「西城秀樹」とは?

関連ニュース

ジャッキー・チェンから弔電「永遠にあなたを思う」 - 05月27日(日)07:04 

 今月16日に急性心不全で亡くなった歌手西城秀樹(さいじょう・ひでき)さん(本名・木本龍雄=きもと・たつお、享年63)の葬儀・告別式が26日、東京・青山葬儀所で営まれた。  アクション俳優ジャッキー・チェン(64)の弔電が香港から届き、…
カテゴリー:

お前の思うラブソングを天国で極めて/野口五郎弔辞 - 05月27日(日)06:51 

 今月16日に急性心不全で亡くなった歌手西城秀樹(さいじょう・ひでき)さん(本名・木本龍雄=きもと・たつお、享年63)の葬儀・告別式が26日、東京・青山葬儀所で営まれた。「新ご三家」の野口五郎(62)と郷ひろみ(62)はそれぞれ弔辞を読…
カテゴリー:

土田晃之、西城秀樹さんの訃報に「子どもの成長を見たかっただろうな」 - 05月26日(土)22:30 

 5月20日に放送されたラジオ番組『土田晃之 日曜のへそ』(ニッポン放送)の番組内で土田晃之(45)が、5月16日に急性心不全で亡くなった西城秀樹さんの思い出を語った。  番組内で西城さんの訃報がニュースとして紹介されると、土田は幼稚園の頃に母親から「あなたは郁恵ちゃんと秀樹が好きね、と言われた」と語り、あまり記憶のない頃から西城さんのファンだったと振り返った。続けて、朝丘雪路さんが4月27日に亡くなられていたことも報じられたとつけ加え、「本当に、一緒にお仕事されてたり、テレビで見てた方たちがこうやって亡くなるのは本当に悲しいですね」と、ため息混じりにコメントをした。  そして土田は、「子どもの成長が見たかったんじゃないかなと思って」と言い、西城さんは子どもが3人とも成人していなかったことが心残りだったではないかと推察。脳梗塞のリハビリも再びファンの前で歌うということを目標に励んでいたという話を紹介すると、再び「子どもたちの成長を見たかっただろうなとは思いますよね」と繰り返し、最後は「ご冥福をお祈りいたします」と締めくくっていた。 「土田は4人の子どもを持ち、面倒見のいい子煩悩パパとして知られています。やはり3人の子どもを持つ西城さんの訃報には、感じるところもあったんでしょうね。土田は、過去に十二指腸潰瘍や大腸ポリープの摘出手術をした経験もあり、お笑い芸人の中ではかなり...more
カテゴリー:

西城秀樹さん葬儀:ファン1万人超が別れ惜しむ - 05月26日(土)17:55 

 16日に63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんの葬儀が26日、東京都港区の青山葬儀所で営まれた。「新御三家」の盟友だった野口五郎さん(62)や郷ひろみさん(62)ら多数の芸能関係者のほか、1万人超(主催者発表)のファンが参列し、一時代を築いたスターとの別れを惜しんだ。
カテゴリー:

野口五郎、西城さんへ「君は本当に特別な存在だった」 「もうリハビリしなくていいからね」 - 05月26日(土)15:53 

 16日に急性心不全のため、63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんの葬儀が26日、東京都内の青山葬儀所で営まれた。西城さん、郷ひろみと共に「新御三家」と呼ばれた野口五郎が弔事を読み上げた。  野口は「秀樹、君が突然去ってしまったと知ってから、何日がたっただろうか。どうやってこの現実を受けとめたらいいのか。いまだに君の言葉を思い出して泣いてばかりいる。秀樹との46年間は簡単に語り切れるものではありません」と沈痛な面持ちで語り始めた。  続けて「こんなふうに君への弔事を読むなんて考えてもいなかった。僕にとって、君は本当に特別な存在だった。ある時は兄、ある時は弟のようでもあり、親友であり、ライバルでもあった。いつも怒るのは僕で、君は怒ることもなく全部受けとめてくれて…。今思うと、僕と君とは“心の大きさ”が違うよね。つくづくそう思うよ」としみじみ振り返った。  野口は「お互い独身時代が長かったから、何でも話したし、ゴルフにも行った。君が車で迎えに来てくれて、僕がおにぎりとみそ汁を用意して、『夫婦か!』なんて言い合って…」と懐かしんだ。  また「僕が『秀樹、俺、結婚するから』と言ったときの君の驚いた顔を忘れない。2月に僕が披露宴をしたときに、『おめでとう』と君に握手を求められた瞬間、僕はすぐ分かったよ。『こいつ、結婚する』って。案の定、5カ月後に美紀さんと結婚した」と語った。  その後、野口の...more
カテゴリー:

薬丸裕英「妻はショック大きい」石川秀美さんと参列 - 05月27日(日)06:56 

 今月16日に急性心不全で亡くなった歌手西城秀樹(さいじょう・ひでき)さん(本名・木本龍雄=きもと・たつお、享年63)の葬儀・告別式が26日、東京・青山葬儀所で営まれた。  薬丸裕英(52)は、81年に“ヒデキの妹”として芸能界デビュー…
カテゴリー:

西城さん最期のアンコール、1万人Y.M.C.A. - 05月27日(日)06:50 

 今月16日に急性心不全で亡くなった歌手西城秀樹(さいじょう・ひでき)さん(本名・木本龍雄=きもと・たつお、享年63)の葬儀・告別式が26日、東京・青山葬儀所で営まれた。最後のお別れに、1万人を超えるファンや関係者が参列した。「新ご三家…
カテゴリー:

【西城秀樹さん告別式】野口五郎さん弔辞全文「秀樹、僕はうらやましかったよ」「泣いてばかりいる」★2 - 05月26日(土)20:31  mnewsplus

2018年5月26日13時44分 朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL5V3JHBL5VUCVL002.html  西城秀樹さんの告別式で野口五郎さんが読み上げた弔辞は次の通り。      ◇  秀樹、君が突然去ってしまったことを知ってから何日が経っただろうか。皆さんに、気持ちの整理がつくまで少し時間を下さい。そうお願いしたのだけど、どうやってこの現実を受け止めて良いのか。いまだに君の言葉をいろんなことを思い出して、泣いてばかりいる。  秀樹との46年間は、簡単に語りきれるものではありません。こんな風に君へ...
»続きを読む
カテゴリー:

西城秀樹さんの告別式に1万人が参列 郷ひろみ「秀樹は天国に行ってしまった」 - 05月26日(土)17:23 

 16日に急性心不全のため、63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんの告別式が26日、東京都内の青山葬儀所で営まれ、関係者、ファンなど合わせて1万人以上が参列し、西城さんに最後の別れを告げた。  西城さんと共に「新御三家」として一世を風靡(ふうび)した野口五郎と郷ひろみが弔事を読み上げた。  郷は「これが僕から秀樹に送る、最初で最後の手紙になります」と語り出すと、「新御三家」として共に熱く駆け抜けた日々を振り返った。  2年前に、雑誌の対談企画で、久々に「新御三家」で集まったのが、西城さんに会った最後だったといい、「あの時、対談の中で『ここまで、歌を続けてきたのだから、感謝の気持ちを持ってこれからも歌い続けていこう』と、そう締めくくったにも関わらず、秀樹は天国に行ってしまった…。本当に残念です」と思いを語った。  続けて「秀樹のことを兄貴というふうに思っていた」と振り返った郷は「まず最初にデビューした五郎が長男で、秀樹が次男、僕が三男…。その思いは今でも変わっていません。これからも秀樹の背中を見て、心の中でそう思いながら、ずっと歌を歌い続けていきたい」と言葉に力を込めると、「今まで本当にありがとう。そして安らかに眠ってください」と遺影に呼び掛けた。  出棺前には、西城さんの妻・美紀さんが、葬儀場に詰めかけた大勢のファンの前で喪主あいさつを行った。「倒れました先月25日まで、50周年を目...more
カテゴリー:

ラジオで話題騒然!ジャパメタの隠れた超絶女性ヴォーカル JUNKOの正体 - 05月26日(土)15:52 

<文/山野車輪 連載第30回> ◆メタラー御用達のbayfm 78.0MHzに出演!  筆者は5月13日(日)、ラジオに電話出演し、“ジャパメタ”の魅力について紹介させていただいた。筆者が出演したのは、『TERUMI de SUNDAY!』という番組の、「ミュージック・デリバリー」というコーナー。放送局は株式会社ベイエフエム(bayfm/千葉県を放送対象地域とするFM放送)である。bayfmと言えば、伊藤政則氏の『POWER ROCK TODAY』が放送されているメタラー御用達のラジオ放送局である。筆者も、東京23区内に住んでいた頃は、良く聴いていた。  近年は、BABYMATALやX JAPANなど、日本のヘヴィメタルが世界で話題になっているが、その理由を筆者なりに解説させていただいた。 ◆海外では日本のマンガやアニメ、ゲームなどが人気である。 ◆日本のグルメ、神道、日本人のマナーなども評価されている。 ◆来日外国人数も激増しており、2013年1036万人⇒2017年2869万人と3倍近く増えている。 ◆このように世界で日本の評価が上がっており、その「おこぼれにあずかる」カタチで、主として国内シーンで呼吸するJポップよりも、海外の音楽シーンと積極的に連動してきた日本のヘヴィメタルの方が注目されたのだろう。  その際、海外から注目されたアーティストは、洋楽メタルの支...more
カテゴリー:

もっと見る

「西城秀樹」の画像

もっと見る

「西城秀樹」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる