「試験管」とは?

関連ニュース

パヨク≒オウム真理教 - 07月10日(火)08:00  news

学があってテロに走ったのはオウム入信者だけではない 論説副委員長・榊原智 テロに走ったオウム真理教の幹部の多くが高学歴者だったことが、意外感をもって受け止められてきた。 だが果たしてそうか。筆者はさほど不思議には思わない。 オウム確定死刑囚の経歴をみると東京、京都、筑波、大阪府立、早稲田各大学の大学院や京都府立医大、早大、神戸大などが並ぶ。米紙ワシントン・ポスト(電子版)はオウムが「日本のエリート大学などから多くの信者を増やした」と伝えた。 高学歴者が、テロなど残虐、卑劣な犯罪にあまり関...
»続きを読む
カテゴリー:

iPS由来のミニ臓器にRFIDを内包 - デジタル化で研究促進を図るバイオの世界 - 07月05日(木)09:12 

東京医科歯科大学(TMDU)は、3次元的に試験管内に作られたミニ臓器とも言われる構造体「オルガノイド」に、機能や構造を損なうことなく数百μmサイズのRFIDを埋め込み、RFIDのデータを読み込むことで、オルガノイドを識別できる技術を開発したことを発表した。
カテゴリー:

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル、バーで楽しむ「大人のカキ氷」販売 7月1日から - 07月04日(水)13:22 

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルは、26階のレストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」で、夏の恒例企画として人気の高い「大人のカキ氷」を今年も販売する。販売期間は7月1日から8月31日まで。 「ゴス・カキ氷」は、炭を使ったコーヒー味のカキ氷。竹炭を使用した真っ黒のカキ氷をベースに、コーヒー、カルーア・リキュール、ラム酒を加えたコクのある炭とコーヒーの香りが病みつきになる味わいとなっている。試験管に入ったブランでベースのミルクシロップは、お好みでカキ氷にかけて楽しめる。 おとぎの国のカキ氷を表現した白とピンクの「メルヘンカキ氷」は、たっぷりのフルーツにエディブルフラワーを入れた、甘く可愛いらしい彩り豊かなカキ氷。豆乳をベースにビーツ、バナナリキュール、パインジュースを加えたトロピカルな味わいのピンクのカキ氷に、さっぱりとしたミルクのカキ氷を重ねて2層仕立てとなった。 どちらも他では味わえない豊かな味わいと鮮やかな雰囲気で、この時期だけの特別なカキ氷となった。レストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」の営業時間は午後5時から午前0時まで(ラストオーダーは午後11時30分)、価格は1,800円(消費税・サービス料別)となっている。 ⇒詳細はこちら 投稿 ストリングスホテル東京インターコンチネンタル、バーで楽しむ「大人のカキ氷」販売 7月1日から は トラベルメディア「Trai...more
カテゴリー:

エアバスが火星の土を地球に持ち帰るローバーの開発に着手 - 07月09日(月)19:00 

[Engadget US版より(原文へ)] 今年の4月、NASAと欧州宇宙機構(ESA)は、火星の土を地球に持ち帰ることが可能かどうかを共同研究することで合意しました。それにともないESAは、火星の土壌サンプルを回収するローバー(車両)のコンセプトモデルを設計するために、エアバスとの520万ドル(約5億7000万円)の契約を承認しました。 ESAは、イギリスのスティーブネージにあるエアバスを指名したのには理由があります。彼らはすでに、2021年に火星に向けて打ち上げられる予定の「エクソマーズ」ローバーの製造を行っているからです。しかし、エクソマーズ自体や、それに搭載された科学調査機材とは、今回の回収ローバーの目的は大きく異なります。その使命とは、NASAの「マーズ2020」ローバーが置いていく土壌サンプルの容器をすべて拾い集めることにあります。だからと言って、この車両の開発が簡単だということはありません。 マーズ2020は、火星の地面に穴を開けて土壌を掘り出し、試験管に入れていろいろな場所に30本置いていきます。計画どおりなら2026年に火星に向かう予定のこの回収ローバーは、遠くからその試験管を探し、そこへ自律的に移動し、ロボットアームで拾い上げて格納庫にしまいます。このローバーは、毎日の移動ルートを自分で考える必要もあります。 エアバスの実現可能性チームを率いるBen Boyes...more
カテゴリー:

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル、バーで楽しむ「大人のカキ氷」販売 7月1日から - 07月04日(水)13:22 

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルは、26階のレストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」で、夏の恒例企画として人気の高い「大人のカキ氷」を今年も販売する。販売期間は7月1日から8月31日まで。 「ゴス・カキ氷」は、炭を使ったコーヒー味のカキ氷。竹炭を使用した真っ黒のカキ氷をベースに、コーヒー、カルーア・リキュール、ラム酒を加えたコクのある炭とコーヒーの香りが病みつきになる味わいとなっている。試験管に入ったブランでベースのミルクシロップは、お好みでカキ氷にかけて楽しめる。 おとぎの国のカキ氷を表現した白とピンクの「メルヘンカキ氷」は、たっぷりのフルーツにエディブルフラワーを入れた、甘く可愛いらしい彩り豊かなカキ氷。豆乳をベースにビーツ、バナナリキュール、パインジュースを加えたトロピカルな味わいのピンクのカキ氷に、さっぱりとしたミルクのカキ氷を重ねて2層仕立てとなった。 どちらも他では味わえない豊かな味わいと鮮やかな雰囲気で、この時期だけの特別なカキ氷となった。レストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」の営業時間は午後5時から午前0時まで(ラストオーダーは午後11時30分)、価格は1,800円(消費税・サービス料別)となっている。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

「試験管」の画像

もっと見る

「試験管」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる