「試験場」とは?

関連ニュース

相鉄「二俣川駅再開発」で得するのは誰なのか 「運転免許試験場の街」が大きく変わる | 駅・再開発 | 東洋経済オンライン - 05月24日(木)05:00 

相模鉄道(相鉄)がこれからの時代を見据え、大きくその沿線の姿を変化させようとしている。4月27日、二…
カテゴリー:

坂上忍、免許更新制度に怒りもネットからは呆れ声「みんな我慢してる」 - 05月18日(金)21:00 

俳優でタレントの坂上忍(50)のブログでの発言が物議を醸している。 近年は俳優よりも“辛口コメンテーター”としての顔が目立つ坂上。 しかし、その発言が上から目線、的外れと捉えられることも少なくなく、MCを務める情報バラエティ番組『バイキング』(フジテレビ系)での発言を中心にネットではたびたび炎上。 昨年ネットニュースサイトが発表した『嫌いな司会者ランキング』では5位を獲得した。 そんな坂上、今回はどのような発言で物議を醸しているのだろうか。 ◆忙しいのはみんな同じ?坂上の発言に批判殺到! 坂上は17日に自身のブログを更新し、「若干、腹が立ったりするのです」というタイトルのエントリーを投稿。 「ちょっと、困っているのである」と前置きし、「要するに、免許の更新だなんだといったことなんですが……」とつづった坂上。 運転免許証の更新は運転免許センターや運転免許試験場、もしくは警察署で更新することになっており、運転免許試験場や警察署での更新は平日のみ。 坂上は平日昼間は『バイキング』の収録のために多忙を極めているらしく、「そんなこと、言われてもね。物理的に、間に合わなかったりするわけですよ。ある日突然葉書が来て、『いついつまでに…』って言われても…..。すでに、数ヵ月先まではほぼほぼビッチリ埋まってしまっているわけで…..ええ」と憂...more
カテゴリー:

【訃報】世界初のクローン牛死ぬ 石川の「のと」 19歳 双子の「かが」は同試験場で飼育中 - 05月14日(月)19:43  newsplus

石川県は14日、農林総合研究センター畜産試験場(同県宝達志水町)で飼育していた世界初の体細胞クローン牛「のと」が死んだと明らかにした。19歳10カ月だった。老衰とみられ、詳しい死因は調査中としている。  県によると、今月4日ごろから、牛舎の中で時折横たわるなどしており、栄養剤を点滴していた。餌は自力で食べていたが、14日午後に急変し、同4時ごろ担当の獣医師が死んだのを確認した。  のとは、近畿大との共同研究で1998年7月、成牛の体細胞を使った世界初のクローン牛として生まれた。双子の「かが」は同試験場で飼育...
»続きを読む
カテゴリー:

クローン牛「のと」死ぬ - 05月14日(月)18:25  news

 石川県農林総合研究センターによると、14日、畜産試験場で飼育していた世界初の体細胞クローン牛 「のと」が死んだ。19歳10カ月だった。死因は調査中としている。 https://this.kiji.is/368689903737275489 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【農水省】流出を防げ、日本品種の果物 品種保護 海外登録、法的措置を支援 イチゴ、シャインマスカット - 05月04日(金)15:06  newsplus

平昌五輪で韓国のイチゴを食べるカーリング女子日本代表 農林水産省が日本で開発された品種の果物の海外流出を防ぐ対策を強化している。韓国や中国で無断栽培が相次いでいるためだ。優良品種の開発元である自治体や種苗業者の知的財産権を国際的に保護し、無断栽培を防ぐ考えだ。平昌五輪でカーリング女子日本代表が食べて注目された韓国産イチゴは、大粒で甘い「とちおとめ」などの日本品種が流出して、現地で交配された品種とみられている。   農水省は、皮ごと食べられる高級ブドウ「シャインマスカット」が中国で無断栽培され...
»続きを読む
カテゴリー:

県産ウイスキー70年ぶり製造へ ドリームリンクなど - 05月22日(火)19:56 

 飲食事業を全国展開するドリームリンク(秋田市山王)と子会社の「かづの銘酒」(鹿角市花輪)は22日、県醸造試験場の協力を得て、県産ウイスキーの製造に乗り出すと発表した。今年から調査を始め、2020年の…
カテゴリー:

世界初のクローン牛死ぬ=19歳10カ月、老衰-石川県 - 05月15日(火)14:24 

 石川県は15日までに、成牛から採取した体細胞を使って生まれた世界初のクローン牛「のと」が、老衰で死んだと発表した。19歳10カ月だった。 県農林総合研究センター畜産試験場によると、4日に呼吸が荒くなり、ぐったりした様子を見せたため栄養剤を投与した。自力で餌を食べるまでに回復したが、14日午後に容体が急変し、死んだのが確認された。 のとは、近畿大との共同研究で1998年7月に生まれた雌の双子で、「かが」と名付けられたもう1頭は飼育が続けられている。牛の寿命は20年程度とされ、人間なら80~100歳に相当するという。 【時事通信社】
カテゴリー:

世界初のクローン牛:石川の「のと」死ぬ 19歳、老衰か - 05月14日(月)19:41 

 石川県は14日、農林総合研究センター畜産試験場(同県宝達志水町)で飼育していた世界初の体細胞クローン牛「のと」が死んだと明らかにした。19歳10カ月だった。老衰とみられ、詳しい死因は調査中としている。
カテゴリー:

愛知県の小学生親子対象「金魚の学校」応募は6/15まで - 05月14日(月)09:15 

 愛知県水産試験場、弥富市、弥富金魚漁業協同組合は、2018年6月23日に親子で楽しむ金魚飼育講座「金魚の学校」を共催する。受講料は無料。愛知県内に在住または在勤者の保護者とその小学生を対象に、100組の参加を募集する。締切は6月15日必着。 当日は、水産試験場の職員と弥富の金魚養殖の専門家から、金魚の知識や飼育のポイントを学ぶ。「金魚すくい」の技に関する講義も予定されている。 講座では、2018年に生まれた大きさ4~5センチの金魚の稚魚を参加者に渡す。実際に家庭で金魚を飼育し、「色変わり」のようすを観察するため、応募には家庭で金魚を飼育できることが条件として課されている。観察レポートを提出した受講者は、修了証を得ることができる。講義の内容は、小学4年生程度を想定している。 受講を希望する場合は、標題は「金魚の学校応募」とし、愛知県水産試験場内水面漁業研究所弥富指導所へメールで応募すること。メールアドレスは愛知県のWebサイト内「親子で楽しむ金魚飼育講座『金魚の学校』の受講者を募集します!」で確認できる。郵送や電話、FAXでの申込みは受け付けていない。締切は2018年6月15日(必着)。応募者多数の場合は、抽選のうえ参加可否を知らせるとしている。◆親子で楽しむ金魚飼育講座「金魚の学校」日時:2018年6月23日(土)13:30~15:30場所:弥富市総合社会教育センター 中央公民館...more
カテゴリー:

【加工食品】脂少なく価格も安い「厄介者」ブリ加工品開発へ - 05月04日(金)08:55  bizplus

YOMIURI ONLINE 2018年05月03日 13時51分 (記事元に北海道産内ブリの漁獲量推移グラフあり) http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180503-OYT1T50051.html  北海道内で漁獲量が増えているブリについて、道立総合研究機構食品加工研究センター(江別市)と 道内の食品加工会社などが手を組み、加工品の開発に乗り出す 脂質が少ない道内産のブリは価格も安く、漁業関係者に「厄介者」として扱われてきた。加工技術を 確立することで消費の拡大を狙い、知名度アップを図る。  道内では近年、ブリの漁獲量が1万トン前後で推移...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「試験場」の画像

もっと見る

「試験場」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる