「農事組合法人」とは?

関連ニュース

【近鉄百貨店】「地域商社事業“発”の名産品」第一弾誕生  地域共創型の百貨店として本格始動 - 11月15日(木)18:30 

株式会社近鉄百貨店は、地域社会と共に成長・発展する地域共創型の百貨店として、今年3月より地域商社事業の取組みを開始し、最初の取組みである奈良県内において地域の新たな魅力を生み出す商品開発プロジェクトを進めてまいりました。この度、奈良県内の自治体・生産者である「農事組合法人ふるさと明日香(明日香村)」「山添村」「吉田屋」「リストランテ リンコントロ」と連携し、地域商社事業第一弾となる奈良の新たな名産...
カテゴリー:

AIで減農薬「スマート枝豆」販売 - 11月08日(木)11:00 

IT企業のオプティム(本店・佐賀市)は、農薬をピンポイントで散布する技術を使い、兵庫県篠山市の農地で栽培した「スマート丹波黒枝豆」を、東京と千葉、神奈川県の高島屋で販売した。 ドローンで農地や農作物の画像を撮影し、AIで分析。病害虫の検知を行い、ピンポイントで農薬を散布する技術。減農薬につながり、病害数もカウントできるという。 農事組合法人「丹波ささやまおただ」(兵庫県)が管理する農地で、枝豆と大豆で独自の散布技術を使って栽培した。
カテゴリー:

日本では年間300人以上の人が農作業中に亡くなっています。 - 11月07日(水)10:30  poverty

トラクター横転、下敷きに…農作業中の死は年300人超 岡野翔 2018年11月7日10時03分 https://www.asahi.com/articles/ASLBH655FLBHUUPI009.html  「食」を支える農業の現場で、安全の確保が課題になっている。 農作業中に亡くなるのは年間300人以上。就業者10万人あたりの死者数では全産業平均を大きく上回る。 安全は農家の「自己責任」に委ねられているのが実情だ。  霧島連山のふもと、宮崎牛の生産地として知られる宮崎県高原(たかはる)町。 5月18日午前、蒲牟田(かまむた)地区の農業黒木可也(よしや)さ...
»続きを読む
カテゴリー:

ICT・IoTを活用したおいしい「いちご」栽培に関する実証研究が産学連携で進行中 - 11月05日(月)17:32 

2018年11月5日 金沢工業大学 【産学連携研究の最前線】ICT・IoTを活用したおいしい「いちご」栽培に関する実証研究が産学連携で進行中。新たな農業従事者の担い手確保につながる次世代型の営農システムとして期待 金沢工業大学地方創生研究所では北菱電興株式会社(金沢市)と共同で「いちごの成長制御を目的とした圃場全体の制御システムの研究開発」に、2018年2月から取り組んでいます。環境モニタリングセンサ-を活用していちご栽培に最適な環境条件の確立を目指すもので、北菱電興株式会社と農事組合法人んなーがら上野営農組合(白山市)が共同運営する「いちごファームHakusan」(石川県白山市上野町フ14番地)で実証実験を行っています。新たな農業従事者の担い手確保につながる次世代型の営農システムとして期待されています。 高設栽培のため果実が土に触れることなく衛生的本研究の概要 金沢工業大学地方創生研究所(所長 大澤敏学長)では文部科学省「平成28年度私立大学研究ブランディング事業」の一環として、金沢工業大学が有する「空間情報」「エネルギーマネジメント」「ロボット技術」「AI」「IoT」「センサ」「画像認識」などの技術を活用した地方創生の研究と実証実験に取り組んでいます。 北菱電興株式会社では地域の再生可能エネルギーを地域で利用する「地産地消型」の営農モデルとして、同社が開発したマイクロ水力発電を...more
カテゴリー:

大豆の収穫盛ん、秋田市雄和 コンバイン軽快に - 11月08日(木)15:09 

 秋田市雄和種沢地区で大豆の収穫が盛んに行われている。一面が褐色となった畑では、コンバインが軽快なエンジン音を響かせている。 収穫しているのはリュウホウという品種。同地区の農家でつくる農事組合法人・種…
カテゴリー:

「ふかうら雪人参」が商標登録 - 11月08日(木)09:00 

青森県深浦町の農事組合法人舮作(へなし)興農組合(坂本正人代表理事)が生産する「ふかうら雪人参」が商標登録された。12月~3月の厳寒期に雪の下の畑から掘り出されるふかうら雪人参は、甘みが強く、うま味成分が豊富なのが特長。坂本代表理事が7日、町役場を訪れて吉田満町長に商標権取得を報告し、「深浦ブランドを全国的に広めたい」と喜びを語った。 ふかうら雪人参は、舮作興農組合が1996年ごろから生産。現在は日本海を望む高台の畑約50ヘクタールで作付けし、毎シーズン千トン前後を収穫している。
カテゴリー:

【農業】トラクター横転、下敷きに…農作業中の死は年300人超 - 11月07日(水)10:12  newsplus

トラクター横転、下敷きに…農作業中の死は年300人超 11/7(水) 10:03配信 朝日新聞デジタル https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000021-asahi-soci  「食」を支える農業の現場で、安全の確保が課題になっている。農作業中に亡くなるのは年間300人以上。就業者10万人あたりの死者数では全産業平均を大きく上回る。安全は農家の「自己責任」に委ねられているのが実情だ。  霧島連山のふもと、宮崎牛の生産地として知られる宮崎県高原(たかはる)町。5月18日午前、蒲牟田(かまむた)地区の農業黒木可也(...
»続きを読む
カテゴリー:

「農事組合法人」の画像

もっと見る

「農事組合法人」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる