「農林水産省」とは?

関連ニュース

栃木県、イチゴ新品種を披露 関西圏普及に追い風 病気に強く輸送面で優位 - 11月14日(水)23:46 

 栃木県の福田富一知事は14日、品種登録を出願していたイチゴ新品種「栃木i37号」が農林水産省から出願受理が公表されたことを明らかにした。同県が開発したイチゴの中でも果肉が硬くて輸送面でも優れ、関西圏での販売や海外輸出も期待される。福田知事は「収穫量が多いので関西方面で栃木のイチゴを市場開拓するにあたり、追い風にできる品種だ」と普及に意欲をみせた。
カテゴリー:

農水省:防災重点ため池、再選定へ 西日本豪雨で決壊 - 11月14日(水)00:58 

 農林水産省は13日、西日本豪雨で決壊が相次いだため池について、今後の対応策を発表した。優先的に対策を進める「防災重点ため池」の基準を見直し、決壊した場合に人的な被害が出る恐れのあるため池を漏れなく認定できるよう明確にした。今後、各都道府県に再選定をしてもらい、被害の未然防止を強化する。農水省の担当
カテゴリー:

農地バンクの協力金見直し 農水省、集約を加速 - 11月13日(火)21:24 

 農林水産省は13日、自民党の会合で農地の賃貸を仲介する「農地中間管理機構(農地バンク)」事業の見直し案を示した。集約に向けた地域の話し合いを促すため地域などに交付する協力金の仕組みを改善することなどを盛り込んだ。手続きの簡素化では、利用状況の報告を廃止して借り手の負担を減らす。
カテゴリー:

「ため池」防災対策の指針発表、農水省 - 11月13日(火)14:43 

 農林水産省は西日本豪雨で決壊が相次ぎ、被害拡大の一因とされる「ため池」について、今後の防災対策の指針を発表しました。
カテゴリー:

ため池決壊防止へ対応策 農水省、豪雨で被害相次ぐ - 11月13日(火)09:17 

 農林水産省は13日、西日本豪雨で決壊が相次いだため池について、今後の対応策を発表した。緊急点検の結果、全国で1540カ所のため池に応急措置が必要なことが判明しており、未然に被害を防ぐための対策を強化する。
カテゴリー:

野菜の小売価格、天候回復でダイコンなど平年並みに - 11月14日(水)22:03 

 農林水産省が発表した野菜の小売価格は、天候が回復し、生育が順調だったことなどから、ダイコンなどの価格が平年並みに落ち着いています。
カテゴリー:

【悲報】安倍内閣、農地を守るため堤防を建設するも、そこに農地がないことが発覚 - 11月14日(水)00:50  poverty

堤防作ったが…守るべき農地がない 計1億4千万円無駄 会計検査院が9日に公表した「2017年度決算検査報告」によると、沿岸部の農地を津波や高潮から守るための堤防など海岸保全施設のうち、約60カ所で既に農地がなくなっていたり、荒れて耕作ができない状態になっていたりした。 これらの施設の新設や維持管理のため、国は2013~17年度の5年間で計約1億4400万円を支出していた。  検査院によると、農地を守るために堤防や離岸堤が整備された海岸318カ所を調べたところ、青森、三重、香川、愛媛、佐賀の5...
»続きを読む
カテゴリー:

【外食で応援】福島産米、業務用米の比率は65% 全国2位 - 11月13日(火)19:23  newsplus

業務用米の比率 全国2位 11月06日 19時16分 福島県で生産されたコメのうち、外食や弁当などの「業務用米」として使われる割合は65%を占め、全国で2番目に高くなっています。 農林水産省は仲卸業者を対象に、去年6月までの1年間に全国で生産されたコメの流通先を調査し、家庭向けのコメと業務用米の割合をことし3月に公表しました。 それによりますと、全国では家庭向けが61%だったのに対し、業務用米は39%でした。 都道府県別に見ると、福島県の業務用米の割合は65%と前の年より1ポイント高くなり、都道府県別...
»続きを読む
カテゴリー:

「防災重点ため池」を再選定へ - 11月13日(火)13:18 

農林水産省は13日、西日本豪雨で決壊が相次いだため池について、今後の対応策を発表した。優先的に対策を進める「防災重点ため池」の基準を見直し、決壊した場合に人的な被...
カテゴリー:

県開発酒米の名前は「百田」「一穂積」 20年にも品種登録へ - 11月13日(火)07:20 

 秋田県は2017年度までに開発したオリジナルの酒米「秋田酒121号」「秋田酒120号」の2種類について、「百田(ひゃくでん)」と「一穂積(いちほづみ)」の名前で、農林水産省にそれぞれ品種登録を出願し…
カテゴリー:

もっと見る

「農林水産省」の画像

もっと見る

「農林水産省」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる