「貴婦人」とは?

関連ニュース

動物たちと絵画の関わり方の次の次元軸を探るグループ展「絵画のなかの動物たち」 - 05月27日(日)13:00 

平田守「2018.04.25 01:31」2018年 パネルに化繊キャンバス、アクリル絵具、エアブラシ 27.3×22.0cm 2018年5月26日(土)から6月10日(日)まで、Bambinart Galleryにて、グループ展「絵画のなかの動物たち」が開催されている。入場無料、休廊日は月曜と火曜で、時間は12:00〜19:00。川田龍氏、内藤京平氏、林祐衣氏、平田守氏と4名のアーティストが参加している。 先史時代の洞窟壁画から現代絵画に至るまで、長きにわたり絵画の中には“動物”が描かれてきた。祈りの対象であったり、レオナルド・ダ・ヴィンチの「白貂を抱く貴婦人」では節度の象徴であったり、フランシスコ・デ・ゴヤの「砂に埋もれる犬」では画家自身の孤独感と無力さの象徴であったりと、描かれる動物の意味はさまざま。日本でも、花鳥画をはじめとして多くの動物画が描かれてきた。 本展は、その“動物”を制作のベクトルや手法が異なる現代のアーティストに託すことで、動物たちと絵画の関わり方の“次の次元軸”を探る試みだ。川田龍氏は西洋絵画の表層を現代に置き換えて再構成することで絵画の本質を探り、内藤京平氏は古典絵画から引用された図像に素朴な線描を加え、林祐衣氏は身の回りのモチーフや日常生活のワンシーンを中心とした光景を描き、平田守氏は発生するイメージとそれを発現させるためのメディウムとの駆け引きの中での...more
カテゴリー:

【レビュー】ハン・ソロ育ての親の脚本が光るスター・ウォーズ最新作は、語られるべき物語! - 05月25日(金)10:05 

「スター・ウォーズ」最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(6月29日公開)は、シリーズ屈指の人気を誇るハン・ソロの若き日を描いた物語。現在メインのシリーズは反乱同盟軍が崩壊の危機に追い込まれ、アナザー・ストーリーとしての前作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(16)は銀河戦争の裏側で人知れず命を落とした名もなき戦士の物語と、ややヘビーな展開が続いており、ここで宇宙のアウトローの大暴れをはさむシリーズ編成は、実に気がきいている。 【写真を見る】『ハン・ソロ』ロン・ハワード監督が恩師ジョージ・ルーカスに恩返し!新キャラの写真も必見/[c]2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. 言わずもがなだが、ハンは反乱軍が帝国に勝利したエピソード4〜6のメインキャラ。しかし、偶然に出会ったオビ=ワン・ケノービとルーク・スカイウォーカーを船に乗せたことから“スター・ウォーズ”に巻き込まれていった彼の素顔は、これまであまり触れられてこなかった。ハンはジェダイの血を引くカイロ・レンの実の父。彼の若き日の活躍は、語られるべき物語といえよう。 パイロットを目指し帝国軍に入ったハンは、軍を脱走して加わった強盗団で危険な冒険に巻き込まれてゆく。相棒チューバッカとの出会い、運び屋ランド・カルリジアンとの確執やミレニアム・ファルコン入手のいきさつなど...more
カテゴリー:

神田沙也加、念願のイライザ役に感激! 「私がやる意味をちゃんと見つけたい」 - 05月24日(木)18:03 

 舞台『マイ・フェア・レディ』の制作発表記者会見が24日、東京都内で行われ、出演者の朝夏まなと、神田沙也加、寺脇康文、別所哲也、相島一之、今井清隆、平方元基、前田美波里、演出のG2氏が出席した。  英ロンドンの下町を舞台に、花売り娘イライザが、言語学者ヒギンズ教授のレッスンにより“麗しき貴婦人”に変貌していく姿を描いた名作ミュージカル。主演のイライザ役を演じるのは、元宝塚歌劇団宙組トップスターの朝夏まなとと、女優の神田沙也加。ヒギンズ教授役を寺脇康文と別所哲也がWキャストで務める。  昨年11月に宝塚歌劇団を退団した朝夏は、「退団後の初ミュージカルが伝統ある作品で大変光栄。“女優さん”として今までとは全く違うことに挑戦していくので今は不安とワクワクでいっぱい。共演者の方からたくさん学び、新しい道をしっかり歩んでいきたい」と笑顔で意気込みを語った。  一方の神田は、本作を何度も観劇してきた大ファン。「イライザ役を目指してミュージカルを志してきたので、役が決まった時は、泣き崩れたし大声で叫んでしました」とエピソードを披露。「大人になってからも、私の目標であり続けた作品」だといい「こうして立たせていただくからには、私であった意味を自分でちゃんと見つけたいし、皆さんにもばっちりと提示できたら」と言葉に力を込めた。  また朝夏と組む寺脇は、「(彼女は)男役トップですから、がさつなイライザは二...more
カテゴリー:

朝夏まなと&神田沙也加が熱唱『マイ・フェア・レディ』会見 - 05月25日(金)17:45 

9月より上演されるミュージカル『マイ・フェア・レディ』の製作発表記者会見が行われ、Wキャストで主人公・イライザを演じる朝夏まなと・神田沙也加、ヒギンズ教授を演じる寺脇康文・別所哲也のほか、相島一之、今井清隆、平方元基、前田美波里、翻訳・訳詞・演出のG2が登壇した。【チケット情報はこちら】(PC)ロンドンの下町の花売り娘・イライザが言語学者ヒギンズ教授のレッスンで麗しい貴婦人に変貌する、オードリー・ヘプバーン主演の映画(1964年)でも知られる本作は、1956年にニューヨークで初演され、日本では “日本人が日本語で上演した初のブロードウェイミュージカル”として1963年に初演され、今年55周年を迎える作品。今回、イライザとヒギンズは、朝夏と寺脇、神田と別所がそれぞれ固定コンビで出演する。冒頭、朝夏と神田が劇中歌を披露。神田が『だったらいいな』、朝夏が『じっとしていられない』を歌い上げ、会場は拍手に包まれた。会見では、2013年、2016年に続き3度目の演出を手掛けるG2が「この仕事をいただいたときに“あと50年、全部で100年続けたい”と言われました。長く続けるためには“今を生きる人の感覚を”と、歌詞、台詞、全てを書き変え、当時はやってなかったシーンを復活させたり構成を変えたりしました」と振り返り、「今回はそれに加え、人間ドラマを深く、ひとりひとりのキャラクターが胸に迫るような演出を...more
カテゴリー:

上川隆也の完璧執事も驚愕!?奥様の女学校時代の伝説が明らかに『執事 西園寺の名推理』 - 05月25日(金)05:00 

上川隆也が主演を務める金曜8時のドラマ『執事 西園寺の名推理』(テレビ東京系、毎週金曜20:00~)の第6話が、5月25日に放送。八千草薫が演じる奥様こと伊集院百合子の女学校時代の伝説が明らかになる。本作の主人公・西園寺一(上川)は、「パーフェクトな執事」と言われる男。計り知れない能力と、完璧な心配りで、主人のいかなる望みにも応える“名匠”であり、絶対的な忠誠を貫く、現代の“騎士”だ。そんな西園寺が仕えるのは、アフタヌーン・ティーがよく似合う、優雅で上品な“奥様” 百合子(八千草)。好奇心旺盛で少しだけ天然キャラ、「守ってあげたい」オーラいっぱいの貴婦人。西園寺は、当家の主人が亡くなる前からここに仕えており、奥様と深くて厚い信頼関係で結びついている。第6話で、百合子は西園寺と共に、母校のピアノコンクール選考会へ足を運ぶ。女学校時代からの友人で校長の尚子(水野久美)に誘われたのだ。だが到着後、校内で音楽講師の橘(河相我聞)が殺されているのが見つかり、選考会は中止となる。橘は選考会に出る生徒2人を指導していたが、1人と連絡が取れなくなっていた。また、近ごろ夜遅くの校内で毎晩違うクラシック音楽が流れる“怪現象”が起きていたというのだが……。事件に疑問を感じた百合子の意思を汲み、西園寺は独自の捜査を開始。果たして西園寺は、「女子高音楽講師殺人事件」を無事解決できるのか? ...more
カテゴリー:

豊川悦司、ナイーブ美青年から怪人枠へシフト 寡作でもインパクト大 - 05月15日(火)08:40 

 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』で人気漫画家役を演じている“トヨエツ”こと豊川悦司の存在感が話題だ。北川悦吏子脚本の今作で、『愛していると言ってくれ』『Love Story』(TBS系)の黄金コンビが復活ということで、当初から期待は高かったが、その期待を上回る怪演っぷりを魅せてくれている。かつては物静かでナイーブな美青年役の印象が強かった“トヨエツ”だが、ここ数年は異質な役どころで強烈なインパクトを提示。決して多くの出演数をこなしている訳ではないが、確かな爪跡で制作側からも視聴者からも“変わらぬ信頼感”を誇示している。 【写真】『半分、青い。』豊川悦司演じるロン毛メガネの漫画家・秋風羽織 ■トレンディドラマをけん引、“ナイーブ美青年”役で“トヨエツ”ブランド確立  ブレイクのきっかけとなったのは、カルト的人気を誇った飯田譲治監督の深夜ドラマ『NIGHTHEAD』(1992年/フジテレビ系)である。武田真治と共に演じたのは、超能力を持つがために監禁されて育った霧原兄弟の兄役。サイコキネシスの能力を持つ神秘性と、社会から疎外される孤独感、脆さから感情を爆発させてしまう攻撃性を、危うくも美しく演じてみせた。  また、野島伸司脚本の『この世の果て』(1994年/フジテレビ系)では、複雑な生い立ちから愛を信じることができずに育ち、絶望を抱えつつ懸命に生きるヒロイン(鈴木保奈美)...more
カテゴリー:

「貴婦人」の画像

もっと見る

「貴婦人」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる