「豊原功補」とは?

関連ニュース

【芸能】「ドクターX」好調の裏で米倉涼子が招いた「小泉会」深夜の“分裂騒動”現場 - 11月14日(木)19:16  mnewsplus

ドラマ「ドクターX」(テレビ朝日系)が絶好調な米倉涼子。その裏では、かつて番頭役を務めていた小泉今日子が中心となった懇親会「小泉会」の分裂が思わぬ波紋を広げていたというのだ。芸能記者が明かす。 「今でこそ女優として確固たる地位を築いている米倉ですが、かつては小泉会で、面倒見のよさを買われて連絡役を担っていた時期がある。中心メンバーだった飯島直子などを呼んでは毎回、演劇論や仕事論を闘わせていたといいます。ところがある時期を境に、米倉は小泉会から距離をとるようになった。小泉がパートナーの不貞相手、...
»続きを読む
カテゴリー:

吉岡里帆&麻生久美子の入浴シーンに「大事件じゃねえか」の声『時効警察』 - 11月09日(土)12:47 

オダギリジョーが主演する金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』(テレビ朝日系、毎週金曜23:15~)の第4話が11月8日に放送。インターネット上では、ある温泉シーンに注目が集まった(以下、ネタバレあり)。時効になった事件を“趣味”で捜査する男・霧山修一朗(オダギリ)が、名(迷)助手・三日月しずか(麻生久美子)、彩雲真空(吉岡里帆)らとともに未解決事件の謎に挑むシュールな脱力系コメディミステリー。12年ぶりの復活となる同ドラマには、吉岡のほか、磯村勇斗も参加している。第4話では、全編長回し1カットで撮影したという異色のゾンビ映画『ロマンティックを止めるな』が、25年の時を経てオリジナルキャスト&スタッフでリメイクされることを知り、彩雲は大喜び。しかし、十文字疾風(豊原功補)は浮かない顔をする。じつは、元祖『ロマ止め』は、撮影中、監督である唐沢浩一郎(津田寛治)が殺される事件が起こっており、時効を迎えていたのだ。この事件を調べることにした霧山は、三日月とともに、映画のマスターテープを確認することに。作品では、主演女優・折原千香子(中島美嘉)が棺を開けて驚く表情で終了するのだが、マスターテープにはその直後の映像が収められていた。棺の中には監督の死体が入っていて、現場が大混乱。現場には監督の筆跡で「俺は自殺する」と書かれた台本が落ちていたものの、警察は他殺と断定。当時、監督と折原が揉めて...more
カテゴリー:

「豊原功補」の画像

もっと見る

「豊原功補」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる