「調査機関」とは?

関連ニュース

米調査機関に全幅の信頼、ロシア介入との結論受け入れ=トランプ大統領 - 07月18日(水)04:34 

[ワシントン 17日 ロイター] - トランプ米大統領は17日、米国の調査機関に全幅の信頼を置いており、ロシアが米大統領選挙に介入したとの調査機関の結論を受け入れていると述べた。
カテゴリー:

この夏、ついに解決......アウトドアの「食器洗い問題」 - 07月13日(金)19:00 

外遊びの機会が増えるこれからの季節は、BBQやこだわりのキャンプ料理といった“アウトドアごはん”を堪能するチャンスです。こだわりの食材をお気に入りのクッキングツールで調理したら、気の合う仲間と青空のもとで乾杯! 最高ですよね。でも、そんな楽しい気持ちに水を差すのが、お楽しみのあとの後片付け......。そこで、今回は、そんな憂鬱を吹き飛ばす“食器洗い”にフォーカスしたアイテムをピックアップ。便利でルックスにもこだわった、環境にも優しいアイテムをご紹介します。小さくたためる、携帯型のキッチンシンク料理や皿洗い、洗面などにも対応する、水を貯めるのに便利な「シートゥサミット」の折りたたみ式キッチンシンク。水に強い素材をシームテープで処理しており、本体は完全防水。小さくたたむことで、付属のポーチに収納が可能となっています。開口部にはステンレスリングを搭載し、水を張ることで安定感のある末広がりなシンクとして自立する仕組み。キャンプ場などで食器を洗う際、つい水を使いすぎてしまうこともありますが、このアイテムがあれば効率よく食器を洗うことが可能になります。また、強固なキャリーハンドルを備えているので、水瓶のように大量の水を運ぶのにも便利。サイズは5L、10L、20Lの3種類で、5Lのアイテムは、犬に水を与えるためのドッグボールとしても重宝します。キ...more
カテゴリー:

好きなスキンシップ!女性はハグがナンバーワン - 07月11日(水)11:00 

手をつなぐ、ハグをする、Hをする……。カップルや夫婦など特別な人とのスキンシップは、愛情のバロメーターでもあり、心が満たされるものですよね。皆さんは何のスキンシップが一番好きですか?  ■女性が好きなスキンシップはダントツ「ハグをする」! ということで、「恋人や結婚相手との一番好きなスキンシップ」を男女別にアンケートで聞いてみました。まずは、20~40代の女性に「彼や夫との一番好きなスキンシップを教えてください」と質問。すると、 1位:「ハグをする」(52%) 2位:「手をつなぐ」(24%) 3位:「キスをする」(10%) 4位:「Hをする」(6%) 5位:「腕を組む」(5%) 6位:「その他」(3%) 「その他」(3%)には、「くっついて寝る」(23歳)、「彼がソファに座っている時に太ももに頭を乗せて寝そべる」(36歳)、「笑いながら頭をなでること」(22歳)、「どこに行くにしてもずっと手を握っている」(24歳)といった内容がありました。 1位はダントツで「ハグをする」で、「手をつなぐ」も2位で多いことから、女性は相手に触れたり、くっついたりするスキンシップが好きみたいですね。上位3位の理由も聞いてみると、 <ハグをする>(52%) ●「抱き締められるのが愛されている実感が湧く」(28歳) ●「疲れているときや落ち込んだときなどにハグをすると、ぬくもりが伝わってきて元...more
カテゴリー:

【総務省・家計調査】消費支出5月は‐3.9%で4カ月連続減 天候・休日要因も影響 消費「弱さがみられる」★2 - 07月07日(土)13:21  newsplus

[東京 6日 ロイター] - 総務省が6日に発表した5月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の消費支出は28万1307円となり、前年同月に比べて実質で3.9%減少(変動調整値)した。減少は4カ月連続で、総務省は個人消費の基調判断を「弱さがみられる」に据え置いた。  ロイターが民間調査機関に行った聞き取り調査では前年比1.5%減が予想されていたが、結果はこれを下回った。  家計調査は1月分から調査世帯の家計簿記入の負担を軽減するため、記載様式を改正する調査方法の変更を行ってお...
»続きを読む
カテゴリー:

【アベノミクス】消費支出5月は‐3.9%で4カ月連続減 天候と休日の影響で - 07月06日(金)16:40  seijinewsplus

[東京 6日 ロイター] - 総務省が6日に発表した5月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の消費支出は28万1307円となり、前年同月に比べて実質で3.9%減少(変動調整値)した。減少は4カ月連続で、総務省は個人消費の基調判断を「弱さがみられる」に据え置いた。  ロイターが民間調査機関に行った聞き取り調査では前年比1.5%減が予想されていたが、結果はこれを下回った。  家計調査は1月分から調査世帯の家計簿記入の負担を軽減するため、記載様式を改正する調査方法の変更を行ってお...
»続きを読む
カテゴリー:

【米ロ】トランプ氏、米大統領選介入、ロシアだったと信じる「理由はない」「プーチン大統領は力強く否定した」と述べる - 07月17日(火)03:50  newsplus

米大統領選介入信じる理由ない、プーチン氏が「強く」否定=トランプ氏 7/17(火) 3:12配信 ロイター https://jp.reuters.com/article/trump-putin-idJPKBN1K62EG https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000006-reut-asia フィンランドの首都ヘルシンキで開いた共同記者会見で、ドナルド・トランプ米大統領(左)にサッカーW杯ロシア大会のボールを手渡すウラジーミル・プーチン・ロシア大統領(2018年7月16日撮影) 16日、会談後に共同記者会見するプーチン大統領(右)とトランプ大統領(左) [ヘルシンキ 1...
»続きを読む
カテゴリー:

『2018 上半期ブレイク芸人』1位は白塗り顔マネで話題の野性爆弾・くっきー - 07月13日(金)08:40 

 バラエティーだけでなく、CM、ドラマ、映画などさまざまなシーンで活躍するお笑い芸人。ORICON NEWSでは、この半年間のエンタメシーンを振り返る恒例の『2018 上半期ブレイク芸人ランキング』を発表。見事1位に選ばれたのは、白塗りメイクの顔モノマネで話題のお笑い芸人【野性爆弾・くっきー】。その奇抜な芸風から、万人受けは難しいとされてきたが、10代~40代で1位を記録して、一躍人気芸人の称号を手に入れた。 【ランキング】特技を兼ね備えた芸人たちが上位独占! 2018 上半期ブレイク芸人TOP10 ■“怪物感”を“テレビサイズ”に落とし込む! 役者としてもオファー殺到  首位を戴冠したのは【野性爆弾・くっきー】。白塗りメイクの顔モノマネで、トランプ大統領から松本人志、ローラなど、各界の著名人モノマネをインスタグラムに公開して話題をさらってきた。NSC大阪校13期生としてブラックマヨネーズ、次長課長らと同期で、遅咲きでようやくブレイクを実現したくっきー。彼ならではの“グロテスク芸”は玄人受けはしていたものの、メジャーには程遠い存在だった。だが、『あらびき団』(TBS系)でのネタや、『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)の「おフロの妖精チェチェナちゃん」などで個性派はそのままに“テレビサイズの笑い”に落とし込むことに成功。  雌伏の期間に、磨きをかけた絵の技術を活かした展...more
カテゴリー:

さあ夏休み! で、「キッズウィーク」ってなんだ? 働く親と子のための新制度って...... - 07月08日(日)14:00 

いよいよ、夏休み。ところで、2018年7月下旬から学校の夏休みの日程が変わり、子を持つ親はそれに合わせて仕事を休む必要が出てきたことをご存じだろうか――。「キッズウィーク」が今年度から政府主導で導入されたからだ。「ええっ、キッズウィーク? 何それ、聞いてない」と驚いたアナタ。心配はご無用。働くママの7割が知らないという調査があるほど、浸透していないのだ。 「働き方改革」と「消費の拡大」の一石二鳥を狙う点では、あの失敗に終わったといわれる「プレミアムフライデー」に似ているのだが...... 早くも「プレキン」の二の舞と 政府の「休み方改革」むなしく 首相官邸のホームページによると、「キッズウィーク」とは、地域ごとに夏休みや冬休みなどの学校の長期休業日から、一部の休業日を他の日に移して休業日を分散化。学校が休みとなった日に大人も有給休暇を取得し、親と子が共に休日を過ごすことを国民運動的に盛り上げていく、というものだ。 親子が触れ合う時間を増やすだけでなく、地域の企業も一体となって協力。親が有給休暇を取得しやすくなり、働き方改革につながる。また、まとまった休みを新たにつくることで、消費や観光需要を増やすことも目的の一つだ。 政府の教育再生実行会議が2017年6月に提言。今年4月から導入が始まった。地方の実情に合わせて日程を調整するため、都道府県や市町村の教育委員会ごとに実施するが、201...more
カテゴリー:

【IT】「米国民、IT企業に不信感」 米調査会社調べ - 07月07日(土)09:11  bizplus

 【ニューヨーク=関根沙羅】米フェイスブックの個人情報流出やソーシャルメディアを使った偽ニュースの拡散などが問題となるなか、米国でIT(情報技術)企業への不信感が高まっている。米調査機関ピュー・リサーチ・センターの調査によると、対象となった市民の65%が「(IT企業は)自社の製品やサービスが社会に与える影響を予測できていない」と回答した。  調査は米国の成人約4600人を対象に、6月に実施した。個人情報流出への懸念は根強く「企業が利用者の個人情報を保護するために十分な措置をとっている」と回答した人は...
»続きを読む
カテゴリー:

【総務省・家計調査】消費支出5月は‐3.9%で4カ月連続減 天候・休日要因も影響 消費「弱さがみられる」 - 07月06日(金)11:51  newsplus

[東京 6日 ロイター] - 総務省が6日に発表した5月の家計調査によると、全世帯(単身世帯除く2人以上の世帯)の消費支出は28万1307円となり、前年同月に比べて実質で3.9%減少(変動調整値)した。減少は4カ月連続で、総務省は個人消費の基調判断を「弱さがみられる」に据え置いた。  ロイターが民間調査機関に行った聞き取り調査では前年比1.5%減が予想されていたが、結果はこれを下回った。  家計調査は1月分から調査世帯の家計簿記入の負担を軽減するため、記載様式を改正する調査方法の変更を行ってお...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「調査機関」の画像

もっと見る

「調査機関」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる