「転換期」とは?

関連ニュース

【ドラマ】下町ロケット:阿部寛主演の人気連ドラ続編決定 10月から - 07月19日(木)04:46  mnewsplus

2018年07月19日 下町ロケット:阿部寛主演の人気連ドラ続編決定 10月から  俳優の阿部寛さんが主演し、2015年10月クールに放送された人気ドラマ「下町ロケット」(TBS系)の続編が今年10月期に放送されることが19日、明らかになった。続編は、今月20日に発売される「下町ロケット」シリーズの最新作となる第3弾「下町ロケット ゴースト」(小学館)が原作で、前作に引き続き阿部寛さんが主人公の佃航平を演じ、立川談春さん、安田顕さん、和田聰宏さん、今野浩喜さん、中本賢さん、谷田歩さんら佃製作所のメンバーの続投も発表され...
»続きを読む
カテゴリー:

逃げ場なしホラー観覧車も登場、「恐怖もシェアする時代に」専門家に聞く - 07月18日(水)06:30 

 東京お台場・パレットタウン大観覧車と、マリノアシティ福岡観覧車“ スカイホイール”が、7月14日から9月2日(日)までの期間、夜間のみ台数限定でホラー仕様に変わる。USJの『ホラーナイト』や水族館、商店街など場所を選ばず“お化け屋敷”化の事例もあり、レジャースポットが“お化け屋敷”に変身する傾向にある。なぜ観覧車をホラー化するのかプロデューサーに話を聞くとホラーコンテンツも時代と共に進化していることがわかった。 【写真】閲覧注意の怖さ!密室で迫りくる“血バサミ女”ほか恐怖画像集 ■なぜ観覧車がお化け屋敷に? 「観覧車はホラーにうってつけの題材」  お台場&福岡で展開中のホラー観覧車“血バサミ女の観覧車”は、ヘッドフォン着用による立体音響、窓の外から霊が襲ってくるプロジェクション、振動するシート…で、乗ったら最後、1周するまで逃げられない最凶仕様。今まで、観覧車を使った恐怖モノとしては、乗りながら怪談を聴く、といったモノはあったが、今回のようにマッピングや立体音響、椅子が揺れる…という恐怖を体感するイベントはおそらく世界初とのこと。従来の観覧車のイメージを覆すプロデュースしたのは、ホラー×テクノロジーで新しい恐怖体験を作り出す株式会社 闇。設立時に公開したHPが「怖すぎる企業サイト」として1日で10万PVを記録し、話題になった会社だ。同社の代表でありプロデューサーの頓花聖太郎...more
カテゴリー:

ブロックチェーン・アプリ開発ツールのTECHFUNDが1.2億円を調達、起業家への技術支援を加速 - 07月17日(火)11:30 

写真右からTECHFUND代表取締役の川原ぴいすけ氏、共同代表の松山雄太氏 スタートアップや起業家の技術的支援を行うTECHFUNDは7月17日、野村ホールディングスのコーポレート・ベンチャーキャピタルファンド、ユナイテッド、インフォテリア、西川潔氏、竹内秀行氏、そのほか数名の個人投資家を引受先とする1億円の第三者割当増資、ならびに西武信用金庫と日本政策金融公庫からの2000万円の融資により、総額1.2億円の資金調達を実施したと発表した。 同社は2018年6月21日に、ブロックチェーン・アプリケーションの開発を支援するサービス「ACCEL BaaS」のβ版をリリース。今回の増資をもとに、同サービスの開発を加速させるという。 ACCEL BaaSの強みは簡単にブロックチェーン・アプリケーションを開発できること。APIを呼び出してブロックチェーン・アプリケーションの開発に必要となる基本機能を実装することが可能だ。特定のプログラミング言語に依存しないため、ウェブだけでなくIoTや基幹システムなど多様なケースへの導入が想定されているという。 同サービスは頻繁に使われるスマートコントラクトをテンプレート化、そして設定をGUI化することで、Solidityなどのプロトコル固有の開発言語に習熟せずに、一般的なブロックチェーン機能を提供できるように設計されている。 また、各種ブロックチェーンのプロ...more
カテゴリー:

【経済】20~30代が負う「日本型先送り」の甚大なツケ。人口構成を見れば火を見るよりも明らかだ - 07月11日(水)15:08  bizplus

今の日本は戦後かつてないほどの大きな課題を数多く抱えています。 内政的には1000兆円を超えるほど政府部門の財政赤字が膨らんでしまい、年金・介護・医療といった社会保障制度が超少子高齢化で持続可能性が危ぶまれ、人口減少で労働力不足や経済縮小が懸念されています。福島第一原発を皮切りに原子力発電の廃炉という長期国家プロジェクトが始まっています。 言うまでもなく長期的な国家的課題に一人ひとりが直接対峙して解決することは到底不可能ですから、国民としては一義的には政治家や官僚が危機を未然に防ぐことに期待せざ...
»続きを読む
カテゴリー:

1000社を超えた「大学発ベンチャー」、倒産数は?黒字化には何年かかっている? - 07月09日(月)06:10 

帝国データバンクの「大学発ベンチャー企業の経営実態調査(2018年)」によると、2017年の産学連携は、2016年春に出された「産業界から大学などへの投資を3倍に」という官民合意の目標のもとで、地域金融機関や企業などによる大学発ベンチャー企業(VB)への投資や事業提携が相次いだという。2017年8月には、文部科学省が国立大学における大学発VBの株式の長期保有を認める通知を発表した。これにより、産学連携が転換期を迎えている。本調査はこの動向を受け、大学発ベンチャー企業1002社について、経営実態を調査・分析。さらに、大学発VBの倒産および休廃業・解散動向について分析した。
カテゴリー:

阿部寛主演『下町ロケット』続編が10月に放送決定!池井戸潤も「大いに期待」 - 07月18日(水)20:34 

2015年の10月期にTBS系で放送され、好評を博した阿部寛主演のドラマ『下町ロケット』の続編の制作が決定した。原作は、池井戸潤の小説「下町ロケット」シリーズの第3弾となる「下町ロケット ゴースト」。大きな転換期を迎えた佃製作所の新たな戦いを描いていく。前作の『下町ロケット』では、小説のシリーズ第1弾と第2弾をベースに物語が展開。第2弾の小説「下町ロケット ガウディ計画」はドラマの放送されている最中に発売され、ドラマの6話からは、ガウディ計画編として、発売直後の小説を原作としたストーリーが繰り広げられた。主演の阿部は、ロケット開発への熱い思いと、諦めない姿勢で社員を引っ張る佃製作所の社長・佃航平を熱演。さらに、殿村直弘役の立川談春、山崎光彦役の安田顕をはじめ、和田聰宏、今野浩喜、中本賢、谷田歩らが阿部を支えた。特許侵害訴訟、ロケットエンジン用バルブシステム開発、人工心臓弁ガウディ計画など、度重なる困難を社員が力を合わせて切り抜けていく佃製作所の物語は、放送中から大きな反響を呼び、最終回の平均視聴率は22.3 %を記録。さらに、「第2回コンフィデンスアワード・ドラマ賞」作品賞や「東京ドラマアウォード2016」連続ドラマ部門優秀賞など、数々の賞を総なめにし、2015年を代表するドラマの一つに輝いた。そんな大ヒット作の続編が、2018年の10月期に日曜劇場枠(毎週日曜21:00~)で放送...more
カテゴリー:

小栗龍馬ら参戦で激動の革命編に突入した「西郷どん」DVD発売!鈴木亮平×西田敏行の新旧 西郷隆盛 対談も - 07月18日(水)00:00 

7月15日放送の第26回で、小栗旬演じる坂本龍馬をはじめとする幕末の英雄たちが続々と登場し、盛り上がりを見せている鈴木亮平主演の大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。本作のブルーレイ&DVD BOX第壱集が、7月18日(水)に発売となる。 【写真を見る】7月22日(日)放送の「西郷どん」では、桂小五郎(玉山鉄二)が吉之助(鈴木亮平)に接触!/(C)NHK 今回発売されるブルーレイ&DVD BOX第壱集には、放送第1回から篤姫(北川景子)の輿入れまでを描いた第12回までが収録されている。 主人公・西郷隆盛(吉之助)を演じる鈴木、幼なじみでありライバルの大久保利通(一蔵)役には瑛太、西郷の3人目の妻となる岩山糸役に黒木華、カリスマ薩摩藩主・島津斉彬役には渡辺謙、斉彬の養女・篤姫役に北川と、動乱の幕末を彩る豪華キャストが出演し話題になった本作。 西郷隆盛の父・吉兵衛役に風間杜夫、母・満佐役に松坂慶子、大久保利通の父・次右衛門役に平田満と、こちらの3人の息の合った掛け合いも再び見ることができる。 また、特典映像には鈴木と西田敏行による「新旧 西郷隆盛 対談」や鈴木と渡辺による名場面振り返り企画など多数収録されているという。 その他にも、封入特典として特製ブックレットや相関図リーフレット、初回購入特典として「西郷どん」第壱集のポスターの付与、さらに全巻購...more
カテゴリー:

日本政府「こんなにも日本人を増やすのが難しいとは思わなかった。このままではガチでやばい」 - 07月12日(木)10:21  poverty

20~30代が負う「日本型先送り」の甚大なツケ 今の日本は戦後かつてないほどの大きな課題を数多く抱えています。 内政的には1000兆円を超えるほど政府部門の財政赤字が膨らんでしまい、年金・介護・医療といった社会保障制度が超少子高齢化で持続可能性が危ぶまれ、人口減少で労働力不足や経済縮小が懸念されています。 福島第一原発を皮切りに原子力発電の廃炉という長期国家プロジェクトが始まっています。 言うまでもなく長期的な国家的課題に一人ひとりが直接対峙して解決することは到底不可能ですから、国民としては一義的に...
»続きを読む
カテゴリー:

【フィギュアスケート】羽生結弦、国民栄誉賞会見でNG質問だった高橋大輔との関係 - 07月10日(火)07:13  mnewsplus

 首相官邸で7月2日に行なわれた国民栄誉賞表彰式での羽生結弦(23)は、袴姿で爽やかな笑みを浮かべていた。 「皆さまとともに取れた賞だから」と記念品を辞退したことなどを謙虚に語っていたが、記者たちには“タブー”の話題があったという。 「羽生の囲み取材に入る前に、日本スケート連盟関係者からの要望で記者団に“高橋大輔さんの件についての質問はNGです”というアナウンスがあったんです。場所が官邸だったので政治部の記者が多く、その意図が深読みされることもなかったのですが、スポーツ担当の記者たちは内心ガッカリして...
»続きを読む
カテゴリー:

ニーズ捉え新価値創造/クラール社会保険労務士事務所 所長 佐々木 亮 - 07月08日(日)05:01 

 今年は、社会保険労務士にとって制度創設50周年を迎える記念すべき年であり、全国社会保険労務士会連合会をはじめ、都道府県会でも記念式典が予定されていると聞く。あらためて、諸先輩方の制度発展、社労士の地位向上に努めてこられたご尽力・ご功績に心から敬意を表したい。 他方、我われ社労士は、大きな転換期を迎えようとしている。 昨今、IT化の進展、AI(人工知能)時代の到来によって、業務の効率化が進み、今後……[続きを読む]
カテゴリー:

もっと見る

「転換期」の画像

もっと見る

「転換期」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる