「貿易摩擦」とは?

関連ニュース

G20、米国きっかけの“貿易摩擦”に各国懸念 - 07月22日(日)12:24 

 アルゼンチンのブエノスアイレスで開かれているG20=20か国・地域の財務大臣・中央銀行総裁会議は、初日の議論を終え、アメリカの保護主義をきっかけとする貿易摩擦について、各国から懸念の声が相次ぎました。
カテゴリー:

貿易摩擦への懸念表明 G20財務相・中央銀行総裁会議 - 07月22日(日)12:13 

貿易摩擦への懸念表明 G20財務相・中央銀行総裁会議
カテゴリー:

G20 麻生副総理 自由貿易の重要性を強調 - 07月22日(日)09:30 

アルゼンチンで始まったG20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議は、初日の討議が終わり、麻生副総理兼財務大臣は記者会見で、アメリカと中国などの間で激化している貿易摩擦について、日本は自由貿易の重要性を強調し、冷静な対応を求めたことを明らかにしました。
カテゴリー:

G20開幕、「米の保護主義に歯止め」焦点 - 07月22日(日)07:04 

 G20=20か国・地域の財務大臣・中央銀行総裁会議がアルゼンチンのブエノスアイレスで始まりました。アメリカのトランプ政権による保護主義政策で世界的に貿易摩擦が激しくなる中、各国が歯止めをかけられるかが焦点です。
カテゴリー:

G20開幕 日銀総裁「貿易摩擦収まる方向で議論を」 - 07月22日(日)05:00 

G20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議がアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスで始まりました。これに先立って、日銀の黒田総裁は、焦点の貿易について保護主義的な政策が世界経済に悪影響を与えるおそれがあるとして、貿易摩擦が収まる方向で議論が行われることを期待する考えを示しました。
カテゴリー:

G20“米国発”貿易摩擦への懸念相次ぐ 7/22 12:20更新 - 07月22日(日)12:20 

G20財務相・中央銀行総裁会議が21日、アルゼンチンで始まり、アメリカのトランプ政権に端を発した貿易摩擦について各国から懸念が示された。
カテゴリー:

G20初日 貿易摩擦に懸念示す意見相次ぐ - 07月22日(日)10:25 

アルゼンチンで開かれているG20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議は初日の議論を行い、ほぼすべての国から、アメリカと中国などとの間で激化する貿易摩擦は世界経済に悪影響を及ぼすとして、懸念を示す意見が相次ぎました。
カテゴリー:

【米中貿易摩擦】米大統領、中国製品すべてに関税も=制裁対象56兆円 「われわれは長年、中国にぼったくられてきた」 ★5 - 07月22日(日)07:04  newsplus

https://www.jiji.com/sp/article?k=2018072100077&g=int 米大統領、中国製品すべてに関税も=制裁対象56兆円 2018年07月21日01時42分  【ワシントン時事】トランプ米大統領は20日放映の米CNBCの番組で、中国から輸入する5000億ドル(約56兆円)相当の製品に制裁関税を課す可能性を示唆した。2017年の中国からの輸入実績とほぼ同じ規模で、すべての輸入品に関税を課すことになる。強硬姿勢を前面に出し、摩擦解消に向けて中国側に改めて妥協を促した格好だ。  トランプ氏は、対中制裁関税の対象が500...
»続きを読む
カテゴリー:

【��】上得意失った米国の豚足や頭部などの豚くず肉、貿易戦争が閉ざす中国販路 - 07月22日(日)06:50  newsplus

https://jp.reuters.com/article/usa-trade-china-pork-idJPKBN1KA0FR トップニュース 2018年7月21日 / 02:04 / 1日前更新 焦点:上得意失った米国の豚くず肉、貿易戦争が閉ざす中国販路 Tom Polansek [シカゴ 17日 ロイター] - 米中貿易戦争が始まる以前には、米国の豚肉加工企業が輸出する豚の足や頭部の9割が、中国・香港市場向けだった。なぜなら、他のどの国よりも高い価格で売れたためだ。 足や頭部以外にも、ほとんどの米国人が食べようとしない心臓、舌、胃、腸などの豚の部位は、中国の食文化の中でも、ひいて...
»続きを読む
カテゴリー:

【中国】習氏「強国」路線後退=対米悪化で不満拡散か - 07月22日(日)03:30  newsplus

https://www.jiji.com/sp/article?k=2018072100378&g=int 習氏「強国」路線後退=対米悪化で不満拡散か-中国 2018年07月21日14時56分  【北京時事】中国の習近平国家主席が進めてきた「強国」路線がトーンダウンしている。米国との貿易摩擦の激化が背景にあり、習氏に対する「個人崇拝」の動きも鳴りを潜めつつある。  習氏は「中華民族の偉大な復興」を掲げ、異論を許さない姿勢で政権運営に臨んできた。今年3月の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)では国家主席の任期制限を撤廃。中国の発展ぶりと技術力を宣伝す...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「貿易摩擦」の画像

もっと見る

「貿易摩擦」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる