「販売力向上講座メールマガジン」とは?

関連ニュース

なぜ「何でもとりあえずやってみる」人ほどコミュ力が高いのか? - 06月22日(金)04:18 

自分が興味や関心のないものでも、とりあえずやってみる…。「そういう人は質の高いコミュニケーションができる」と言うのは、無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさん。坂本さんは、逆にその意識がない店員は自分本位でお客様を選ぶようになってしまっていると警告しています。 とりあえずやってみる意識 何事においても、質の高いコミュニケーションができる人は、とりあえずやってみる意識が高い人が多いです。たとえ、自分の仕事に関連の薄そうなことでも、とりあえずやってみる。たとえ、自分の興味のないことでも、とりあえずやってみる。そんな意識が、とにかく高いのですね。 ほとんどの人は、自分の興味・関心のないものに関しては、まず動こうとはしません。アイドルに興味のない人は、今流行りのアイドルがいても、曲を聴いてみようとはしませんし、お笑いに興味のない人は、今人気の芸人がいても、その芸を見ようとはしません。 しかし、そうして自分の興味・関心だけで物事を選んでいると、どんどん世間からは置いていかれてしまいます。それだけならまだいいのですが、コミュニケーションが重要な接客や販売業においては、そのズレが次第に大きくなり、お客様との会話にもズレが生まれてきます。 そのうちに、若いお客様がやって来ては、「会話が噛み合わない」とか、年配のお客様がやって来ては、...more
カテゴリー:

SNSで流行ってる服が、地元ではちっとも売ってない納得の理由 - 06月16日(土)20:09 

服を買いにいったとき、お店で「いま流行ってるんですよ」と言われたことはありませんか? 無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんは、その言葉を発する店員にかぎって「流行り」というものの本質を理解していないとして、流行と地域性について面白い話を紹介しています。 流行りと情報と地域性 「今はこれが流行っているんですよ」 特にアパレルショップなどで、よく耳にする、接客中の会話のひとつです。流行というのは、その時代や時勢の中で、一時的に世間に広まるもの。商売においても、とても重要な要素で、今の流行を敏感に察知して、お店づくりや営業活動に活かしていくのは、必要なことですよね。 昔と比べて、情報の伝達スピードがめちゃくちゃ早くなったので、都会で流行していたり、世界のどこかで流行っているものが、どこにいても手に取るように知れるようになりました。ですから、ショップは流行に合わせて商品を仕入れたり、店づくりをしたりして、売上アップを図ります。 ただ、情報そのものの伝達と、実際の流行が同時に起こるかというと、これがそうでもありません。例えば、東京都心などの大都市では、暮らしている人も流行に対してとても敏感です。それこそ、原宿や表参道、青山辺りなどでは、驚くほどのスピードで流行が広まり、あっという間に人だかりができてしまうお店も少なくありま...more
カテゴリー:

なぜ「何でもとりあえずやってみる」人ほどコミュ力が高いのか? - 06月22日(金)04:18 

自分が興味や関心のないものでも、とりあえずやってみる。そういう人は質の高いコミュニケーションができると話すのは、無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさん。坂本さんは、逆にその意識がない店員は自分本位でお客様を選ぶようになってしまっていると指摘しています。 とりあえずやってみる意識 何事においても、質の高いコミュニケーションができる人は、とりあえずやってみる意識が高い人が多いです。たとえ、自分の仕事に関連の薄そうなことでも、とりあえずやってみる。たとえ、自分の興味のないことでも、とりあえずやってみる。そんな意識が、とにかく高いのですね。 ほとんどの人は、自分の興味・関心のないものに関しては、まず動こうとはしません。アイドルに興味のない人は、今流行りのアイドルがいても、曲を聴いてみようとはしませんし、お笑いに興味のない人は、今人気の芸人がいても、その芸を見ようとはしません。 しかし、そうして自分の興味・関心だけで物事を選んでいると、どんどん世間からは置いていかれてしまいます。それだけならまだいいのですが、コミュニケーションが重要な接客や販売業においては、そのズレが次第に大きくなり、お客様との会話にもズレが生まれてきます。 そのうちに、若いお客様がやって来ては、「会話が噛み合わない」とか、年配のお客様がやって来ては、「あの...more
カテゴリー:

得する人か、損する人か。その分かれ目は、たった一言の「手間」 - 06月13日(水)23:56 

同じ相手から同じように教えてもらっているはずなのに、いつも自分より多くの情報を得られる人っていますよね。無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんは、そんな「得する人」はどのようにして追加情報を得ているかを解説。それは、たった一言の「手間」だけなんだそうですよ。 得をする情報の取り方 同じ情報源から情報を得ているにも関わらず、中には、もっと多くの情報を得ているという人がたまにいます。同じ相手から、同じように教えてもらっているはずなのに、その人だけは、さらに別の情報を知らぬ間に得ていたりするような人です。 例えば、一人の上司から、仕事のやり方を教わるとします。しかし、一緒に教えてもらったはずなのに、隣の人だけがなぜか別の情報を教えてもらっていたり、自分が教わっていないはずのことを知っていたりするのです。読者の皆様の周りにも、そんな、得をしている人が、知らぬ間にいらっしゃるかもしれません。 情報を得られていない状態の人は、これがとても不思議なはずです。自分が教わっていないはずのことを知っているのですから、 「なぜ、そんな情報をもらえているの?」「いつの間に、教えてもらったの?」 と感じることでしょう。実は、そこにはある行動の違いがあるからなんですね。というのも、他の人よりも、余計に多くの情報を得て、得している人は、教えてく...more
カテゴリー:

「販売力向上講座メールマガジン」の画像

もっと見る

「販売力向上講座メールマガジン」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる