「記念作品」とは?

関連ニュース

阿部純子「ソローキンの見た桜」に主演! 2役挑戦に「責任重大です」 - 05月22日(火)08:00 

 第1回日本放送文化大賞グランプリに輝いたラジオドラマを映画化する「ソローキンの見た桜」の製作発表会見が5月21日、東京・港区の在日ロシア連邦大使館で行われ、主演の阿部純子、共演のイッセー尾形、井上雅貴監督、原作者の田中和彦氏、ミハイル・ガルーシン駐日ロシア大使が出席した。  日露戦争を背景としたラジオドラマ「松山ロシア人捕虜収容所外伝 ソローキンの見た桜」は、愛媛県松山市に設置された捕虜収容所を舞台に、日本人女性と捕虜のロシア軍少尉がはぐくんだ愛の物語を描いた。アレクサンドル・ソクーロフや石井岳龍に師事した井上監督が撮り上げる映画版は、2018年日露交流年記念作品となり、6月にクランクイン。松山をはじめ、ロシアのサンクトペテルブルクでも撮影される予定で、井上監督は「日露友好の作品として、価値ある重要な作品だと思っております。自分の持てる力を全て注いで製作していきたいと思います」と意気込みを口にしていた。  阿部は、ヒロインのゆい、現代を生きる彼女の玄孫・高宮桜子の2役に挑戦するため「責任重大ですね」と緊張の面持ち。だが、ソローキン役のロシア人俳優ロデオン・ガリュチェンコから寄せられた「松山での撮影、日本人俳優との交流を楽しみにしています」というメッセージを聞くと「私にとってもロシア人の俳優さんとの共演は初めて。演技派の俳優さんとうかがっており、お会いするのが楽しみです」と笑顔...more
カテゴリー:

女優・杏が主人公「クルン」を演じる!30周年作品『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』が6月30日(土)より公開 - 05月21日(月)10:00 

1988年10月にTVアニメがスタートし、日本中に“愛と勇気”を届けてきた『アンパンマン』は2018年で30年目を迎えました。2009年には「最もキャラクター数の多いアニメシリーズ」としてギネス認定され、2018年の現在もなお記録を更新し続けています。 そんな記念すべき30周年の節目に、6月30日(土)より映画アンパンマン30周年記念作品『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』が公開されます。 本作はアンパンマンの原点に返った作品。TVアニメ第1話に登場し、アンパンマンの誕生のキッカケとなった“いのちの星”が作品にも大きく関わっています。決して追及されることのなかった「なぜアンパンマンは人助けをするのか?」「なぜばいきんまんは戦うのか?」など、これまで当たり前のように思われていたキャラクターたちの背景も本作品で明かされます。 『それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星』あらすじ 『アンパンマンワールドでは年に一度の星祭りの準備でみんな大忙し。そんなある日、何でも吸い込んでしまうばいきんまんのゴミ箱から黒い卵が突然飛び出し、中からクルンという元気な子どもが現れました。 クルンは自分がどこからやってきたのか分からないちょっと不思議な子です。 そんなクルンは毎日楽しくみんなと過ごしていましたが、ある日黒い星がたくさん降ってきて、木や草が枯れてしまう大事件...more
カテゴリー:

サザン、デビュー40周年を迎える記念日にライブ開催決定 - 05月17日(木)23:55 

今年いよいよデビュー40周年を迎えるサザンオールスターズから、驚きのニュースが到着。なんと、デビュー記念日の6月25日、そして翌日の26日と2日間にわたり急遽ライブが開催されることが決定したのだ! 6月25日といえば、サザンのデビュー記念日として広く知られており、これまでもこの日にその年の活動発表がされたり、記念作品が発売となったりするなど、ファンの間では、毎年「今年は何が起きるのか?」と期待が高まる特別な日となっている。今年はついに40周年という節目を迎えるということで、例年以上に期待が高まっていた。さらには、16日から公式ホームページでは「6月25日まであと40日」とカウントダウンがスタートしファンの間で話題となっていた。そんな中この度発表されたのは、まさかのライブ開催。バンドにとって、ファンにとって特別な意味を持つデビュー記念日ではあるが、今まで一度もその日にライブが行われたことはなかったこともあり、このライブ決定の情報は、ファンならずとも盛り上がらずにはいられない、ビッグニュースとなった。 去る5月5日、桑田佳祐のレギュラーラジオ番組である「ニッポンハム ムーンライト・ミーティング 桑田佳祐のやさしい夜遊び」の放送中に桑田は「ライブやりたいなー、6月25日にライブやりたい!」と漏らしており、突然の発言にスタッフが慌てるという場面があった。この発言は「6月25日のデビュー...more
カテゴリー:

『やすらぎの刻』オーディションに5000人が応募 倉本聰氏「スゴイなぁ」と期待 - 05月17日(木)06:00 

 脚本家・倉本聰氏が描く、テレビ朝日開局60周年記念作品、帯ドラマ劇場『やすらぎの刻(とき)~道』(2019年4月スタート)。その出演者オーディションに、4965人の応募が寄せられたことがわかった。 【写真】『やすらぎの郷』主要メンバー  同作は、17年4月~9月に放送された『やすらぎの郷』の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』が映像化される、という内容。新たなドラマ『道』の展開と共に、『やすらぎの郷』のその後も合わせて描かれる。  ドラマ『道』は、山梨県のとある山間の村を舞台に昭和、平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯を綴るもので、昭和初期からはじまり、戦中、戦後、平成という時代の移り変わりを、1年間をかけて丁寧に描いていく。作品の前半の主演は、清野菜名。戦後の高度成長期を経て現代にいたるまでの後半、いわば主人公の晩年を八千草薫が演じる。このほか、作品には前作でおなじみの浅丘ルリ子、加賀まりこ、ミッキー・カーチス、藤竜也らはもちろんのこと、さらなる名優たちが多数出演する予定だ。  80年間にわたって物語が続いていくため、時代の変遷と共に多くの登場人物が予定されており、多彩なキャラクターを演じる人材を求めて、番組ではオーディションをすることに。所属事務所の有無や経験は不問、15歳~35歳の男女(18年4月1日現在)という条件で、先月26日より募集を開始した。  ...more
カテゴリー:

「真・三國無双8」で声優陣のサイン色紙がもらえるフォトコンテスト開催 - 05月21日(月)19:22 

真・三國無双8真・三國無双8配信元コーエーテクモゲームス配信日2018/05/21<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>「ω-Force」20周年記念作品『真・三國無双8』フォトコンテ…
カテゴリー:

上川隆也が挑む、新たなエンターテインメント時代劇! - 05月18日(金)15:00 

11月の明治座に『魔界転生』がお目見えする。幕府のキリシタン弾圧で非業の死を遂げた天草四郎が、魔界の力で甦り、幕府に復讐すべく、妖術で剣豪達を転生させる……という、山田風太郎の傑作伝奇小説を原作とした日本テレビ開局65周年記念作品だ。魔界衆に立ち向かう柳生十兵衛役の上川隆也へ期待感を聞いた。【チケット情報はこちら】(PC)「あの奇想溢れる自由な世界観を持った原作が、戯曲としてどう料理され、編集ができない舞台という空間にどう落とし込まれるのか。そこから立ち回りや、多様に移ろう各場面をどう創出していくのか。その全てが楽しみです」そう話す上川は、20代の頃から山田作品のファン。中でも『魔界転生』は好きな作品のひとつだという。さらに、千葉真一が柳生十兵衛を演じ、大ヒットした深作欣二監督の映画でも知られる作品だけに、並々ならぬハードルの高さも感じていると話すが、なにせ演出は、ドラマ『TRICK』や『SPEC』シリーズなどで日本の映像界に新たな地平を拓いた堤幸彦。胸が躍らないわけがない。「テレビドラマにおいて堤さんがなされた一種の映像改革は、個人的には“堤さん以前・以後”に分けられるくらい大きなものだと感じています。そうした感性で取り組まれる舞台は、これまで出合ったことのないようなものになるでしょうし、きっと堤さんも何か画策されているはず。余計な先入観をなるべく持たず、堤さんが描かれる絵の一角...more
カテゴリー:

倉本聰「やすらぎの刻~道」オーディションの応募総数に感嘆の声 『この番組でスターを生み出したい』 - 05月17日(木)06:00 

2019年4月より、“テレビ朝日開局60周年記念作品”としてスタートする帯ドラマ劇場「やすらぎの刻(とき)~道」の出演者オーディションに、約5000人の応募が寄せられたことが分かった。 倉本聰、「やすらぎの郷」続編で34年ぶりのオーディションを開催! 本作は、2017年4月~9月に放送され大好評を博した「やすらぎの郷」の主人公・菊村栄(石坂浩二)が執筆するシナリオ『道』を映像化。山梨のとある山間の村を舞台に、昭和、平成を生き抜いた無名の夫婦の生涯をつづる物語で、テーマは“ふるさと”。昭和初期から始まり、戦中、戦後、平成という時代の移り変わりを1年間を掛けて丁寧に描いていく。 作品の前半の主演は清野菜名。戦後の高度成長期を経て現代にいたるまでの後半、いわば主人公の晩年を八千草薫が演じる。この他、「やすらぎの郷」のその後も合わせて描かれ、浅丘ルリ子、加賀まりこ、ミッキー・カーチス、藤竜也らはもちろんのこと、さらなる名優たちが多数出演する予定だ。 4月26日に募集を開始したオーディションでは、男性1981人、女性2984人の計4965人の応募が寄せられた。(年代別内訳/15~19歳:731人、20~29歳:2910人、30歳~35歳:1324人) この応募総数を聞いた倉本は、「スゴイなぁ! “数”で驚いたけど、次は“質”で驚きたい。この番組でスターを生み出したいと思ってやっているので、そ...more
カテゴリー:

「記念作品」の画像

もっと見る

「記念作品」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる