「連載中」とは?

関連ニュース

僕のヒーローアカデミア:オール・フォー・ワンのキャラビジュアル公開 … - 05月26日(土)18:00 

 堀越耕平さんがマンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「僕のヒーローアカデミア」(読売テレビ・日本テレビ系)第3期に登場する敵<ヴィラン>のオール・フォー・ワンの…
カテゴリー:

ニャンコ先生、3体に分裂!? 『劇場版 夏目友人帳』新映像公開 - 05月26日(土)17:00 

 『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』の新映像として、“ニャンコ先生”が3体に分裂した特別CMが公開された。また、上映に向けて、妖怪デザイン・アクション作監・山田起生とサブキャラクターデザイン・萩原弘光がコメントを寄せている。【写真】『劇場版 夏目友人帳 ~うつせみに結ぶ~』フォトギャラリー 『夏目友人帳』は、緑川ゆきによる「月刊LaLa」にて連載中の人気コミック。TVアニメシリーズは2008年から2017年の間に第六期まで継続され、今年でアニメ化10周年を迎える。そして、秋にはシリーズ初の長編オリジナルエピソードの劇場公開が決定しており、原作者監修による完全新作のオリジナルエピソードが描かれる。  公開された映像は、15秒と短いものではあるが、ニャンコ先生が“3体に分裂”した衝撃シーンが含まれており、小さくなったキュートなニャンコ先生の姿も写し出されている。 本作の総監督には、第⼀期から第四期TVシリーズの監督(第五期~第六期は総監督)を務めた大森貴弘。監督はアニメーターとしても幅広く活躍する伊藤秀樹。脚本は数多くの劇場作品を⼿掛けてきた村井さだゆき。アニメーション制作はTVシリーズを担当してきた朱夏。確かな実力と多くの経験を積んだスタッフの手によって、待望の劇場アニメーションが誕生する。 本作は、入場料を頂いて観に来て貰うということで力が入っていると語る山田は「もともとT...more
カテゴリー:

ガラスの仮面「必ず最終巻まで描き続けます」 別冊花とゆめ休刊で、作者・美内すずえさんがツイート - 05月26日(土)15:05 

「ガラスの仮面どうなるんですか」「次の連載誌が気になる」――白泉社の少女漫画誌「鼻とゆめ」が、2018年5月26日発売の7月号で休刊を迎えた。そんな中、ネット上で多く上がったのは、同誌に連載中だった「ガラスの仮面」の行方だ。
カテゴリー:

柚月裕子(作家)「『孤狼の血』は、最初あまりいい顔をされなかったんです(笑)」ズバリ本音で美女トーク - 05月26日(土)12:30 

 人気ミステリー作家・柚月裕子さんが、本誌初登場! 映画化で話題のベストセラー小説『孤狼の血』の執筆秘話から、映画『仁義なき戦い』を愛する“漢らしい”素顔まで、たっぷりお届けします! ■映画『仁義なき戦い』は衝撃的だった ――昭和63年の広島を舞台に、反社会組織の抗争と悪徳警官の暗躍を描いた映画『孤狼の血』が話題ですが、同名の原作小説を書かれたのが、柚月さんですね。 柚月 発想の原点となったのは、映画『仁義なき戦い』。でも実は、作家デビューして3年たった頃に、初めて観たんです。以前から関心はあったんですが、なかなか観るタイミングが見つからなくて。 ――と言いますと? 柚月『仁義~』って、東映の金字塔なわけじゃないですか。映画に限らず小説でも、金字塔と名が付いていると、いつ手を出したらいいかという、きっかけが逆につかめなくて(笑)。 ――いつでも見られる、ということですかね。 柚月 それもありますけど、ここまで歴史がある以上は、絶対に面白いんだろうなっていう安心感があって。あとは、きっかけだけだったんです。そんなときに、笠原和夫さんの回顧録をまとめた『昭和の劇』を読む機会があったんです。 ――笠原和夫さんは『仁義~』の脚本家ですね。 柚月 その本の中で、いかにして笠原さんが『仁義~』を作り上げたかという、映画についての考えなどが書かれてあって。それ...more
カテゴリー:

婚活プロフィールを眺めてる時間は楽しいけれど、本番はそこじゃない! by とあるアラ子 - 05月26日(土)10:30 

どうも、こんにちは! 漫画家のとあるアラ子です。 さて、「婚活でやってしまった失敗談」「婚活中におきたちょっとした珍事」をみなさまから募集して漫画にするという企画の12回目です! 今回は、どんなエピソードが届いてるでしょうか? トクメイキボウさんからの投稿 マッチングアプリを「知り合いに見つかったらやだな……」なんて心配をしながら使ってる人の話はかなり聞きますが、(恥ずかしいことじゃないと思うけどけど、気持ちは分かります!)今回は「知り合いを見つけて胸キュン」という新しいパターン! 確かに、異性の友人が真面目に婚活している姿なんて普段なかなか見かけないもの。冗談言って笑い合ってるだけの関係の男友達が意外と真剣な結婚観を持っていたら……そのギャップに恋に落ちてしまうこともあるかも!? ヨシザワwさんからの投稿 これから婚活始めようかな?って思ってる人には、すごくタメになるアドバイスではないでしょうか? 確かにネット上の情報だけじゃわかることって少ないですよね。知らない人にどんどん会うのは時間もかかるし、緊張するし、大変なことだと思いますが、単純に出会いの数は成功確率に比例するハズ! なかなか婚活がうまくいかない時、思い切って回数をこなしてみる、というのは一つの手かもしれませんね。 * * * いや~今回も興味深...more
カテゴリー:

『ガラスの仮面』美内すずえ氏、『別冊花とゆめ』休刊も「最終巻まで描き続けます」 - 05月26日(土)17:45 

 白泉社の少女漫画誌『別冊花とゆめ』が、26日発売の7月号で休刊することを受け、同誌で連載中だった『ガラスの仮面』の作者・美内すずえ氏は同日、ツイッターで「必ず最終巻まで描き続けます」と宣言した。 【写真】作者の美内すずえ氏  ツイッターでは「『別冊花とゆめ』休刊のお知らせに驚かれた方々。本当に申し訳ありません。雑誌連載の方向性が決まれば、またお知らせします」と今後の掲載先は明かさなかったが「ただ『ガラスの仮面』は、必ず最終巻まで描き続けます。これからも宜しくお願いします」とファンに報告。  また、今回休刊になるのは『別冊花とゆめ』だが、『花とゆめ』が休刊すると勘違いしている方に向けて「え〜と、ですね。休刊になるのは『別冊花とゆめ』。『花とゆめ』は健在ですよ~」と呼びかけた。  『ガラスの仮面』は、『花とゆめ』で1976年から97年まで連載。2008年から『別冊花とゆめ』へ移籍し、不定期ではあるが連載が続いていた。 【関連記事】 おそろしい子! 白目まで再現した『ガラスの仮面』フェイスパック (16年08月25日) 赤江珠緒、『ガラスの仮面』読んで本格演技に挑戦 『重版出来!』出演 (16年05月23日) 『ガラスの仮面』作者・美内すずえ、マヤ役の貫地谷に感激 (14年07月29日) 『ガラスの仮面』美内すずえ氏「ラストの8合目まで来た」 (14年09月28日) 『ガラ...more
カテゴリー:

はたらく細胞:テレビアニメの追加キャストに中村悠一、川澄綾子、遠藤綾… - 05月26日(土)16:37 

 清水茜さんがマンガ誌「月刊少年シリウス」(講談社)で連載中のマンガが原作のテレビアニメ「はたらく細胞」に、声優として中村悠一さん、川澄綾子さん、遠藤綾さん、吉野裕行さんが出演することが26日、明ら…
カテゴリー:

「おっさんずラブ」第6話放送前に胸キュン名場面&オフショット&密着レポを大公開!【おっさんずラブ連載】 - 05月26日(土)14:00 

田中圭主演ドラマ「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)の第6話が5月26日(土)に放送。女好きだけど全くモテない33歳の主人公・春田創一(田中)と、ピュアすぎる乙女心を隠し持つヒロイン・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、同居しているイケメンでドSな後輩・牧凌太(林遣都)が織りなす、この春一番ピュアなラブストーリーで、SNSなどを中心に人気爆発中だ。 【写真を見る】独占潜入した第4話ラストシーンでは、春田(田中)が思わず牧(林)をぎゅっと引き留める/撮影=阿部岳人 ついに、3人と同じ営業所の主任・武川政宗(眞島秀和)が牧の元カレだったことも発覚し、春田の幼なじみ・荒井ちず(内田理央)も春田への恋心に気付く。さらに、黒澤も妻・蝶子(大塚寧々)との離婚が成立し、物語はいよいよ最終章へと突入していく。 物語がラストスパートを迎える前に、「ザテレビジョンWEB」で連載中の「おっさんずラブSP特集」第6回では、第1話~第5話をおさらい&放送前には書けなかった“ココだけ”の収録裏話を公開しちゃいます! 第1話『OPEN THE DOOR!』では、天空不動産の営業所に勤務する春田が本社から異動してきた若手社員・牧が家を探していることを知った春田が声を掛け、春田と牧のルームシェアがスタート。尊敬する上司・黒澤から突然愛を告白されて大パニック中の春田は、牧からも恋心を打ち明けられる。そして、シャワー中に唇を奪われて...more
カテゴリー:

【漫画】別冊花とゆめ:休刊で約40年の歴史に幕 「ガラスの仮面」や「パタリロ!」などが連載されてきた白泉社の少女マンガ誌 ★2 - 05月26日(土)11:42  mnewsplus

別冊花とゆめが休刊で約40年の歴史に幕、今秋に新Webマンガ誌創刊 2018年5月26日 0:00 コミックナタリー https://natalie.mu/comic/news/283877 別冊花とゆめ7月号 別冊花とゆめ(白泉社)が、本日5月26日発売の7月号にて休刊を迎えた。 1977年に創刊されて以来、美内すずえ「ガラスの仮面」、魔夜峰央「パタリロ!」、菅野文「オトメン(乙男)」、津山冬ストーリー構成による伊沢玲「執事様のお気に入り」、久世番子「パレス・メイヂ」、高尾滋「マダム・プティ」など数多くの作品が連載されてきた。 最終号となる7月号では...
»続きを読む
カテゴリー:

まんしゅうきつこが男性サウナー2人を迎えて底なしのサウナ愛&爆笑エピソードを語る - 05月26日(土)08:54 

『週刊SPA!』創刊30周年を記念し、全12日、15公演にわたり開催されている「SPA!フェス」。5月25日は異色マンガ家のまんしゅうきつこ先生が登場。現在、SPA!で連載中の実録銭湯漫画『湯遊白書』では、アルコール依存ならぬ“サウナ依存”にハマっていく過程が描かれている。今回のイベントは、そんな、作品内でサウナデビューを果たしたきつこ先生(以下、きつこ)が、ヨッピー(銭湯神)、サウナーヨモギダ(プロサウナー)の2人を迎えてサウナ愛を語り尽くす「混浴サウナ放談」。いざ、入湯~!  会場は満員御礼。司会進行役は年間サウナ浴数が700回にのぼるというヨモギダ。  まずは銭湯神・ヨッピーが自己紹介。「本音は“サウナ神”を名乗りたかった……けど、編集からサウナはガチ勢が多いのでNGに……」という経緯を語り、笑いを誘った。  一方のきつこは、「5年くらい前、アル中の診断を受けたことをヨッピーに話したら、『サウナと水風呂の交換浴がいい』とアドバイスをもらったのがサウナにハマり始めたきっかけ。水風呂に入れたのは、もう少し後のことでしたけど」と語った。  人にサウナを薦めるのが好きなヨッピーらしいエピソードだが、実際、ヨッピーのもとには「自律神経失調症で休職していた夫が、サウナを知って職場復帰しました」「甲子園の取材でぶっ倒れそうだった朝日新聞の記者さんにサウナを教えたら、神戸サウナにハマ...more
カテゴリー:

もっと見る

「連載中」の画像

もっと見る

「連載中」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる