「資金調達」とは?

関連ニュース

「世界を一つにするために」精鋭チームがブロックチェーンベースのクラウドファンディングプラットフォーム WHIRLを立ち上げ - 11月21日(水)15:00 

2018.11.20:アムステルダム: この度「世界を一つにするために」を目的に、非営利活動とクラウドファンディングの精鋭メンバーが集まり、ブロックチェーンベースのクラウドファンディングプラットフォーム WHIRL( https://whirl.com/ )を立ち上げました。WHIRLは目標の実現、社会責任の追及を目指す世界中の皆様に、資金調達の新しい方法をご提供いたします。それと同時に革新的なインセンティブシステムを導入しており、それぞ...
カテゴリー:

海外クラウドファンディングサイトにて約3億円の資金調達に成功した完全独立型イヤホン「TicPods Free」12月1日より一般販売開始 - 11月21日(水)11:00 

スパーキークリエイト株式会社(本社:東京都足立区、代表取締役:成田 光、以下 スパーキークリエイト)は、Mobvoi社TicPods Free 日本総代理店として、Siri、Googleアシスタント、Alexaの3つの音声アシスタントに対応したボイスコマンドと優れたタッチコントロールを搭載した左右完全独立型ワイヤレスイヤホン「TicPods Free」の販売を一般販売価格15,984円(税込)にて2018年12月1日より開始いたします。 また、発売を記念してTi...
カテゴリー:

クラウド通信のためのAPIを提供するAgoraがシリーズCで$70Mを調達、Twilioに負けない強みとは? - 11月21日(水)10:27 

クラウド通信のためのAPIを作っているAgoraが、Coatue ManagemenがリードするシリーズCのラウンドで7000万ドルを調達し、新しい市場と業種分野の開拓をねらっている。これまでの投資家SIG, Morningside Capital, およびShunwei Capitalもこのラウンドに参加し、Agoraの総調達額は1億2500万ドルになった。 同社のAPIはMeet Group, Xiaomi, Hike Messenger, Momoなどに利用されていて、顧客はそのAPIを使って自分のアプリケーションに音声やビデオ、そしてグループによる通話機能を実装する。Agoraによると、そのSDKのインストール数は最近20億を超え、同社の世界中に分散する200のデータセンターを経由する毎月平均100億分(ふん)のコミュニケーションを支えている。 同社はその成長目標の達成を目指して、比較的速いペースで資金を調達している。この前の資金調達の発表は5か月前で、そのときは同社のシリーズBの3000万ドルの拡張が行われて、ラウンドの合計が5000万ドルになった。 Agoraは2014年にCEOのTony Zhaoが創業した。彼はオンラインコミュニケーションプラットホームWebExの創設技術者だったが、同社は2007年にCiscoに買収された。また彼は、中国のビデオライブストリーミング...more
カテゴリー:

ファンクラブ作成アプリ「CHIP」運営のRINACITA、総額4600万円の資金調達を実施 - 11月21日(水)10:00 

[株式会社Rinacita] [画像: https://prtimes.jp/i/33650/9/resize/d33650-9-522004-0.png ] ■引受先 East Ventures X Capital 他個人投資家 ※敬称略、順不同 ■CHIPとは CHIPは誰もが簡単にファンクラブを作成できるアプリです。...
カテゴリー:

XTechの金融子会社イークラウドが大和証券グループ本社の100%子会社であるFintertechから資金調達 - 11月21日(水)07:00 

[XTech株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/36294/9/resize/d36294-9-793675-0.jpg ] 設立の背景 株式投資型クラウドファンディングとは、非上場株式の発行により、インターネットを通じて多くの人から少額ずつ資金を集める仕...
カテゴリー:

Alphabet傘下の東大発ロボットベンチャーSCHAFT、解散 - 11月21日(水)14:40 

昨年ソフトバンクがAlphabet傘下のボストン・ダイナミクスを買収したが(過去記事)、同時に買収されると見られていた同じくAlphabet傘下のSCHAFTは結局は売却されずにAlphabet傘下のまま残されており、2018年中に解散することになっていたようだ(CNET Japan)。 「SCHAFTは契約条件を満たすことができず、多くの職員がソフトバンクで働くことを拒否したため、買収が成立しなかった」という。SCHAFTは東大発のベンチャー企業で、二足歩行ロボットの開発などで知られていた。 すべて読む | ビジネス | 関連ストーリー: ソフトバンクがボストン・ダイナミクスを買収 2017年06月09日 Google傘下のSCHAFT、膝のない独自構造の二足歩行ロボットを公開 2016年04月12日 Googleに買収されたロボットベンチャー「シャフト」、本当は日本で資金調達したかった 2014年01月20日 シャフト、DARPA Robotics Challenge (DRC) 予選会を一位通過 2013年12月24日 Google、ロボット開発ベンチャーのBoston Dynamics社を買収 2013年12月16日
カテゴリー:

受注時点での資金調達を可能にする「POファイナンス®」山陰インバウンド機構、Huber.間にて第1号導入決定 - 11月21日(水)11:00 

2018年11月21日 Tranzax株式会社 受注時点での資金調達を可能にする「POファイナンス®」山陰インバウンド機構、Huber.間にて第1号導入決定  金融とITを融合したFinTechベンチャーであるTranzax株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:小倉隆志、以下Tranzax)は、受注時点で発生させた電子記録債権を担保として資金調達を可能にする「PO(Purchase Order)ファイナンス®」(特願2017-207580号)を、発注企業の一般社団法人 山陰インバウンド機構(本社:鳥取県米子市、代表理事:福井善朗、以下山陰インバウンド機構)、受注企業の株式会社Huber.(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:紀陸武史、以下Huber.)に導入いたします。これにより、山陰インバウンド機構とHuber.は、POファイナンス®の第一号導入企業・団体となります。なお、納品前の受注債権を法的な担保とすることは世界初の取り組みとなります。 今回の導入により、Huber.は山陰インバウンド機構からの受注を電子記録債権化し、受注時点で担保融資を受けることができ、代金を受け取る前に必要となる外注費や材料費などの運転資金を調達することができます。POファイナンス®の利用により、創業後、間もないベンチャーや成長企業でも、運転資金を気にすることなく、納品までに時間を要するような大...more
カテゴリー:

“ファンクラブの民主化”目指す「CHIP」が4600万円を調達、開設されたファンクラブ数は2600個に - 11月21日(水)10:00 

ファンクラブ作成アプリ「CHIP(チップ)」を運営するRINACITAは11月21日、East Venturesと複数の個人投資家を引受先とした第三者割当増資により、総額4600万円を調達したことを明らかにした。 今回同社に株主として加わった個人投資家はヘイ代表取締役社長の佐藤裕介氏、ペロリ創業者の中川綾太郎氏、nanapi創業者の古川健介氏、Candle代表取締役の金靖征氏、コスメコミュニティ「LIPS」を運営するAppBrew代表取締役の深澤雄太氏と匿名の個人が1名。 RINACITAは過去にSkyland VenturesとEast Venturesからも資金調達を実施していて、今回はそれに続く調達となる。 3ヶ月で約2600個のファンクラブが開設 “ファンクラブの民主化”という紹介をしている通り、CHIPはスマホアプリから誰でも簡単にファンクラブを作れるサービスだ。 最初にテーマ画像を1枚設定した後は、ファンクラブの名前と説明、月額会員費、会員証のデザインなどを選ぶだけ。作るだけなら2〜3分もあればできる。テキストや画像の投稿、コメントなどを通じてアーティストとファンが交流を楽しむ場所になっていて、会員費の90%がアーティストに還元され、10%がCHIPの収益となる仕組みだ。 2018年8月5日のリリース後にSNSなどでちょっとした話題を呼び、約2週...more
カテゴリー:

元サイバー西條氏が率いるXTech、株式投資型クラウドファンディングへ参入 - 11月21日(水)07:00 

元サイバーエージェント役員の西條晋一氏が代表を務めるスタートアップ支援企業のXTech(クロステック)は11月21日、株式投資型クラウドファンディングへの参入を目的に新会社イークラウドを設立したと発表した。また、同社は大和証券グループ本社の100%子会社であるFintertechからの資金調達も発表。これによりイークラウドの株主構成は、XTechが58%、Fintertechが42%となる。資本金は4億4200万円。 イークラウドが手がける株式投資型クラウドファンディングは、資金的な支援の代わりに開発中のプロダクトなどを受け取る通常のクラウドファンディングとは異なり、投資家から得た資金の見返りに非上場株式を発行し、多くの人たちから少しずつ資金を集める仕組みだ。 株式型クラウドファンディングへ参入する理由として、XTech代表取締役の西條氏は「金融商品は均質化しやすく、どこでも扱っているものは同じということがほとんど。しかし、株式投資型クラウドファンディングでは、有望な会社を目利きして、プラットフォームに並べることで、独自の魅力的な金融商品を投資家にご提案することができます」と説明する。 株式型クラウドファンディングはまだ国内でも始まったばかりの仕組みだが、海外ではすでに同様のサービスを経由して資金を集めたスタートアップがユニコーンとなるなどの実績がある。イギリス発フィンテック企業の...more
カテゴリー:

テクノロジー株の急落でトップ4社、1兆ドルを失う――ダウ、S&Pが大幅下げ - 11月21日(水)06:55 

絶好調を誇っていたテクノロジー企業の株価の下落が止まらない。昨日(米国時間11/20)、ダウ・ジョーンズ工業株平均とS&P 500は急落し、2018年の上昇をほとんど帳消しにした。Facebook、Apple、Amazon、NetfixといういわゆるFAANの4社の時価総額は合計で1兆ドルを失っている。 一般向けプロダクトやサービスを提供してきた値がさ株、Facebook、Amazon、Apple、Alphabet、 Netflixの下げがダウ平均やS&P 500などのインデックスを下落させる大きな原因となっている。 この株価急落には連邦準備制度の利上げが大きく影響している。投資家はテクノロジー企業の成長性に賭けるよりもっと安定した資金の運用に目を向け始めた。同時に、多くのテクノロジー企業が上場後10年ないし20年以上経過しており、以前のような株価の急上昇は期待できないのではないかという懸念も広がっている。 加えてアメリカの経済見通し全般が必ずしもバラ色でないという背景がある。戸建て住宅統計はいつも景気の先行指標となってきたが、これも下落傾向が続いている。逆に集合住宅の動向は上向きだ。 こうした状況はスタートアップにとってもベンチャー投資家にとっても理想的とはいえない。 事実、2019年に予定されていた株式上場にも影響が出始めている。来年は後期の大型スタートアップが...more
カテゴリー:

もっと見る

「資金調達」の画像

もっと見る

「資金調達」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる