「親子関係」とは?

関連ニュース

キャラアニメを作ろう! リンク(親子関係)の使い方 AfterEffects CC講座09|SedgeDesign - 06月22日(金)23:04 

キャラアニメを作ろう! リンク(親子関係)の使い方 AfterEffects CC講座09|SedgeDesign今回は犬が走る簡単なアニメーションを作ってみましょう。 ここで知っておくと便利な機能が「リンク=親子関係」です。 AfterEffectsなどでの親子関係は「親レイヤーの動きに従って、子レイヤーが一緒に動くようになる」ことを指します。 今回はこの親子関係を解説します。 親子関係をマスターすれば、あなたも簡単にキ...
カテゴリー:

爽やかな笑顔で世界中の女性ファンを虜に! 俳優クリス・パイン主演の隠れた名作 - 06月20日(水)12:15 

 『スター・トレック』の主人公ジェームズ・T・カーク役や『ワンダーウーマン』のスティーブ・トレバー役で知られる、ハリウッドの名俳優クリス・パイン。彼の出演作には隠れた名作も多く、今日(6月20日)からDVDが発売となった実話を基にしたヒューマン・ドラマ『ピープル・ライク・アス』もその1つ。今回は、爽やかな笑顔とそのイケメンっぷりで世界中の女性から注目を集めているクリスの魅力に迫る。【写真】クリス・パイン主演の隠れた名作『ピープル・ライク・アス』場面写真 クリスは、2003年に海外ドラマ『ER 緊急救命室』で俳優デビューした後、2004年にアン・ハサウェイが主演を務めた『プリティ・プリンセス2/ロイヤル・ウェディング』で映画デビュー。2009年公開の『スター・トレック』で主演のカーク役を務め、一躍人気俳優の仲間入りを果たした。そして、『イントゥ・ザ・ウッズ』(2015年)ではシンデレラの王子役、『ワンダーウーマン』(2017年)ではスティーブ・トレバー役を熱演し、その高い演技力で多くの観客を魅了した。役になりきる演技力が高く評価されているクリスだが、その甘いマスクも人気の秘密。爽やかなオーラで女性ファンを虜にしている。 そんなクリスが出演した『ピープル・ライク・アス』は、クリス主演の“隠れた名作”としてファンの間で人気の作品。『ミッション:インポッシブル3』や『トランスフォーマー』な...more
カテゴリー:

ディーン・フジオカの美しい復讐劇に号泣『モンテ・クリスト伯』最終回 - 06月15日(金)10:50 

 ディーン・フジオカが主演を務めるドラマ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の最終回が14日21時から2時間スペシャルで放送され、主人公・真海が見せた壮絶で美しい復讐(ふくしゅう)にSNS上では「胸が張り裂けそう」「涙腺大崩壊」「号泣している」などの大反響が巻き起こった。【写真】「ディーン・フジオカ」フォトギャラリー 真海(ディーン)が信一朗(高杉真宙)に渡した薬を飲んだ未蘭(岸井ゆきの)は昏睡状態のまま面会謝絶。一方、未蘭を排除した瑛理奈(山口紗弥加)は、貞吉(伊武雅人)を殺害しようとするが、そこに入間が帰ってきてしまう。入間は貞吉とのボードを使った会話で、瑛理奈の策略を知るのだった。 倉庫に閉じ込められた神楽(新井浩文)は、かつて紫門暖がされたような過酷な拷問を受ける。愛梨(桜井ユキ)に命を助けられた幸男(大倉忠義)は単身、真海の別荘に向かう。その頃、真海は入間と会い、留美(稲森いずみ)と安堂完治(葉山奨之)が一緒に逃亡していることを教える。 絶望的な状況の中、警察の追っ手からなんとか完治を助けようと気丈に振る舞う留美の姿に視聴者からは「るみさんだけなんか生命力強い」「るみさん強くなったなー」などの声が寄せられた。肉体関係まで持ってしまった留美と完治の“いびつな”親子関係に視聴者も注目しているようで「この親子ほのぼのしてきたな…」「るみタイム...more
カテゴリー:

“普通の子”たちがなぜ凶悪事件を…危ない親子関係の傾向 - 06月15日(金)08:46 

 少年犯罪が起きるたび、その家庭環境が問題にされます。自分の子育てに不安を感じてしまう親もいるのでは…。  いくつもの少年事件を取材してきたジャーナリストの草薙厚子さんの近著『となりの少年少女A』は、1997年に起こった […]
カテゴリー:

保育所「1歳児が虐待されとる。助けたれや」市役所「…親子関係良好っと(キュキュッ)」1歳児餓死 - 06月06日(水)11:05  news

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180606-00158630-iwatenpv-l03 北上市で1歳9カ月の男児が十分な食事を与えられずに死亡し、父親(25)が保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕された事件で、 市は5日、市役所で記者会見を開き、男児が通っていた市内の認可外保育所から「心配な子がいる」と相談を受けていたことを明らかにした。 結果的に小さな命を救えなかった事態に市は対応の非を認め、保育所関係者は「前代未聞の事。悲しい」と嘆く。  最初の相談は今年2月27日で、同保育所の監査時に園長が市の担当職員に「登園...
»続きを読む
カテゴリー:

婚活歴5年・42歳男性の歪んだ結婚観「原因は母親?」 - 06月21日(木)08:56 

 こんにちは。結婚につながる恋のコンサルタント山本早織です。たかが婚活、されど婚活。今回は婚活を通して、人生の価値観を大きく変えた1人の男性のエピソードを中心にお伝えします。  金子ミノルさん(42歳・仮名)は、私の結婚相談所ではなく、ほかの大手結婚相談所で活動をしていた方でした。婚活歴は長く、30代後半からさまざまな婚活ツールを使用し、40歳になる直前に現在の結婚相談所に入会したとのことでした。  私との出会いは、毎週土曜日か日曜日、不定期にオープンする「仲人BAR」。基本的に一度でも私の個人コンサルなどを受けたことのある方や友人、知り合いなど私との接点がないと場所を知ることはできません。でも、オープンして1週間だけ、ブログに仲人BAR専用LINE@を公開して、「まだ接点のない人も来れるよ♪キャンペーン」をしており、その際に繋がっていてくれたようでした。  私も記憶力のいいほうではないので、お会いしたことがあるかないか、たまに忘れてしまいます。ミノルさんのことも同様で、仲人BARに来てくれたということは、お会いしたことがあるのかなと勘違いをしましたが、来店してすぐに名刺交換と丁寧なご挨拶をしてくれました。 「いつもブログ読ませてもらっています。SPA!の記事も毎週楽しみで、一度お会いしたくて来てみました」  そんな感じだったかと思います。  第一印象は、決してイケメン...more
カテゴリー:

「母は息子に対して彼氏を求め…」悲劇の予感に満ちた『血の轍』とは - 06月19日(火)07:00 

悲劇の予感に満ちた母子の関係を描く押見修造さんの『血の轍』の待ちに待った第3集が刊行。 一見、普通。でも何かがおかしい。鬼才の描く母というファムファタル。 母・静子と一人息子・静一の“毒母もの”といわれてもいるが、簡単にそうとくくれない不穏さに満ちている。 「静一の母をモンスターとして描くだけで終わらせず、母性の不可思議さに迫っていきたいと思っています。一方で、家族の和は取りもつが肝心なところは見落としている父親や、しょっちゅう家に来るいとこなど父方の親戚たちの様子も異様ですよね。『あれではお母さんがおかしくなるのも不思議はない』という、静子への同情の声も聞こえてきます」 普通そうに見えて普通ではない長部家の様子を、もっとも端的に表しているのは食事の風景だ。 「ごはんには、親子関係が表れると思います。静子が用意する朝ごはんが肉まんとあんまんの2択という設定にたどりつくまで、熟考しました。あからさまにおかしいわけではないですが、違和感がある。母親が息子をくすぐって起こすというのも、母子の関係性や母親のキャラクターによるでしょうが、静子と静一の場合はどう映るか。母は息子に対して彼氏を求め、息子は無自覚にそれを受け入れています。ふたりの間で、言語化されないまま関係性ができあがっているところが不気味だし、その空気感が出せていたらいいなと」 静子の過剰な母性に、じわじわと搦めとられていく...more
カテゴリー:

普通の子たちがなぜ凶悪事件を…危ない親子関係の傾向 - 06月15日(金)08:46 

 少年犯罪が起きるたび、その家庭環境が問題にされます。自分の子育てに不安を感じてしまう親もいるのでは…。  いくつもの少年事件を取材してきたジャーナリストの草薙厚子さんの近著『となりの少年少女A』は、1997年に起こった神戸連続児童殺傷事件「少年A」の事件をはじめ、この20年で起きた世間を震撼させた凶悪な少年事件をまとめたものです。  彼らの家庭環境に、なにか傾向はあるのでしょうか?(以下、草薙さんの寄稿)   ◆普通の子が突然犯す、動機のわからない事件  昨今の少年事件の問題は、事件がより「特殊性」を帯びていることと、動機の「不明瞭化」なのである。周囲には「普通の子ども」とみられ、補導歴も全くないような青少年たちがなぜ、突然大事件を起こすのか。果たして親は子どもの異変に本当に気づかなかったのだろうか。  世間を震撼させた少年事件を例にとって、少年少女Aたちの家族環境はどんなものだったのか、事件から垣間見えた家族の特徴を3項目に大きく分類してみた。 ◆1.子どものシグナルに、見て見ぬふりをする親 ●佐世保で同級生を殺した高一少女の家庭  凶悪少年事件ではこのケースが最も多くみられる。  2014年、佐世保市内で一人暮らしをしていた高校一年生の女子生徒が、仲良しの同級生をハンマーで殴打し、首をタオルで締めて殺害した「佐世保高一同級生殺害事件」。実は彼女の言動や行動か...more
カテゴリー:

榮倉奈々を見て安田顕が遠い目…映画「死んだふり」の裏側 - 06月10日(日)20:00 

映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』に出演する女優の榮倉奈々さん。タイトルからして気になる同作や、共演の安田顕さんについて語りました。 即“観たい映画リスト入り”するような、インパクトあるタイトル。ヤフー・知恵袋に投稿された実際の質問に基づいているといえば、知っている人も多いはず。夫が家に帰ると、妻が必ず死んだふりをしている、というあの書き込みが元ネタ。映画化にあたり、その妻役にキャスティングされたのは榮倉奈々さん。 「最初にお話をいただいたとき、妻・ちえさんの発想は自分にはないですが、面白いと思いました。こういうユニークさはもともと彼女のなかにあったのではないかなと思います。そして、そんな奥さんを好きになった旦那さんがいて、夫婦の相性ってあるのかなぁとも思いました」 みどころの一つは、死んだふりのバリエーションと、その完成度。銃で撃たれていたり、矢で頭を射抜かれたりと映画では15パターン登場するが、どれも手が込んでいてユーモラスだ。 「死んだふりのシーンは何日かかけて、一気に撮りました。どれも“可愛い”狙いではなく、本気で扮装しているので応援したくなります。ルックスでいえば、ワニに食べられている死んだふりが好きです。美術さん、衣装さん、ヘアメイクさん、照明さん…すべてのスタッフさんが、本気を出して作り上げているのが伝わると思います。夫・じゅんさん役の安田(顕)さん...more
カテゴリー:

「親子関係」の画像

もっと見る

「親子関係」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる