「貫地谷しほり」とは?

関連ニュース

【芸能】山口紗弥加が明かしたキスが上手い俳優の存在 「天国に一瞬で」 - 01月27日(月)19:55  mnewsplus

女優の安達祐実、山口紗弥加、貫地谷しほりが、26日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。山口が忘れられないキスシーンについて語った。 View this post on Instagram 祐実姉さんからの呼び出し。 こりゃ行かんと! 大好きなさや姉と祐実姉。 素敵すぎる芸能界の先輩達。 2枚目の盛れるカメラに興奮の先輩達(笑) この3人で作品やりたいねーと話した夜から、はや3年? どなたかよろしくお願いします! #ボクらの時代 #1月 #26日 放送 #安達祐実 #山口紗弥加 #2人のドラマ を#見てた #小学生 #中学生 #時代 #不思議ですね ...
»続きを読む
カテゴリー:

【麒麟がくる】『全放送回数決定と賠償について』と題された文書が配られる 厳しい日程で再撮影に臨んでいる出演者に別途報酬も? - 01月25日(土)13:18  mnewsplus

 少女ながら、男勝りの手綱さばきで馬に乗って城に駆けつける。城内ではしっかりと前を見据え、ドタバタと足音を立てながら父・斎藤道三の元へ急ぐ。川口春奈(24才)は帰蝶(きちょう)になりきっていた。 「乗馬シーンは帰蝶のおてんばぶりを表現するために、スタッフが重要視していた場面でした。急きょ、代役となった川口さんは乗馬の経験がほとんどなかったそうです。実際に放送されたのは後ろ姿だったので、難しい撮影だったことがうかがえます」(テレビ誌記者)  1月19日、長谷川博己(42才)が明智光秀を演じるNHK大河ド...
»続きを読む
カテゴリー:

山里亮太、河北麻友子ら『スター・ウォーズ』のCGを手がけた脱サラ証券マンの逆転劇に驚愕! - 01月24日(金)16:54 

山里亮太(南海キャンディーズ)と杉浦友紀が司会を務める『逆転人生』(NHK総合、毎週月曜22:00~)。1月27日は、川島明(麒麟)、河北麻友子をゲストに迎えて、「スター・ウォーズのCGを手がけた脱サラ証券マン」の逆転劇に迫る。同番組は、実際にあったリアルな逆転劇に基づき、どん底でも希望を捨てない“人間の強さ”を描くドキュメンタリー。主人公たちの数奇な人生を追体験しながら、泣いて、笑って、スカッとできるプログラムとなっている今回は、最新作『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の大迫力CGを手がけた日本人アーティスト・成田昌隆さんの大逆転劇を紹介する。成田さんはCGを作ったことがない証券マンだったという。妻と幼い子供を抱え、45歳で脱サラ。苦難の末に、ハリウッドのトップCGアーティストに登りつめた。『スター・ウォーズ』制作舞台裏にあった逆転ドラマ、さらにはプラモデルの全米チャンピオンでもある成田さんの驚きの作品も紹介する。 関連リンク 『3年A組』注目俳優・望月歩がレンタルおやじに恋の相談!?『コタキ兄弟と四苦八苦』 いばらき大使・磯山さやからが「大洗」の魅力を伝える『アド街』 広末涼子、人気絶頂期時に引...more
カテゴリー:

福山雅治『ホットスポット最後の楽園』第3弾!ミステリーに満ちたユカタン半島の自然に迫る - 01月24日(金)16:52 

歌手で俳優の福山雅治が、地球上に残された独特の自然環境や絶滅に瀕した貴重な生きものたちを訪ね、見つめてきたシリーズ最新作『NHKスペシャル ホットスポット最後の楽園 season3』(NHK総合/全5回)が、最初のシリーズが放送されてから足掛け10年経った今、いよいよスタート。第1回目となる「巨大生物が集う海~カリブ海 ユカタン半島~」が1月26日(日)21時より放送される。第1集の舞台は、メキシコ・ユカタン半島。かつて巨大隕石が落下し、恐竜大絶滅の引き金になったと言われる場所で、その自然は、幾多の不思議に満ちている。大地の表面に点々と存在する、驚くような透明度の水で満たされた“セノーテ”と呼ばれる泉。その地下には世界最大級の水中洞窟が広がり、摩訶不思議な生きものたちが暮らしている。また沿岸部には、本来は小さな島の周りでしか生息できないはずのサンゴが、巨大な大地に沿って群生し、世界で2番目の規模のサンゴ礁を形作っている。さらに、半島の沖合では、夏になると世界最大の魚・ジンベエザメが数百匹の規模で大集結。自然の中でジンベエザメに出会うのは1匹でも容易ではなく、こんな現象が観察されているのは、世界でもここしかない。そんなミステリーに満ちたユカタン半島の自然に迫る。 関連リンク いばらき大使・磯山さやからが「大洗」の魅力を伝える『アド...more
カテゴリー:

薬師丸ひろ子「毎年、歌手としての挑戦」と語る最新コンサートの舞台裏に密着! - 01月24日(金)16:52 

薬師丸ひろ子が、1月25日放送の『SONGS』(NHK総合、毎週土曜23:00~)に登場。最新コンサート舞台裏の薬師丸の様子を紹介する。来年、歌手デビュー40年目を迎える薬師丸。去年は、大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜』でバー「ローズ」のママ・マリー役を演じ、これまでにない型破りな演技で注目された。また、今年の春からは、『連続テレビ小説 エール』に、ヒロイン関内音の母親・関内光子役として出演、その活躍はとどまることを知らない。俳優として活躍を続ける一方、薬師丸は、ここ数年、歌手活動にも精力的に取り組んでいる。2018年にはアルバム「エトワール」を発表。さらにコンサートも、自ら「毎年、歌手としての挑戦」と語るほど、意欲的に開催している。番組では、去年10月末に行われた最新コンサートの舞台裏に密着。薬師丸の「歌と真摯に向きあう姿」を追った。薬師丸はこのコンサートで、ヒロインを務めた映画『ねらわれた学園』の主題歌でもある松任谷由実の「守ってあげたい」のカバーに挑戦。さらに、『連続テレビ小説 あまちゃん』の劇中で歌った「潮騒のメモリー」を再び披露した。今回は、この2曲のほか、5年ぶりに作詞に挑んだ「アナタノコトバ」、そして代表曲「セーラー服と機関銃」という、「薬師丸ひろ子の挑戦」を物語る4曲を貴重なライブ映像を通して紹介する。 関連リン...more
カテゴリー:

貫地谷しほり、“結婚のきっかけ”語る - 01月26日(日)08:37 

女優の貫地谷しほり(34歳)が、1月26日に放送されたトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。結婚のきっかけについて語った。
カテゴリー:

「金田一少年の事件簿」原作者・樹林伸が1番衝撃を受けた事件を告白!漫画を超えた衝撃の結末とは? - 01月24日(金)16:55 

1月27日放送の『1番だけが知っている』(TBS系、毎週22:00~)は、「金田一少年の事件簿」原作者の樹林伸が登場。1番衝撃を受けた事件を明かす。坂上忍と森泉がMCを務める同番組は、世の中のあらゆる業界に存在する“その道のNo. 1”から、「1番だけが知っている」というとっておきの物語や驚愕の人物を聞き出し、その類まれなエピソードを紹介していく。この日はスタジオにゲストとして、長谷川京子、鈴木紗理奈、朝日奈央、パネラーとして、北村晴男、黒沢かずこ(森三中)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、ヨンア、小芝風花が出演する。今回、これまで関わった全作品の発行部数は3億部以上の樹林に、1番衝撃を受けた実際の事件を直撃。イタリア中が騒然となった国民的ヒロインの新体操選手が他殺。しかし、浮かび上がった容疑者は10年前に死んでいたらしく……。謎が謎を呼ぶミステリーで、漫画を超えた衝撃の結末が明らかになる。また、1番の秘湯探検家が最も魂震えた秘湯を紹介。湖が一夜で温泉になるという、時々消える幻の巨大温泉とは? 関連リンク 『3年A組』注目俳優・望月歩がレンタルおやじに恋の相談!?『コタキ兄弟と四苦八苦』 いばらき大使・磯山さやからが「大洗」の魅力を伝える『アド街』 ...more
カテゴリー:

戸田恵梨香演じる喜美子、寄り添って眠る八郎と三津に動揺…『スカーレット』第17週 - 01月24日(金)16:54 

戸田恵梨香がヒロインを務める『連続テレビ小説 スカーレット』(NHK総合、毎週月~土曜8:00~)。1月27日から第17週「涙のち晴れ」が放送される。本作は、『ホタルノヒカリ』『母になる』(日本テレビ系)の水橋文美江が脚本を担当。滋賀・信楽で男性ばかりの陶芸界に飛び込んだ川原喜美子(戸田)が、土と炎に向き合い、陶芸家として道を切り開いていく姿を描く。喜美子は、寄り添って眠っている八郎(松下洸平)と三津(黒島結菜)を見て動揺する。だが、穴窯の炎はそれ以上に心をとらえていた。そんな中、直子(桜庭ななみ)と鮫島(正門良規)が結婚を決める。一方、八郎へのつのる思いにたえられず、三津は去っていく。結局、穴窯への最初の挑戦は失敗。八郎は、喜美子自身のためにと、穴窯をいったん諦めて女性陶芸家としての名声を手にするようにと勧めるが、どうしてもカケラの色を出したい喜美子には納得できなかった。二度目も失敗に終わり、多額の薪代がかかる三度目に、八郎は強く反対。喜美子は今度こそはと聞き入れず、八郎は家を出て行ってしまう。喜美子は、照子(大島優子)の説得にもかかわらず、ただ一人作品作りを続けるが、三度目の失敗にさすがに絶望する。そんな喜美子に、百合子(福田麻由子)が大阪行きを提案。喜美子は、久しぶりの大阪でちや子(水野美紀)を訪ね、住民運動に熱中している女性たちと知り合う。ちや子との仕事を持つ女同士の会話に...more
カテゴリー:

長谷川博己演じる明智光秀、道三が決断した籠城に反対するも!?『麒麟がくる』第2話 - 01月24日(金)16:52 

長谷川博己が明智光秀役で主演を務める大河ドラマ『麒麟(きりん)がくる』(NHK総合・毎週日曜20:00~)。1月26日には、第2話「道三の罠」が放送される。脚本は、大河ドラマ第29作『太平記』や『夏目漱石の妻』(NHK総合)、『破獄』(テレビ東京系)を手がけた池端俊策、語りを市川海老蔵が担当する。大河ドラマとしては初めて智将・明智光秀を主役とし、その謎めいた前半生に光をあてたオリジナル作品で、物語はまだ多くの英傑たちが「英傑以前」であった時代から始まり、丹念にそれぞれの誕生を描いていく。光秀に心を開いた望月東庵(堺正章)と駒(門脇麦)は、ともに美濃に向かうことになる。しかしその行く手には、美濃の侵略をもくろむ尾張の織田信秀(高橋克典)の大軍が迫っていた。多勢に無勢の中、籠城を決め込む斎藤道三(本木雅弘)。光秀と道三の嫡男・高政(伊藤英明)は反対するが、それは敵を欺く道三の作戦だった。 関連リンク いばらき大使・磯山さやからが「大洗」の魅力を伝える『アド街』 広末涼子、人気絶頂期時に引退考えていた「人に迷惑をかけず、傷付けずどうやったらやめられるか…」 竹財輝之助の幼稚園児姿に反響「特撮祭りかよ!」の声も『ランチ...more
カテゴリー:

タモリ、浜松が楽器の町になった理由を“5つのステップ”で探る!『ブラタモリ』 - 01月24日(金)16:51 

街歩きの達人・タモリが“ブラブラ”歩きながら知られざる街の歴史や人々の暮らしに迫る『ブラタモリ』(NHK総合、毎週土曜19:30~)。1月25日は、「浜松~なぜ浜松が楽器の町になった♪~」と題して、タモリと林田理沙アナウンサーが静岡県・浜松市をめぐる。浜松市は、ピアノ・管楽器・電子ピアノ・鍵盤ハーモニカの生産で世界シェア1位という、まさに「楽器の町」。浜松が楽器の町になった理由を、今回は5つのステップをたどりながら、タモリがブラブラ歩いて解き明かしていく。オープニングは、浜松駅。新幹線の駅構内には、浜松市で生産されたピアノがある。林田アナが、駅ピアノを演奏し、腕前を披露する。浜松が「楽器の町」になる5つのステップの1つ目として上げられるのが、「ここに家康が浜松の町を作ったこと」。まず、浜松市の中心部を歩くと、徳川家康をまつる「東照宮」を発見。さらに周囲には、河岸段丘を利用した石垣がある。家康は、武田に対抗するために、天竜川の河岸段丘のヘリであるこの地に浜松城を建て、浜松の町が誕生したという。2つ目が、「家康の領地で綿花を栽培したこと」。中心地から10kmほど離れた町へ行くと、タモリらは川の近くに小さな高まりを発見。「暴れ天竜」こと天竜川が頻繁に氾濫するこの地帯では、この「島畑」という高まりで「綿花」を作っていたとのことだ。3つ目は、「織機をつくる細工大工が集まったこと」。浜松の綿花...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「貫地谷しほり」の画像

もっと見る

「貫地谷しほり」の動画

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

こんなの見てる