「連結決算」とは?

関連ニュース

JTB、2018年度決算は151億円の損失 経営改革不振認める - 05月26日(日)07:20 

JTB(ジェイティービー)は、2018年度の連結決算が151億円の純損失であったことを発表した。 2018年4月から、「新たな価値提供に向けた経営改革」として、「個人」「法人」の事業単位の組織再編を行い、「交流創造事業」を新たな事業領域として、各事業を推進してきたが、2018年度では、一部事業で経営改革の効果が表れたものの、十分な成果が得られなかったといい、コストの圧縮や成長領域への経営資源の最適配置が出来ていなかったことを認めている。 社会のデジタル化や市場度重なる自然災害による断続的な販売機会の逸失や、グローバル事業の取り巻く状況変化に対応するための経費がかさんだ。多額の特別損失や営業外損失を計上する形となり、増収減益となった。 また、2019年度の見通しについて、旅行者が増加することを想定しながらも、世界情勢を踏まえた景気や企業業績の先行きを不安視する論調の高まりを見据え、減収となることを見込んでいる。 ⇒詳細はこちら 投稿 JTB、2018年度決算は151億円の損失 経営改革不振認める は Traicy(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

JTBの19年3月期は151億円の最終赤字、減損や再編損で - 不景気.com - 05月24日(金)20:48 

大手旅行会社の「JTB」は、2019年3月期連結決算を発表し、当期純損益が151...
カテゴリー:

運用好調で各社増益 外貨建て保険で明暗 主要生保決算 - 05月24日(金)19:27 

 国内主要生命保険会社9社の平成31年3月期連結決算が24日、出そろった。本業のもうけを示す基礎利益は、安定した為替環境を背景におおむね良好だった相場環境を反映して6社が増益。日本生命保険、第一生命ホールディングス(HD)、明治安田生命保険、ソニー生命保険は最高益となった。売上高に当たる保険料等収入は、外貨建て保険の販売堅調などが寄与し6社が増収となった。
カテゴリー:

「ラッパマーク」外して初の100億円超 大幸薬品 - 05月23日(木)20:27 

 大幸薬品が胃腸薬「正露丸」に次ぐ主力商品と位置づける除菌消臭剤「クレベリン」の売り上げ拡大が後押しし、同社の平成31年3月期連結決算の売上高は過去最高の104億円となった。昭和21年の創業以来初めて100億円を突破した。
カテゴリー:

2019年3月期連結決算速報 - 05月23日(木)18:54 

[株式会社ダイナム]  当社の2019年3月期は、営業収入146,371百万円(前期比3.8%減)、税引前当期利益19,369百万円、当期利益12,591百万円(前期比15.2%増)の減収増益となりました。  中核事業であるパチンコホール業界におきまし...
カテゴリー:

【JTB】前期最終151億円の赤字に、海外子会社の減損などで - 05月24日(金)23:53  newsplus

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45232290U9A520C1TJ1000/ JTB、前期最終151億円の赤字に、海外子会社の減損などで 2019年5月24日 18:32 JTBは24日、2019年3月期の連結決算は最終損益が151億円の赤字(前の期は10億円の黒字)に転落したと発表した。リーマン・ショック後の消費不振などで赤字となった10年3月期以来9年ぶりで、赤字幅は過去最大。海外子会社ののれん代とITシステムの減損処理などで132億円の特別損失を計上したのが響いた。 売上高は前の期比3%増の1兆3674億円、営業利益は23%増の63億円だった。M&A (...
»続きを読む
カテゴリー:

運用好調で各社増益 外貨建て保険で明暗 主要生保決算 - 05月24日(金)19:43 

国内主要生命保険会社9社の平成31年3月期連結決算が24日、出そろった。本業のもうけを示す基礎利益は、安定した為替環境を背景におおむね良好だった相場環境を反映し…
カテゴリー:

【 #クレベリン 】大幸薬品「商品からラッパのマーク外したら売上高が過去最高になりました」 - 05月24日(金)00:51  newsplus

 大幸薬品が胃腸薬「正露丸」に次ぐ主力商品と位置づける除菌消臭剤「クレベリン」の売り上げ拡大が後押しし、同社の平成31年3月期連結決算の売上高は過去最高の104億円となった。  昭和21年の創業以来初めて100億円を突破した。  クレベリンは昨シーズン、パッケージから同社のシンボル「ラッパのマーク」を外し、シンプルでおしゃれなデザインに刷新したところ、消費者に好感されて売れ行きが伸びた。売上高は前期比22%増の48億円となり、全体の売上高を押し上げた。  大幸薬品が平成20年に発売したクレベ...
»続きを読む
カテゴリー:

「ラッパマーク」外して初の100億円超 大幸薬品 - 05月23日(木)20:18 

 大幸薬品が胃腸薬「正露丸」に次ぐ主力商品と位置づける除菌消臭剤「クレベリン」の売り上げ拡大が後押しし、同社の平成31年3月期連結決算の売上高は過去最高の104億円となった。昭和21年の創業以来初めて100億円を突破した。
カテゴリー:

“副業”を本格化 逆風の紳士服、はるやまの勝負手は - 05月22日(水)16:09 

 紳士服大手の業績が悪化している。今月14日に出そろった大手4社の平成31年3月期(コナカは30年10月~31年3月期)連結決算は、全社が減収減益に陥った。ビジネススタイルの変化で紳士用スーツの販売減が続く中、昨年は天候不順で消費が冷え、自宅勤務を含めた「働き方改革」の逆風も吹いた。こうした中、はるやま商事(岡山市)はスーツ販売以外の収益で底支えしようと、“副業”を本格化させている。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「連結決算」の画像

もっと見る

「連結決算」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる