「西郷どん」とは?

関連ニュース

桜庭ななみ、「焼肉ドラゴン」での取っ組み合いのケンカシーンに「全力で感情をぶつけました」 - 06月22日(金)17:00 

演劇界を代表する劇作家・鄭義信による伝説の舞台を映画化した「焼肉ドラゴン」。高度経済成長の時代、大阪の地方都市の一角で小さな焼き肉店を営む在日一家を描いた人間ドラマだ。その一家の美人三姉妹の長女を真木よう子、次女を井上真央、そして三女を桜庭ななみが演じている。今回、歌手を夢見る自由奔放な三女を演じた桜庭にインタビューを敢行! 撮影の裏話や映画の魅力、実は中国語と韓国語を話せるという桜庭の女優としての目標を聞いた。 【写真を見る】映画内で取っ組み合いのケンカシーンを披露!/撮影=大石隼土 ――「焼肉ドラゴン」への出演が決まったときの感想を教えてください。 台本を読む前に舞台版のDVDを見せていただいたのですが、いろいろなメッセージが含まれた作品だなと思いました。それを伝える上でどの役も欠けてはならない存在で、もし一人でも欠けたら、この家族の愛は伝えきれていなかっただろうなと思います。だからこそ、私に美花という役を演じこなせるのか、不安はありましたが、とてもやりがいのある役だったので、この役をまっとうしたいなと思いました。 ――桜庭さんが演じられた美花という女性をどのように捉えていますか? すごく真っ直ぐで純粋な気持ちを持った女の子だと思います。何事にも自分の気持ちにまっすぐに突き進む。そういう純粋さがキラキラしているなと思いました。 ――長谷川の奥さんを演じられた根岸希衣さんとの取っ...more
カテゴリー:

【芸能】小栗旬と松田翔太 女気ゼロ飲み会で見せた路上ハグ - 06月21日(木)16:48  mnewsplus

金曜夜10時過ぎ、東京・三軒茶屋の居酒屋に入っていった2人のイケメンに店内の女性たちは釘付けになった。  ネイビーのパンツに白シャツ、黒縁眼鏡に刈り上げヘアの仕事がデキるサラリーマン風の松田翔太(32才)。その隣にNHK大河ドラマ『西郷どん』の 坂本龍馬役を地でいくような、天然パーマのロン毛にスエットの上下で胸元が大きくはだけたワイルドな風貌の小栗旬(35才)がいたからだ。 「小栗さんのお席ですね、と店員さんが松田さんたちに話していたので、小栗さんが予約したんだと思います。いわゆる落ち着いた雰囲気のリ...
»続きを読む
カテゴリー:

「愛」がつく女子が増えたきっかけは西郷隆盛だった!? - 06月21日(木)05:00 

古舘伊知郎が「名前」にまつわる驚きの物語を紹介していく番組『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』(NHK総合、毎週木曜19:30~)。6月21日の放送は、大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00~)のロケ地でもある鹿児島県・奄美の名前に迫る。大河ドラマで、鈴木亮平演じる西郷隆盛は島流しされた奄美で、二階堂ふみ演じる「とま」と恋に落ち結婚、彼女に「愛加那」と名付けるエピソードがあった。現代では「愛」がつく名前は女の子の名前の定番だが、調べてみると、そのきっかけを作ったのは西郷かもしれないという事実が判明。西郷が大切にした「愛」が、日本人の「愛」観を変えたというが……。また、豊かな自然のもと独特の文化がはぐくまれた奄美ならではの、ご当地の名前にも注目。奄美には、「文」「井」「宝」など名字が一文字という人は多いらしいが、その理由とは? その歴史を奄美出身の歌手・中孝介の島唄と共に紐解いていく。さらに名前目線で現地を歩くと、千年の輝きを放つ装飾品や、身体によいご当地ドリンクなども続々発見。大河ドラマがより楽しめるようになる、奄美の名前に注目だ。 関連リンク 中野ジェームズ修一、魅惑のヒップになれるメソッドを伝授 『VS嵐』とろサーモン、銀シャリ、和牛…「...more
カテゴリー:

草刈正雄、広瀬すずら『なつぞら』共演者と集合ショット「素敵な皆さん」「インパクト絶大!」の声 - 06月20日(水)17:03 

俳優の草刈正雄が20日に自身のアメブロを更新。2019年の春から放送されるNHK連続テレビ小説『なつぞら』の取材会の様子を紹介し、女優・広瀬すずら共演者との集合ショットを公開した。 草刈は「取材会がありました!」と報告し、広瀬や女優の松嶋菜々子、俳優の藤木直人ら共演者との集合ショットを公開。「北海道の美しい大自然の中で撮影しています!」と風景写真も紹介し、「まだ先ですが、放送をお楽しみに~!!」と呼びかけた。 この投稿に「草刈さん、またまたインパクト絶大!素敵なドラマになりますね」「素敵な皆さんの御写真 牧場主の御姿カッコイイです」「撮影、怪我なく事故なく、無理なく頑張ってください」「今から、来年を楽しみにしています!」などのコメントが寄せられている。 NHK連続テレビ小説100作目に当たる『なつぞら』は、戦争で両親を失い北海道・十勝の酪農一家に引き取られた少女・奥原なつが、大自然の中で育まれた豊かな想像力と開拓者精神を生かし、まだ日本で「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジする姿を描く。主人公の奥原なつを広瀬が演じ、草刈はなつが引き取られた牧場を営む柴田泰樹役を演じる。そのほか養母役には松嶋が、養父役には藤木がそれぞれキャスティングされている。 【関連記事】 ・「なつぞら」取材会でした!(草刈正雄オフィシャルブログ) ・草刈正雄、『ドクターX』“蛭間院...more
カテゴリー:

「愛」がつく女子が増えたきっかけは西郷隆盛だった!? - 06月19日(火)16:47 

古舘伊知郎が「名前」にまつわる驚きの物語を紹介していく番組『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』(NHK総合、毎週木曜19:30~)。6月21日の放送は、大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00~)のロケ地でもある鹿児島県・奄美の名前に迫る。大河ドラマで、鈴木亮平演じる西郷隆盛は島流しされた奄美で、二階堂ふみ演じる「とま」と恋に落ち結婚、彼女に「愛加那」と名付けるエピソードがあった。現代では「愛」がつく名前は女の子の名前の定番だが、調べてみると、そのきっかけを作ったのは西郷かもしれないという事実が判明。西郷が大切にした「愛」が、日本人の「愛」観を変えたというが……。また、豊かな自然のもと独特の文化がはぐくまれた奄美ならではの、ご当地の名前にも注目。奄美には、「文」「井」「宝」など名字が一文字という人は多いらしいが、その理由とは? その歴史を奄美出身の歌手・中孝介の島唄と共に紐解いていく。さらに名前目線で現地を歩くと、千年の輝きを放つ装飾品や、身体によいご当地ドリンクなども続々発見。大河ドラマがより楽しめるようになる、奄美の名前に注目だ。 関連リンク 中野ジェームズ修一、魅惑のヒップになれるメソッドを伝授 『VS嵐』とろサーモン、銀シャリ、和牛…「...more
カテゴリー:

幕末スクールデイズ! 志士たちの学び舎 - 06月21日(木)18:00 

幕末の英雄たちだって、何も始めからスーパーマンだったわけじゃない。小説やマンガ、アニメではあまり描かれないけれど、志士たちも現代人と同じように、学校や塾に通って勉強して、だからこそ歴史に名を残せたのだ。今回は東京にある幕末の学校や塾の史跡を訪ねて、志士たちのスクールデイズを見てみよう! 【写真を見る】屈強なアメリカ人のペリーが、思わず会釈したとも目を反らしたともいわれる奇人・佐久間象山。この人の影響を受けちゃった若者たちが……。 ■ 親子2代の大砲道! 幕末の学塾では、現代の国数社理英のような科目ではなく、専門的かつ実践的な学問を教えていた。ペリーに始まる西洋諸国の来航を受けて、洋式の大砲やライフルの操法、用兵術、築城術といった西洋兵学の需要が高まる中、この分野の最高峰だったのが通称「江川塾」だ。 塾主の江川太郎左衛門英龍は、徳川幕府の伊豆韮山代官を務め、また現在東京の観光スポットになっているお台場の由来となった、台場(砲台)を江戸湾に築いた人物だ。このことからもわかるように、英龍は外国勢力に備える海防と、西洋の軍事技術や制度の導入が急務だと唱えていた。 そのため英龍は、洋式砲術の先駆者だった高島秋帆に入門して、実践と研究に励んだ。そこで修めた砲術学をさらに深めて、息子の英敏や代官所の部下、幕臣たち、さらに他藩士にも分け隔てなく教えた。伊豆韮山の代官所はもちろん、江戸の屋敷にも大砲...more
カテゴリー:

【西郷どん】悲劇の有馬新七役・増田修一朗、寺田屋騒動を振り返る - 06月21日(木)06:00 

 NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)第23回「寺田屋騒動」(17日放送)で、「おいごと突けぃ!」と壮絶に散った薩摩藩士・有馬新七(享年37)。演じた増田修一朗(38)が、「寺田屋」での一件を振り返る。 【写真】寺田屋騒動の現場にもいた西郷の弟を演じる錦戸亮  今回の「寺田屋騒動」は、京都の旅館「寺田屋」の2階にいた坂本龍馬を、伏見奉行所が襲撃した事件(1866年)が起きる4年前、1862年4月の出来事。当時の薩摩藩の定宿であった寺田屋で、薩摩藩士同士が斬り合うという悲劇だ。  公武合体(朝廷と幕府が協力して、外敵に備える政治体制)を進めるべきという考えを持つ島津久光(青木崇高)が、挙兵して京都に入ることを計画。一方で、尊王攘夷派(天皇を政治の中心とし、外敵を排斥しようという考え)の有馬をはじめとする薩摩藩士は、他藩の尊王派志士とともに過激な計画を企てていた。その動きを察知した久光は、説得に応じなければ討ち取るように命じて、大山(北村有起哉)らを寺田屋に向かわせたのだった。  有馬も大山も、西郷吉之助(鈴木亮平)や大久保一蔵(瑛太)たちと幼少の頃からの郷中の仲間で、城下の若者たちが集まってできた「精忠組」のメンバー。寺田屋騒動が起きる少し前、久光の逆鱗に触れ、切腹を命じられた吉之助と、大山、有馬、村田新八(堀井新太)、西郷信吾(錦戸亮)ら...more
カテゴリー:

「愛」がつく女子が増えたきっかけは西郷隆盛だった!? - 06月21日(木)05:00 

古舘伊知郎が「名前」にまつわる驚きの物語を紹介していく番組『ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!』(NHK総合、毎週木曜19:30~)。6月21日の放送は、大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合…
カテゴリー:

『西郷どん』の子役・渡邉蒼、テレ東ドラマで「今時の中学生」 仲村トオルの息子役 - 06月20日(水)12:32 

 俳優の仲村トオルが主演する、テレビ東京系ドラマBiz『ラストチャンス』(7月16日スタート、毎週月曜 後10:00 ほか)の出演者が新たに発表された。その中には、NHKで放送中の大河ドラマ『西郷どん』で主人公・西郷隆盛(鈴木亮平)の少年時代を演じた渡邉蒼の名前も。テレビ東京のドラマ初出演の渡邉は、今回は仲村と長谷川京子が演じる樫村夫妻の長男・幸太役で、「今まであまり演じたことのなかった、“今時の中学生”を演じさせていただきました。普段一緒にいる家族や、自分のために働いてくれている方たちに、『ありがとう』と言いたくなるようなドラマに仕上がっていると思います」とコメントしている。 【写真】ポスタービジュアルや新たに発表されたキャスト  同ドラマは、第一勧業(現みずほ)銀行時代、1997年の総会屋事件の解決に尽力し、事件を題材にした映画『金融腐蝕列島呪縛』の登場人物のモデルにもなった小説家、江上剛氏の『ラストチャンス再生請負人』(講談社文庫)が原作。「会社の再生(再建)と人の再生」をテーマに、第一線で活躍していた銀行マンが、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめ直し、転職を決意。異業界で会社再建に奮闘する波乱万丈な日々をドラマチックに描く。  今回は発表された出演者は次のとおり。主人公・樫村徹夫(仲村)が再建に取り組むデリシャス・フードの創業者として一時は成功を収めながら、突如会...more
カテゴリー:

増田修一朗、『西郷どん』有馬新七役との別れ語る「最高の仲間と出会えた」 - 06月19日(火)15:50 

俳優の増田修一朗が17日に自身のアメブロを更新。有馬新七役で出演したNHK大河ドラマ『西郷どん』の第23話を振り返り、思いをつづった。 NHK大河ドラマ『西郷どん』は、明治維新の中心人物として活躍した西郷隆盛の激動の半生を描いた作品。増田が演じた有馬新七は西郷吉之助(鈴木亮平)の幼なじみで、薩摩藩の藩内組織「精忠組」のメンバー。第23回『寺田屋騒動』では、有馬が京の旅籠「寺田屋」で、同士討ちにより絶命する様子が描かれた。 増田は「西郷どん、第23回「寺田屋騒動」の放送が終わりました!」と有馬新七役のモノクロ写真を公開。「今日の放送が終わったという事は、有馬新七という役とも今日でお別れです」「ここで何を語ればいいかわからないくらい、沢山の思い出が蘇ります」と感慨深い様子で述べた。 続けて、鈴木や瑛太などドラマ内の「精忠組」メンバーとの写真を公開し、「最初に浮かぶ言葉は「感謝」しかありません」とコメント。「この役に出会えた事。この仕事が出来た事。そして何より、最高の仲間と出会えた事」「精忠組の皆んなとは多くの時間を共にし、刺激し合い、互いに魂をぶつけ合いながら、共に成長することができました」(原文ママ)と振り返った。 視聴者に対し「僕たちが作り上げる、西郷どんを楽しみに見てくれている視聴者の皆さん、ありがとう」と感謝を述べ、「これからも西郷どんをよろしくお願いします!!僕は有馬...more
カテゴリー:

もっと見る

「西郷どん」の画像

もっと見る

「西郷どん」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる