「資金調達」とは?

関連ニュース

トークンセール後、4カ月生き延びるICOは半分にも満たない - 07月20日(金)18:48 

新しい学術研究調査は、ICOを通して資金調達した暗号通貨のプロジェクトの50%以上が、トークンセール後、5カ月ももたずに消えていると結論づけた。
カテゴリー:

国内普通社債発行に関するお知らせ - 07月20日(金)15:06 

[株式会社マクロミル] 本普通社債の発行は、資金調達手段の多様化による財務安定性の向上を企図し、金融機関からの間接金融による資金調達等と合わせて、当社グループの将来の成長に必要な資金を機動的に調達できる体制を構築すること...
カテゴリー:

2018年上半期の仮想通貨ICO資金調達レポートを公開 - 07月20日(金)12:39 

ICOコンサルティングを事業とする株式会社世界は、2018年上半期の「暗号通貨ICOの資金調達レポート」を公開した。
カテゴリー:

不動産のプロが語る不動産テック--「クラウドファンディング」は革命者か破壊者か?! - 07月19日(木)08:30 

不動産業にテックを活用したい不動産事業者と、不動産業にテックで切り込みたい不動産テック事業者を対象として連載『不動作のプロが語る不動産テック」。不動産テックカオスマップの12個のカテゴリを順番に語っていく。今回は、新たな資金調達手法として注目を集めるクラウドファンディングについて解説する。
カテゴリー:

【M&A速報:2018/07/17(2)】ブロックチェーン・アプリ開発支援サービスのTECHFUND、資金調達を実施 - 07月17日(火)16:28 

【M&A速報:2018/07/17(2)】ブロックチェーン・アプリ開発支援サービスのTECHFUND、資金調達を実施
カテゴリー:

ディズニーも出資する“MRお化け屋敷”運営のTYFFON、東急レクとタッグで国内出店加速へ - 07月20日(金)15:09 

花火大会、海水浴、夏祭り——。夏といえば色々なイベントが多いシーズンだけど、僕個人としてはこの季節に無性に行きたくなるのがお化け屋敷だ。 今はそのお化け屋敷さえも“IT化”する時代。約1年前に紹介したTYFFON(ティフォン)が開発するMRホラーアトラクション「Magic-Reality: Corridor(コリドール)」は、まさにAR/VR/MR時代のお化け屋敷といえるだろう。 そんなコリドールなどが楽しめる施設「TYFFONIUM(ティフォニウム)」を2017年10月よりダイバーシティ東京内で展開しているTYFFON。同社は7月19日、東急レクリエーションと資本業務提携を締結し、国内でTYFFONIUMの出店を加速させることを明らかにした。 第1弾として、今秋に東急レクリエーション直営の「TYFFONIUM 渋谷店」のオープンを予定。同社によると今回の提携は「双方の強みを活かした店舗出店の取り組みが主幹となり、資本提携は提携を強固にするための補助的な位置付け」とのことで、調達額は数千万円規模になるという。 TYFFONについては前回の記事で詳しく紹介しているが、2011年11月の創業。2014年にディズニーのアクセラレーターの第1回プログラムに選ばれ、同社から出資を受けているほか、2017年にはインキュベイトファンドとアカツキ...more
カテゴリー:

HiJoJo Partners株式会社が、J-KISS型新株予約権方式により資金調達を実施 - 07月20日(金)13:01 

[HiJoJo Partners株式会社] HiJoJo Partnersは、国内外の株式市場での先駆者としての実績に裏付けられた豊富な知識及び経験、起業家及び投資家とのネットワークを活かし、国内外のミドル・レイトステージに位置し世界中で注目されているユニ...
カテゴリー:

テクマトリックス:第1回新株予約権の発行時の払い込みが完了 - 07月20日(金)07:19 

■これによる資金調達の総額(差引手取概算額)は57億3930万円に テクマトリックス(東1)は19日の取引終了後、第1回行使価額修正条項付新株予約権(以下、第1回新株予約権)の発行時の払い込み(1780万円)が本日完了したと発表した。
カテゴリー:

ZMPと日の丸交通、都心部で自動運転タクシーの実証実験へ - 07月18日(水)16:31 

自動運転技術やロボット開発のZMPは7月18日、タクシー事業の日の丸交通とともに、自動運転車両を使ったタクシーサービスの公道営業実証実験を都心部で実施すると発表した。乗客のいる自動運転車両のタクシーが、公道で営業走行を行うのは世界初だという。 実証実験が行われるのは、8月27日から9月8日の午前9時から午後5時まで。三菱地所と森ビルの協力で、大手町フィナンシャルシティ グランキューブと六本木ヒルズを発着地とする約5.3Kmを1日4往復し、車線変更や右左折、停止などをすべてシステムが自動で操作する(ただし、交通状況等により、同乗のドライバー、オペレーターが介入する場合がある)。 走行予定エリア(ZMPサイトより) 料金は片道1500円(税込)を予定。参加者を本日から専用サイトで募集し、予約可能者を抽選により決定するという。 ZMPは2001年1月の設立。ADAS(先進運転支援システム)・自動運転技術開発用プラットフォームのRoboCarシリーズやデータ計測サービスRoboTest、物流支援ロボットCarriRoなどを開発・販売する。2017年6月には総額15億円の資金調達を発表している。 同社は2014年から公道での自動運転実証実験を開始しており、2015年5月にはDeNAとの合弁会社「ロボットタクシー」を設立。その後、2017年1月にDeNAとの業務提携は解消したが、2017年1...more
カテゴリー:

シンガポール拠点のプロパティアクセス。株式会社TATERU、プロパティエージェント株式会社等より資金調達を実施 - 07月17日(火)15:30 

[Property Access 株式会社] 2017年シンガポールを拠点とし創業した、日本と世界の不動産取引支援プラットフォームを構築するProperty Access Pte. Ltd.(シンガポール: CEO風戸裕樹)の親会社であるProperty Access株式会社(プロパティア...
カテゴリー:

もっと見る

「資金調達」の画像

もっと見る

「資金調達」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる