「西ドイツ」とは?

関連ニュース

ロシアW杯:選手でV 監督でV デシャン氏3人目 - 07月17日(火)00:37 

決勝 フランス4-2クロアチア(15日、モスクワ・ルジニキ)  フランスのデシャン監督は、ザガロ氏(ブラジル)、ベッケンバウアー氏(旧西ドイツ)に続き史上3人目となる選手、監督両方でのW杯優勝を成し遂げた。選手時の主将に限ればベッケンバウアー氏に次いで2人目となる。
カテゴリー:

デシャン監督、史上3人目の偉業=選手、監督で世界一-サッカーW杯・フランス - 07月16日(月)04:34 

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会を制したフランスのディディエ・デシャン監督は、1998年フランス大会でフランス代表主将として優勝を経験しており、選手と監督でW杯制覇の偉業を達成した。 過去に2人おり、ブラジルのマリオ・ザガロ氏が選手で58、62年のW杯連覇に貢献し、70年は監督として優勝。94年にはアシスタントコーチとして、4度目の世界一を支えた。フランツ・ベッケンバウアー氏は74年大会を制した西ドイツ(現ドイツ)の主将。90年には監督で西ドイツを世界王者に導いた。 [時事通信社]
カテゴリー:

【サッカーW杯】決勝戦の行方は ?「20年周期で初優勝国が誕生する」 ジンクス通りならクロアチア - 07月15日(日)10:03  mnewsplus

7/15(日) 9:26配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000012-nkgendai-socc フランス司令塔グリーズマン(左)のファンタスティックなプレーが見られるか?(C)Norio ROKUKAWA/Office La Strada 現地時間6月14日に開幕したロシアW杯も14日のベルギーとイングランドとの3位決定戦、15日のフランスとクロアチアとの決勝戦を残すのみとなった。世界が注視するファイナルを戦い、黄金色に輝くトロフィーを手にするのは、98年の母国開催W杯以来2回目となるフランスか? それとも91年に旧ユーゴスラビア...
»続きを読む
カテゴリー:

サッカーW杯イングランド敗戦後、サポーターがスタジアムでオアシスを大合唱 - 07月13日(金)14:00 

ロシア・モスクワで開催されているサッカーW杯準決勝「イングランド対クロアチア」は、1対2でクロアチアが勝利した。敗戦から30分後、ルジニキ・スタジアムに残ったイングランドサポーターたちは、オアシスの「ドント・ルック・バック・イン・アンガー/Dont Look Back in Anger」を大合唱し、選手たちや自身を慰労した。イングランド・サポーターはイングランド・チームをオアシスの「ドント・ルック・バック・イン・アンガー/Dont Look Back in Anger」で慰労した。これはワールドカップ準決勝戦でクロアチアに2対1で負け、2018年ワールドカップからの敗退が決まったあとのことだった。インデペンデント紙によると、敗戦が決まったあと、イギリス国歌「女王陛下万歳/God Save The Queen」がPAから大音量で流れると、モスクワのルジニキ・スタジアムに多くのイングランド・サポーターが残った。その後、敗戦から30分後に1995年のオアシスのブリットポップ・アンセムが流れた。これはオアシスの2枚目のアルバム『モーニング・グローリー/(Whats The Story) Morning Glory?』収録の彼らのトレードマークともいえる楽曲の一つだ。動画ではサポーターたちがこの曲の歌詞を歌っている姿が紹介されていて、自分自身だけではなく選手たちに向けて歌っているにも見える。...more
カテゴリー:

【サッカー】決勝逃したイングランド、ファン落胆も若いチームに誇り「時代変わった」 - 07月12日(木)14:57  mnewsplus

【AFP=時事】サッカーW杯ロシア大会(2018 World Cup)準決勝を英ロンドンのハイド・パーク(Hyde Park)でビール片手に観戦した3万人のファンは、序盤のリードで一時は期待に胸をふくらませたが、最後はまたしても力及ばす悲しみに暮れた。  延長戦の末に1-2でクロアチアに敗れたイングランドの試合を見届けた31歳のローラ・ラソン(Laura Russon)さんは、目に涙を浮かべて「本当に、本当に悲しいです」と話した。「でも私は100パーセント、選手たちを誇りに思います」  落胆した表情を浮かべたファンの集団は会場を足早に去っ...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】W杯で誕生した数々の記録。日本はフェアプレーでW杯記録樹立 - 07月16日(月)18:36  mnewsplus

 W杯ロシア大会は15日、決勝でフランスが5大会ぶり2度目の優勝を飾り幕を閉じた。計64試合の熱戦の中で誕生した数々の記録をピックアップした。  ☆最年長ハットトリック ポルトガルFWのC・ロナウドが1次リーグ初戦スペイン戦で圧巻のハットトリックを達成した。33歳130日は最年長記録でW杯史上51人目。同大会でスペイン相手に同3得点以上をマークした最初の選手になった。  ☆最年長出場 エジプトのGKハダリが1次リーグ第3戦サウジアラビア戦で先発し、記録を45歳161日に塗り替えた。従来はコロン...
»続きを読む
カテゴリー:

現在は3代目、初代は盗まれ金塊に/W杯トロフィー - 07月16日(月)02:03 

 フランスが優勝を飾り、黄金色の優勝トロフィーを手に入れた。70年メキシコ大会で優勝したブラジルが永久保持権を得て、74年西ドイツ大会から採用された「2代目」優勝トロフィーは、06年ドイツ大会からデザインはそのままにわずかに大ぶりになり…
カテゴリー:

【サッカー】ベルギーVSイングランド、今夜3位決定戦 - 07月14日(土)08:06  mnewsplus

 【サンクトペテルブルク(ロシア)大島祥平】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は第24日の14日、当地で午後5時(日本時間同11時)から3位決定戦を行い、ベルギーとイングランドが対戦する。15日にはモスクワのルジニキ競技場で午後6時(同16日午前0時)からフランス-クロアチアの決勝を行い、約1カ月に及んだ大会の幕を閉じる。 不要論もささやかれる3位決定戦だが、今回は隣国の顔合わせに加え、イングランドのケーンとベルギーのルカクの得点王争いも絡んで、主力を投入して、プライドをかけた激しい戦...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】ロシアW杯でもインテル&バイエルンのジンクス継続! 1982年以降すべてのW杯決勝に選手を送り込む - 07月13日(金)00:33  mnewsplus

ロシアW杯でもインテル&バイエルンのジンクス継続! 1982年以降W杯決勝に選手を送り込む ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)の準決勝が終了し、フランス代表とクロアチア代表の決勝進出が決定した。これにより、1982年大会から続いていたインテル&バイエルンのジンクス継続されることになった。フランス『Le Parisien』が伝えている。 ▽1982年のスペイン大会以降、インテルとバイエルンの2チームはW杯決勝に所属選手を送り続けている。そして、ロシアW杯ではバイエルンのMFコランタン・トリッソがフランス代表として、インテルのMF...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】<日本が悪魔のカウンターに沈んだ理由>リトバルスキー氏「日本はそれができなかった」★2 - 07月08日(日)23:36  mnewsplus

9秒35に見えた「相手への敬意」、元ドイツV戦士が指摘「ファウルで止めるべきだった」   サッカー日本代表は、ワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦でベルギーに2-3で惜敗。 後半アディショナルタイムに失点する壮絶な逆転負けを喫した。 史上初の8強をあと一歩で逃した“ロストフの悲劇”は避けられなかったのか。 西ドイツ代表として90年イタリアW杯優勝に貢献したピエール・リトバルスキー氏は「THE ANSWER」の単独取材に応じ、 「9秒35」の高速カウンターが生まれた背景には「対戦相手への敬意」という日本...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「西ドイツ」の画像

もっと見る

「西ドイツ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる