「西田敏行」とは?

関連ニュース

【NHK 大河ドラマ】<早くも「いだてん」を超えた「麒麟がくる」>19日の初回放送は視聴率20%超の期待!.. - 01月18日(土)22:35  mnewsplus

いよいよ“チョンマゲ大河”が帰ってくる。1月19日にスタートする59作目のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主役は“敵は本能寺にあり!”の明智光秀。描かれるのは歴とした戦国時代である。それに先立つ14日には、番宣番組「『麒麟がくる』まで待てない! 戦国大河ドラマ名場面スペシャル」(NHK総合)が放送されたが、視聴率はなんと10・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と「いだてん~東京オリムピック噺~」の最低視聴率3・7%(10月13日)の2・9倍を記録した――。  *** 「“今度の大河は面白そう”“今年の大河は楽しみ”と...
»続きを読む
カテゴリー:

『麒麟がくる』主演の長谷川博己も登場!歴代戦国大河の名場面を一挙紹介 - 01月10日(金)14:10 

戦いあり裏切りあり恋愛ありという究極の人間ドラマ「戦国大河」。そんな戦国大河の過去作品の名場面をキーワードで振り返り、その面白さを徹底検証する『麒麟(きりん)がくる まで待てない! 戦国大河ドラマ 名場面スペシャル』(NHK総合)が、1月14日(火)19時30分から放送される。同番組の司会は、高橋英樹、田村淳、池田伸子が担当。武田鉄矢、高畑淳子、松村邦洋、山崎怜奈、加来耕三、西田敏行、佐久間良子、仲間由紀恵、高橋一生、長谷川博己、門脇麦も出演する。大河ドラマの王道といえば“戦国もの”。これまで放送された58作のうち、4割近くが戦国時代を描いてきた。そこで迫力の合戦シーン、信長・秀吉・家康を演じた名優、戦国を生きた女性たち、一世一代の散り際などをキーワードに、過去の名場面を一挙紹介。俳優陣と大河ファンがその魅力を熱く語る。さらに1月19日スタートの『麒麟がくる』(NHK総合、毎週日曜20:00~)の主人公、明智光秀はこれまでどのように描かれてきたのか? 武将として、また人間・明智光秀の魅力に迫る。 関連リンク 山田裕貴演じる冴えないゆとり男子の運命は!?「SEDAI WARS」最初の敗退者が決定 古舘寛治と滝藤賢一が「レンタルおやじ」に!?W主演『コタキ兄弟と四苦八苦』ス...more
カテゴリー:

【芸能】「YOUは何しに日本へ?」とんでもない理由で来日した伝説のYOUたち - 01月04日(土)04:06  mnewsplus

日本を訪れる外国人を空港で声をかけ、そのまま密着取材を行うバラエティ番組「YOUは何しに日本へ?」(テレビ東京系)。令和2年の第1弾が、1月3日に放送される。 同番組では、観光やビジネス、スポーツの試合など、さまざまな目的で日本を訪れる外国人を密着取材してきた。 ただ、なかには〈そんな理由でわざわざ来たの?〉という外国人も多い。 19年11月18日の放送では、焼き鳥を食べるためだけにアメリカから片道10時間かけてやってきた男性に密着。 焼き鳥パーティーが中止になり、食べたい欲求が収まらず、わずか1泊の予定で...
»続きを読む
カテゴリー:

羽鳥慎一『日本アカデミー賞』司会者に 6年連続.. - 01月15日(水)13:35 

羽鳥慎一『日本アカデミー賞』司会者に 6年連続・西田敏行から交代 #羽鳥慎一 #西田敏行 #映画 #日本アカデミー賞 #日アカ
カテゴリー:

【上京】「あこがれ」から「仕方なく」に 変わりゆく上京の概念 - 01月04日(土)16:57  newsplus

■関西学院大・難波功士教授  地方から東京に出てくる「上京」には戦後、3回のピークがあったと考えている。一つ目が1960年代。64年の東京五輪に向けて、高速道路が延び、新幹線が開業。東京の再開発が加速していった。  この頃から集団就職や大学進学で上京してきたのが「団塊の世代」。俳優の西田敏行や、漫画「島耕作」シリーズで知られる弘兼憲史らがいる。テレビ業界の急成長に乗り、東京を夢想するだけでなく、地方にいてもブラウン管越しに東京の情報を得ることができるようになった世代だ。西からの上京者の多くは新...
»続きを読む
カテゴリー:

「西田敏行」の画像

もっと見る

「西田敏行」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる