「趣里」とは?

関連ニュース

ファンタ宣伝部長菅田将暉、今夏やりたいことはビニールプール! - 07月17日(火)20:20 

菅田将暉が“ファンタ宣伝部長”を務める「ファンタ」ブランドの新TVCM「ぼくらのやりたい100のコト!ボトル」篇が7月17日より全国放映スタートした。 【写真を見る】見てるだけで元気になれそうな、菅田将暉の満面の笑顔! パッケージに「#花火でワイワイ」「#運命的な恋がしたい」など、100種類ものユニークな“夏にやりたいコト“を書いた「ファンタ」が16日より期間限定で発売。 今回のCMは、クールな夏男となった菅田が「ファンタ宣伝部」のオープンカーで登場。髪をかき上げたり、3つのボトルを同時にノールックでキャッチしたりとかっこいい姿を見せながら、ボトルを通じてこの夏にやりたいことを仲間たちと一緒に盛り上げる内容になっている。 ボトルをノールックでキャッチするシーンの撮影では、ワイヤーでつられた3本のボトルを視界に入れずに片手でキャッチすることが求められた菅田。 少しでも手の位置がずれると、ボトルが手の平の上できれいに立たないため、難易度が高かったが、菅田は一回目で見事に成功。舞台やドラマなどで鍛えた、繊細ですぐれた体の感覚を生かして決めた。 CM中では宣伝部長としてこの夏にやりたいことを「海行って、ヨットで、かき氷!」と宣言しているが、インタビューで自身のことを聞かれた菅田は、「#テラスでビニールプール」と「#ハンモックで昼寝」を希望。 「以前ビニールプールをやろうと調べたことがあるの...more
カテゴリー:

菅田将暉と山崎貴監督が初タッグ!『アルキメデスの大戦』映画化決定 - 07月16日(月)21:53 

2014年の年間邦画興行収入ランキングで1位に輝いた『永遠の0』(13)と、2位に輝いた『STAND BY ME ドラえもん』(14)の両作を手がけた日本映画界随一のヒットメーカー山崎貴監督が、「ドラゴン桜」で一世を風靡した三田紀房の人気漫画「アルキメデスの大戦」を実写映画化することが発表された。 【写真を見る】今度の菅田将暉は“天才数学者”!日本の命運を握る重要な役柄に/[c]2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 [c]三田紀房/講談社 本作の舞台は1930年代の日本。アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦“大和”を建造。日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。そんな中、その計画に反対を唱える海軍少将・山本五十六は“大和”建造を阻止するため、帝国大学100年に1人の逸材で“アルキメデスの再来”ともよばれる天才数学者・櫂直を引き入れることに。 日本の命運を握る主人公の天才数学者・櫂直を演じるのは『あゝ、荒野』(17)で第41回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞し、いまや日本映画界に欠かせない俳優へと成長を遂げた菅田将暉。若手トップクラスの演技力を持つ彼は、山崎監督とは初めてのタッグ。劇中で描かれる重要なシーンに向け、クランクイン前から“戦艦の製図”を練習するなど、準備に余念がないそうだ。 山崎監督にとっては『永遠の0』以来となる...more
カテゴリー:

菅田将暉、天才数学者に!「アルキメデスの大戦」主演で山崎貴監督と初タッグ - 07月16日(月)05:00 

 俳優の菅田将暉が、三田紀房氏の人気漫画を山崎貴監督のメガホンで映画化する「アルキメデスの大戦」に主演し、天才数学者の櫂直(かい・ただし)を演じることが明らかになった。菅田にとって、ヒットメイカー・山崎監督とは初タッグとなる。 ・【フォトギャラリー】撮影現場での菅田将暉、その他の写真はこちら  「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ累計興行収入が112億円超、「永遠の0」の興収87.6億円、八木竜一監督との共同名義作「STAND BY ME ドラえもん」の興収83.3億円など大ヒット作を手がけ続けてきた山崎監督。近年も「海賊とよばれた男」(興収23.7億円)、「DESTINY 鎌倉ものがたり」(興収32億円)と安定した成績を残してきているが、今作では「永遠の0」以来、再び第二次世界大戦を描き、圧巻のVFXで「戦艦大和」をスクリーンに映し出す。  物語は、1930年代の日本が舞台。対米開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦“大和”を建造し、日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。その計画に反対する海軍少将・山本五十六は、帝国大学100年の1人の逸材、アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直を引き入れる。櫂は数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる大和建造費の見積額に矛盾を発見し、軍部の陰謀を暴こうとする。  主人公の櫂を演じる菅田は、今年の第...more
カテゴリー:

菅田将暉が日本の命運を握る天才数学者に!「現代人に突き刺さる題材だと思います」 - 07月17日(火)06:30 

数々の大ヒット映画を生み出し、名実共に日本映画界を代表する映画監督・山崎貴が、「永遠の0」(2013年)以来再び第二次世界大戦を描く最新作「アルキメデスの大戦」の製作が決定。主演に今をときめく若手実力派俳優・菅田将暉を迎え、圧巻のVFXで「零戦」を描写した山崎監督が、今作では「戦艦大和」をスクリーンに映し出す。 【写真を見る】映画初タッグの菅田将暉&山崎貴監督がガッシリ手を組んだ!/(C)2019 映画「アルキメデスの大戦」製作委員会 (C)三田紀房/講談社 原作は「ドラゴン桜」や現在放送中ドラマ「インベスターZ」(テレビ東京ほか)などで知られる三田紀房による同名漫画。 物語の舞台は1930年代の日本。アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍の司令部は、世界最大級の戦艦“大和”を建造し、日本の国威を世界に示すという計画を立てていた。 その計画に反対を唱える海軍少将・山本五十六は、“大和”建造を阻止するため、帝国大学100年に1人の逸材=アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直(かいただし)を引き入れる。 櫂は、数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる“大和”建造費の見積もり額に矛盾を発見し、軍部の陰謀を暴こうとするのだが…というストーリー。 そんな本作で主演を務めるのが菅田だ。2017年に「帝一の國」「火花」「銀魂」など計6つの話題作に出演し、「あゝ、荒野」では第41回日...more
カテゴリー:

菅田将暉が戦艦大和建造を阻止する天才数学者役で山崎貴監督と初タッグ!『アルキメデスの大戦』映画化 - 07月16日(月)17:07 

菅田将暉主演、山崎貴監督のメガホンで、数学の天才が「戦艦大和建造計画」阻止に挑む姿を描いた同名コミックが『アルキメデスの大戦』として映画化されることがわかった。 『ALWAYS三丁目の夕日』シリーズ3作品で総興行収入112億超の大ヒットを記録した山崎監督は、零戦搭乗員の物語を描いた『永遠の0』(13年/興収87.6億円)をはじめ、『STAND BY ME ドラえもん』(14年/八木竜一との共同監督で興収83.3億円)、『海賊とよばれた男』(16年/興収23.7億円)、『DESTINY 鎌倉ものがたり』(17年/興収32億円)など、次々と大ヒット作を生み出す日本映画界きってのヒットメイカーだ。そんな山崎監督が、『永遠の0』以来となる第2次世界大戦を描くのが、最新作『アルキメデスの大戦』。 原作は「ドラゴン桜」で一世を風靡した三田紀房(みた・のりふさ)による同名コミック。舞台は1930年代の日本。アメリカとの開戦を視野に入れた大日本帝国海軍司令部は、世界最大級の戦艦大和を建造し、日本の国威を世界に示す計画を立てていた。その計画に反対を唱える海軍少将・山本五十六は、大和建造を阻止するため、帝国大学100年に1人の逸材で、アルキメデスの再来と呼ばれる天才数学者・櫂直(かい・ただし)を引き入れる。櫂は、数学者ならではの視点で、巨額の国費を投じる大和建造費の見積もり額に矛盾を発見し、軍部の...more
カテゴリー:

「趣里」の画像

もっと見る

「趣里」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる