「資源保護」とは?

関連ニュース

クロマグロ水揚げ禁止 管理団体規制 沖縄県内は16隻対象 - 05月18日(金)05:30 

 資源保護が必要とされる太平洋クロマグロ(大型魚)に関し、近海かつお・まぐろ漁業などの管理団体「全国近海かつお・まぐろ漁業協会」が16日以降、30キロを超える大型クロマグロの水揚げを禁止したことが関係者への取材で分かった。沖縄県内のクロマグロ漁期は4~6月で、1カ月半を残して一部の大型クロマグロ...
カテゴリー:

馬鹿が支那人や白人にタコの美味さを教えたせいで乱獲⇒資源枯渇⇒庶民にとって高嶺の花に - 04月27日(金)17:21  news

スーパーなどで売られる刺し身用蒸しダコの原料となるアフリカ産冷凍タコ(主にマダコ)の輸入価格が過去最高値(円換算)を更新し、業界や食卓を揺るがしている。 日本のタコ輸入量の約7割はアフリカのモロッコとモーリタニアの2カ国産で賄われているが、モーリタニア産は、漁獲量減少と昨年夏頃からのスペインの“爆買い”というダブルパンチに見舞われている。 店頭価格も高騰し、「庶民の味」として親しまれたタコは「高級食材」に変貌しつつある。 伝統食材を守ろうと、官民で資源保護や輸入先を新たに開拓する動きも始まった。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【お刺身】タコの価格がうなぎ上り 「庶民の味」が「高根の花」に!?[04/27] - 04月28日(土)22:45  bizplus

スーパーなどで売られる刺し身用蒸しダコの原料となる アフリカ産冷凍タコ(主にマダコ)の輸入価格が過去最高値(円換算)を更新し、業界や食卓を揺るがしている。 日本のタコ輸入量の約7割はアフリカのモロッコとモーリタニアの2カ国産で賄われているが、モーリタニア産は、 漁獲量減少と昨年夏頃からのスペインの“爆買い”というダブルパンチに見舞われている。 店頭価格も高騰し、「庶民の味」として親しまれたタコは「高級食材」に変貌しつつある。 伝統食材を守ろうと、官民で資源保護や輸入先を新たに開拓する動きも始まっ...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】タコの価格がうなぎ上り 「庶民の味」が「高根の花」に!? - 04月27日(金)10:47  newsplus

◆タコの価格がうなぎ上り 「庶民の味」が「高根の花」に!? スーパーなどで売られる刺し身用蒸しダコの原料となるアフリカ産冷凍タコ(主にマダコ)の輸入価格が過去最高値(円換算)を更新し、業界や食卓を揺るがしている。 日本のタコ輸入量の約7割はアフリカのモロッコとモーリタニアの2カ国産で賄われているが、モーリタニア産は、漁獲量減少と昨年夏頃からのスペインの“爆買い”というダブルパンチに見舞われている。 店頭価格も高騰し、「庶民の味」として親しまれたタコは「高級食材」に変貌しつつある。 伝統食材を守ろ...
»続きを読む
カテゴリー:

「資源保護」の画像

もっと見る

「資源保護」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる