「超高齢社会」とは?

関連ニュース

転職前に知っておきたい! これから期待できる業界5つ - 07月17日(火)07:10 

働く女性のなかには、転職をしようと考えている人も多いことでしょう。せっかく転職をするのなら、今後の人生にプラスになる将来性のある仕事を選びたいものです。そこで、キャリアカウンセラーの木村俊夫さんに、将来性のある仕事にはどんなものがあるのか、お聞きしました。 ■成長が期待できる業界とは? 今後伸びていくであろう業界は、対人支援に関わる職業です。それは、AIに代替されにくい職業と考えられるからです。車の運転も自動化され、レジもセルフになりコンビニの自動化も取り上げられている時代、単純な作業はAIに代替されることが懸念されます。 一方、人は人の声に安心感を覚えたり、同調するという面もあります。また、人をよく見る、話をよく“聴く”ということは、AIでは代替できません。ただこれだけであれば、対人支援職がなくならない仕事ということに過ぎず、今後伸びていくというためには少し根拠が乏しいと言わざるを得ません。 しかし、たとえば心理系では認定心理士という国家試験を設けたり、キャリアコンサルタントが国家資格化した上で10万人計画を掲げるなど、国も対人支援職を応援しています。これまでも介護や医療の分野で支援を行っておりますし、対人支援の分野がこれから発展期であると考えています。 ■将来性のある仕事を見極めるには? 転職を考える場合一番大切になるのは、自分がやりたいことや求めるものを明確にし、...more
カテゴリー:

100歳時代到来!超高齢化社会の企業と地域の役割とは 産経ビジネスセミナー 7月23日開催 - 07月12日(木)13:32 

[産経新聞社] [画像1: https://prtimes.jp/i/22608/371/resize/d22608-371-617164-0.jpg ] 申し込みはウェーブ産経からhttps://id.sankei.jp/e/184 セミナーの第1部では、電通シニアプロジェクトの斉藤徹氏が超高齢社会にお...
カテゴリー:

「交流」×「健康」まちづくりヘルスケアセミナー 8月27日(月)大阪にて開催 ≪自治体様向け≫ - 07月11日(水)15:00 

[株式会社JTB] わが国は世界でも類を見ない超高齢社会に突入しており、医療費抑制に向けた予防領域への取組みや、シニアが活躍するための健康寿命延伸の取組みが必要と言われています。 [画像1: https://prtimes.jp/i/31978/12...
カテゴリー:

空き家の除去費、介護費も!申請でもらえる「補助金サービス」 - 07月05日(木)11:00 

これまで税金や保険料をちゃんと納めている人なら当然のこと!“困ったとき”は、行政サービスを最大限に利用して、そのお金を使わせてもらいましょう!!   「マイナンバーカードの申請・発行が始まって2年半ほどたちますが、普及率はわずか11%ほど。そのため、カードで利用できる『マイナポータル』という個人向けサイトも昨年11月に本格運用されたのに“あまり知られていない”というのが現状です。これは、パソコン上やスマートフォンで一部行政手続きができますし、児童手当など子育て関連のサービスも申請可能。“カンタンで得する”のにもったいない……」   そう話すのは『最新版 届け出だけでもらえるお金 戻ってくるお金』(宝島社)を監修した、ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんだ。マイナポータルとは、政府が運営するオンラインサービス。   「パソコンを利用する場合は、家電量販店で2,000〜3,000円で販売されているマイナンバー対応のICカードリーダライタを接続。同機能を内蔵している一部Android端末・スマートフォンでも利用できます」   現在のサービス内容について、内閣府の大臣官房番号制度担当室の担当者が説明してくれた。   「税や社会保障に関しての個人情報を閲覧できます。またサイト内の『子育てワンストップサービス』では、保...more
カテゴリー:

日本医師会会長 横倉氏が4選 - 06月24日(日)21:07  newsplus

日本医師会の会長選挙が23日に行われ、現職の横倉義武氏が4選を果たしました。 日本医師会は23日、東京・文京区で代議員会を開き、任期満了に伴う会長選挙を行いました。 会長選挙には現職の横倉義武氏(73)と奈良県医師会の前会長の塩見俊次氏(68)の2人が立候補し、欠席した1人を除く、367人の代議員による投票が行われました。 その結果、横倉氏が328票、塩見氏が19票、白票が19票、無効票が1票で、横倉氏の4選が決まりました。 横倉氏は73歳。福岡県内の病院の理事長で、6年前から3期連続で会長を務め、現在は日本...
»続きを読む
カテゴリー:

超高齢社会 企業・地域役割 23日に産経ビジネスセミナー - 07月13日(金)05:00 

産経新聞社は、「産経ビジネスセミナー、超高齢化社会における企業と地域の役割とは?」を23日午後4時から、産経新聞東京本社7階会議室で開催します。セミナー第1部で…
カテゴリー:

【経済】20~30代が負う「日本型先送り」の甚大なツケ。人口構成を見れば火を見るよりも明らかだ - 07月11日(水)15:08  bizplus

今の日本は戦後かつてないほどの大きな課題を数多く抱えています。 内政的には1000兆円を超えるほど政府部門の財政赤字が膨らんでしまい、年金・介護・医療といった社会保障制度が超少子高齢化で持続可能性が危ぶまれ、人口減少で労働力不足や経済縮小が懸念されています。福島第一原発を皮切りに原子力発電の廃炉という長期国家プロジェクトが始まっています。 言うまでもなく長期的な国家的課題に一人ひとりが直接対峙して解決することは到底不可能ですから、国民としては一義的には政治家や官僚が危機を未然に防ぐことに期待せざ...
»続きを読む
カテゴリー:

メットライフ生命、理化学研究所設立の「保険イノベーション創出研究会」に参画 - 07月10日(火)16:00 

[メットライフ生命] 超高齢社会にある日本では、退職後の長い人生で、健康を維持していくという新たな課題に直面しています。当社は、お客さまが健康で豊かな老後を過ごせるよう、そして、誰もが明るい老後を思い描くことができるよ...
カテゴリー:

脳トレよりも麻雀を!専門医が教える認知症を予防する生活習慣 - 07月05日(木)06:00 

超高齢社会、何より怖いと思われている認知症。原因とされるアミロイドβは健常な人の脳にも蓄積されているという。だが、新しい生活習慣で発症を防ぐことは可能なのだ——。   《60歳以上の5人に1人の脳に異常タンパク質アミロイドβが溜まっている……》   今年5月、大手新聞各紙にこんな見出しが躍った。“脳のゴミ”ともいわれるアミロイドβとは、アルツハイマー病の原因とされている脳内に発生する異常タンパク質。高齢者の7人に1人が認知症になるといわれているいま、「認知症だけは避けたい」と多くの人が願うだけに、衝撃的なニュースだ。   これは、東京大学大学院医学系研究科神経病理学分野の岩坪威教授が中心となって、'08年から行っているJ-ADNIの研究によるもの。アルツハイマー病を発症していない60歳以上の健常者83人の脳の画像診断などから、23%にあたる19人にアミロイドβが蓄積されていたことがわかった。   「アルツハイマー病の発症は、加齢とともにアミロイドβが脳に蓄積し、リン酸化タウと呼ばれるタンパク質を発生させることが始まりです。このリン酸化タウが神経細胞の破壊、脳細胞の死滅を導きます。脳はある程度、細胞の数が減っても、予備能力で機能してくれるのですが、重要な領域の細胞の半分以上が破壊されるとアルツハイマー病では記憶障害などを発症し始...more
カテゴリー:

「超高齢社会」の画像

もっと見る

「超高齢社会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる