悪いこと...more
カテゴリー:

【芸能】ジャニー喜多川社長が溺愛する「king & prince」が紅白出場へ大攻勢 - 07月16日(月)12:16  mnewsplus

今年5月にジャニーズ事務所からデビューした『King & Prince(キンプリ)』のデビューシングルCD『シンデレラガール』の売り上げが、累計で60万枚を突破した。 ユニバーサルミュージックとジャニーズの共同運営で新設されたプライベートレーベル『Johnnys’ Universe』からリリースされた同曲だが、7月12日発売の『週刊文春』によると、 同レーベルの立ち上げや契約の場にはジャニー喜多川社長とメリー喜多川副社長、藤島ジュリー景子副社長の3人が一堂に会したほどで、半端ではない力の入れ具合だったという。 「キンプリは、とにか...
»続きを読む
カテゴリー:

【知らぬ間に】あまり報道されない「水道民営化」可決。外国では水道料金が突然5倍に★5 - 07月14日(土)23:35  newsplus

7月5日、水道民営化を含む水道法改正案が衆議院で可決された。海外では水道料金が5倍に急騰するなどの問題が起きているが、日本国民には十分に周知されていない。(『らぽーる・マガジン』) 問題化した「水道の老朽化」が後押し。民営化で解決するのか? あっという間に可決された「水道民営化法案」 7月5日、水道法改正法が衆議院本会議で可決されました。これについて、週刊文春は以下のように言及しています。 W杯での日本代表の活躍に湧き、オウム真理教の松本智津夫被告ら7名の死刑執行に驚かされた7月第1週だったが、7月...
»続きを読む
カテゴリー:

“嘘つき”イメージがついた? 小室哲哉、今一度思い出したい華やかな功績と意外な信念 - 07月14日(土)12:20 

今月5日に発売された『週刊文春』(7月12日号)で、小室哲哉への“追撃砲”が出て物議を呼んでいる。 その第1弾は、今年1月に同誌が小室と看護師との不倫疑惑を報じたものだ。すぐさま...
カテゴリー:

【知らぬ間に】あまり報道されない「水道民営化」可決。外国では水道料金が突然5倍に★2 - 07月14日(土)10:11  newsplus

7月5日、水道民営化を含む水道法改正案が衆議院で可決された。海外では水道料金が5倍に急騰するなどの問題が起きているが、日本国民には十分に周知されていない。(『らぽーる・マガジン』) 問題化した「水道の老朽化」が後押し。民営化で解決するのか? あっという間に可決された「水道民営化法案」 7月5日、水道法改正法が衆議院本会議で可決されました。これについて、週刊文春は以下のように言及しています。 W杯での日本代表の活躍に湧き、オウム真理教の松本智津夫被告ら7名の死刑執行に驚かされた7月第1週だったが、7月...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「週刊文春」の画像

もっと見る

「週刊文春」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる