「西谷弘」とは?

関連ニュース

福山雅治&石田ゆり子、大人の恋描く『マチネの終わりに』で初共演 - 07月17日(火)18:00 

 歌手で俳優の福山雅治と女優の石田ゆり子が、作家・平野啓一郎による恋愛小説を映画化した『マチネの終わりに』で初共演を果たすことが発表された。福山は本作について「目に見えない無形の感情を、今作で可視化出来るのではないかと感じています」と語っている。【写真】溢れだす大人の色気「福山雅治」フォトギャラリー 本作は、芥川賞作家の平野啓一郎が2016年に刊行し、純文学としては異例の17万部を突破した同名小説を映画化したラブストーリー。日本・パリ・ニューヨークを舞台に、クラシック・ギタリストと海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす切なくも美しい恋をつづっていく。 クラシック・ギタリストの蒔野聡史と、通信社勤務の小峰洋子は、共に40代を迎えた時に運命の出会いを果たす。初めて出会った時から強く惹かれあっていた二人だったが、洋子には婚約者が。仕事や、時代という大きな波に翻弄され、蒔野と洋子の間にはすれ違いや思わぬ障害が生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまう。互いへの想いをしまったまま、別々の道を歩む二人の運命が再び交わる日はくるのか。 原作小説について福山は「『それでも、人は人を愛さずには生きていけない』。長く余韻が残る読後感でした」と一言。さらに福山主演の『ガリレオ』シリーズでタッグを組んだ西谷弘監督や、初共演となる石田について「信頼する西谷監督の元で、深く原作に引き寄せられ、まさに洋子その...more
カテゴリー:

【映画】福山雅治&石田ゆり子 日仏米で織りなす切ない恋 大人のラブストーリー - 07月17日(火)05:06  mnewsplus

2018.07.17. 福山雅治&石田ゆり子 日仏米で織りなす切ない恋 大人のラブストーリー    歌手で俳優の福山雅治(49)が来秋公開予定の映画「マチネの終わりに」に主演し、女優の石田ゆり子(48)と“初共演”することが16日、分かった。  「マチネ-」は2016年に刊行された芥川賞作家・平野啓一郎氏(43)の同名小説が原作で初の映像化。日本、仏パリ、米ニューヨークを舞台に、クラシック・ギタリストの主人公(福山)と海外通信社所属の女性ジャーナリスト(石田)の切なく美しい大人のラブストーリーが描かれる。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

福山雅治、切ない大人のラブストーリーに挑む!「マチネの終わりに」主演で石田ゆり子とタッグ - 07月17日(火)05:00 

歌手で俳優の福山雅治が、芥川賞作家・平野啓一郎氏が2016年に刊行した著書を西谷弘監督のメガホンで映画化する「マチネの終わりに」に主演することがわかった。福山が演じる主人公の天才クラシックギタリ...
カテゴリー:

福山雅治と石田ゆり子、初共演の2人が大人のラブストーリーに挑戦! - 07月17日(火)11:21 

福山雅治と石田ゆり子の初共演で、芥川賞作家・平野啓一郎原作の切なくも美しい大人のラブストーリー「マチネの終わりに」が映画化されることがわかった。 原作は平野が2016年に刊行した、日本・パリ・ニューヨークを舞台にクラシック・ギタリストの主人公と海外通信社所属の女性ジャーナリストが織りなす、切なくも美しい大人のラブストーリーを綴った同名小説。 40代の男女2人が、6年間にたった3度の出会いの中で悩み、愛し合っていく大人の恋愛小説は、渡辺淳一文学賞を受賞。純文学としては異例の17万部を突破し、大きな話題となった。さらに幾多の小説を発表してきた平野にとって今回が、意外にも初映像化となる。 福山が演じるのは、主人公の天才クラシック・ギタリストの蒔野聡史役。天才ギタリストとして名を馳せるも、現状の演奏に満足できず、自分の音楽を見失っているという苦悩を抱える役に挑戦する。石田が、婚約者がいるものの、そんな蒔野と引かれ合い、叶わぬ恋に翻弄されるフランスの通信社に所属する女性ジャーナリストの小峰洋子役を演じる。 海外が舞台となるため、2人は英語やフランス語での演技も披露する。また、福山と石田はCMやバラエティ番組での共演はあるものの、俳優としてはこれが初共演。福山主演の『ガリレオ』シリーズや『昼顔』(17年)などで確かな演出力を発揮してきた西谷弘が監督をつとめる。 本作主演に福山は「『そ...more
カテゴリー:

福山雅治、切ない大人のラブストーリーに挑む!「マチネの終わりに」主演で石田ゆり子とタッグ - 07月17日(火)05:00 

 歌手で俳優の福山雅治が、芥川賞作家・平野啓一郎氏が2016年に刊行した著書を西谷弘監督のメガホンで映画化する「マチネの終わりに」に主演することがわかった。福山が演じる主人公の天才クラシックギタリスト・蒔野聡史と惹かれ合い、叶わぬ恋に翻ろうされる女性ジャーナリストの小峰洋子には石田ゆり子が扮する。9月中旬にクランクインする今作は、日本、仏パリ、米ニューヨークで撮影を予定している。  渡辺淳一文学賞を受賞した原作は、40代の男女が6年間にたった3度の出会いの中で悩み、愛し合っていく姿を描き、切なくも美しい大人のラブストーリーとして純文学としては異例の発行部数17万部を突破し、大きな話題を呼んだことで知られている。これまでに「日蝕」「葬送」「決壊」「ドーン」など幾多の意欲作を発表してきた平野氏だが、意外にも映画化されるのは今作が初となる。  福山演じる蒔野は、天才ギタリストとして名を馳せながらも現状の演奏に満足できず、自分の音楽を見失っているという苦悩を抱える役どころだ。原作について、「『それでも、人は人を愛さずには生きていけない』。長く余韻が残る読後感でした。恋愛する、恋愛しないに関わらず、どんな生き方も許容する現代において、『愛』とはどのような意味を持つのか? 人が人を必要とするその時に名づけられる『愛』という感情。目には見えない無形の感情を、今作は可視化できるのではないかと感...more
カテゴリー:

「西谷弘」の画像

もっと見る

「西谷弘」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる